ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
2017年09月<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2017年11月
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
稲荷神社〔1〕
JR/愛知環状鉄道岡崎駅の北西300mほどのところに鎮座。

“稲荷”というイメージとは違う佇まいにびっくり。
稲荷神社1(061216岡崎市)


赤くない両部鳥居。大きい。
稲荷神社2(061216岡崎市)


額には確かに「稲荷神社」。
稲荷神社3(061216岡崎市)

狐さんで(両部でなく)赤い鳥居で,もっと小さな社地を想像してたんだけど。

手水舎。
稲荷神社4(061216岡崎市)


狛犬さんと社殿。
稲荷神社5(061216岡崎市)

やっぱり岡崎の狛犬は大きいと思う。

阿の狛さん。
稲荷神社6(061216岡崎市)


吽の狛さん。
稲荷神社7(061216岡崎市)

大正十三年六月奉納。

拝殿。
稲荷神社8(061216岡崎市)


拝殿の額。「稲荷神社」
稲荷神社9(061216岡崎市)


拝殿の向かって右。
稲荷神社10(061216岡崎市)


同じく左。樹が茂ってて垣の中は見え辛い。
稲荷神社11(061216岡崎市)


裏から必死で覗く。本殿は銅葺き……。
稲荷神社12(061216岡崎市)


千木や鰹木は無いようだ。
稲荷神社13(061216岡崎市)


立派な社務所。
稲荷神社14(061216岡崎市)

右に写っているところ,祭礼時には提灯がかかる?

こういう稲荷もあるのだなあと,妙な感心。由緒と,バラエティーに富んだ境内社については次の記事にて。

・稲荷神社
【住所】愛知県羽根町字西ノ郷4
【地図】Google マップ
スポンサーサイト

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

稲荷神社〔2〕
岡崎市羽根町の稲荷神社の記事,2つめ(前の記事はこちら)。

由緒について。

阿の狛さんの手前辺りにあった由緒書き。
稲荷神社15(061216岡崎市)

内容を写しておく。
稲荷神社

御祭神

豊受姫命
天照大神
応神天皇
羽爾天神

境内社

御鍬社 祭神 伊薙大神
天白社 祭神 瀬織津姫命
弁天社 祭神 市杵島姫命
砥鹿神社 祭神 大巳貴命
護国神社 祭神 羽根村(町)出身戦没者

由緒

上和田城主宇都宮左衛門五郎忠茂が大永四年(一五二四年)四月に建立した。その後、羽根に住んでいた大久保甚四郎忠員(忠茂の子)・大久保七郎衛門忠世(忠員の子、後に小田原城主)等が尊崇、忠世は天正三年(一五七五年)の長篠合戦で戦功をたてたのを徳として天正十三年八月に社殿を造営した。

 明治五年(一八七二年)十月十五日村社に列せられ明治四十二年(一九〇九年)二月五日羽根村若宮鎮座の八幡宮、同東ノ郷鎮座の羽爾天神を合祀、同年九月一日に神饌幣帛共進神社に指定された。

例大祭

十月 第二土曜日

応神天皇と羽爾天神は後に合祀ということだから置いといて,トヨウケ+アマテラスで,勧請元はお伊勢さんでいいのかな(「建立」て書き方してある由緒書きって他にあったかなあ)。

御鍬社の祭神が伊薙大神てーのも気になる。薙の読みは,普通ナギとかチだと思うんだけど,何て読むんだろう。

岡崎市針崎町の御鍬神社の記事で,愛知・静岡・岐阜辺りにしか御鍬とつく神社・境内社は存在せず,ご祭神は,

1.トヨウケ(アマテラス)系
2.伊弉波登美(伊射波止美/伊佐波止美)系
3.農機具の鍬。いわゆる鍬。

の3系統くらいに分かれるらしいという話を書いた。

それから,御鍬神社とは切っても切れない(というか多分大元)のお伊勢さんに伊雑宮(いざわのみや)という別宮があって,Wikipediaによれば,「鎌倉時代に著されたと思われる倭姫命世記によると、伊勢神宮の内宮を建立した倭姫命が伊勢神宮への神饌を奉納する御贄地(みにえどころ)を探すために志摩国を訪れた際、伊佐波登美命が出迎え、倭姫命が御贄地にふさわしい土地であるとして伊雑宮を建立したとされる。」のである。

んで(長いな),「伊雑大神」だったら,ググると引っかかるサイトがあるのだ(伊薙だと無い)。玄松子さんとこと神奈備さんとこ(右サイドのリンク集参照)。

神奈備さんの掲示板の過去ログ平成十四年八月分で,yanaseさんという方が,かなり深く伊雑の神について記述しておられる。

頭の中をぐるぐるしているのは,

御鍬社-伊弉波登美-伊雑宮
伊弉波登美-伊雑富-伊雑大神

結論として何を言いたいかというと,伊薙は伊雑の誤字(間違って伝わった)じゃあないんですか,ということだ(それだけダ!)。

羽爾天神がどういう神様なのか判らないし(羽爾は旧地名だと思う。羽爾→羽根。違うかな),瀬織津姫も不思議な神様らしいけど,まだ全く調べてないので何も語れない。

大久保氏のことについては,播磨屋さんとこが詳しいので,参照させていただく。

[参照] 武士家伝_大久保氏

長くなったので,境内社の写真などは次の記事にて。

・稲荷神社
【住所】愛知県羽根町字西ノ郷4
【地図】Google マップ

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

稲荷神社〔3〕
岡崎市羽根町の稲荷神社の記事,3つめ。
(前の記事はこちら→

境内社その他について。それぞれのご祭神については,前の記事に記述してある。

社務所と社殿の間に4社並んでいる。
稲荷神社16(061216岡崎市)


社務所側から順に,御鍬神社。由緒碑では御鍬社。
稲荷神社17(061216岡崎市)


天白神社。由緒碑では天白社。
稲荷神社18(061216岡崎市)


護国神社。
稲荷神社19(061216岡崎市)

隣に「大神宮」なんていう標柱があるけど……。

護国神社の阿の狛さん。ピンボケ。
稲荷神社20(061216岡崎市)


同じく,吽の狛さん。
稲荷神社21(061216岡崎市)


それぞれ正面から見たところ。
稲荷神社22(061216岡崎市)

東大寺風だった。初見で嬉しい。

護国神社の社殿。
稲荷神社23(061216岡崎市)

千木は外削ぎ,鰹木は5本。

砥鹿神社。あとから樹が育ったんだろうか。それとも?
稲荷神社24(061216岡崎市)


社殿に向かって右手前の弁天社。ちゃんと水辺。
稲荷神社25(061216岡崎市)


弁天社の社殿。
稲荷神社26(061216岡崎市)

本殿(あんな風に覗けるところあったかなあ)とか,境内社の覆い屋の中の写真を載せてらっしゃるブログ発見。神社ぐるぐる 三州神社巡り(時々出張)様。

[参照] 羽根稲荷社

2005年の10月で更新を辞めておられるのが惜しいところ。

鳥居を入って右にあった「神社合祀記念」の碑。
稲荷神社27(061216岡崎市)


下に恵比寿様?が。
稲荷神社28(061216岡崎市)


この辺りには紅葉の名残が(12/16参拝)。
稲荷神社29(061216岡崎市)


社殿に向かって右。古札納所と土蔵。
稲荷神社30(061216岡崎市)


合祀記念碑の手前。ご神木だろうか。
稲荷神社31(061216岡崎市)


入り口の階段上がってすぐ左にあった「百度石」。
稲荷神社32(061216岡崎市)

Google マップ見てて気付いたのだが(Mapionは違った),こちらのことを「稲荷神社大神宮」と示されてある。
Google マップの表記

境内社の護国神社の隣にあった標柱が「大神宮」だった。あと,元々の主祭神がトヨウケ&アマテラスで伊勢の神宮(大神宮)の関係だ。だからどうという結論は今のところ無し。

もう一つ「三河國額田郡誌 全」(大正十三年)で確認したら,

神社名:稲荷神社
鎮座地:岡崎村大字羽根
祭神名:豊受姫命 天照大神 応神天皇 菅原道真公


天神さんは,いわゆる天神さんでよかったようである。じゃあ羽爾って何という疑問は残るわけだが。やっぱり地名かなあ。何にしろ,もう一回お参りせにゃならん気がする。

・稲荷神社
【住所】愛知県羽根町字西ノ郷4
【地図】Google マップ

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

稲荷神社〔4〕
岡崎市羽根町の稲荷神社の記事,4つめ。
(前の記事はこちら→

とりあえずはもう終わりのつもりだったんだけど,前の記事にもちょっと引用した「三河國額田郡誌 全」(大正十三年)読んでたら,稲荷神社単独の記述を見つけたもんだから。

以下,引用。旧字体と新字体が半端に混じっちゃうかも。
稲荷神社
岡崎村大字羽根に在り、豊受姫命、天照大神、應神天皇、菅原道眞を祀る、三河志に羽根稲荷の記あり本社の濫觴ならん歟曰く享祿四年冬十一月十三日當村住人羽根田七郎左衛門尉元成之母同郡高宮村海性山の邉を歸りける折から向より狐の雉をくはへて來りしを夕方なれば、犬と思ひ追ひ散し雉を取りかへりける其夜元成の夢に一人の童子出現し告て曰く吾は是菅生の稲荷なり、我使者小童路命の為くはへし雉を取かへりし故に今年より近郷五穀成就することなし然りと雖今一宇の祠を造て吾に祈念せば其罪をゆるしてあたへんと申故元成野雉を塚に築其上に稲荷を勧請し野雉取大明神と號す云々。

最後,云々かい!ってことで「三河志」の入手を検討中(療養中の身には少々痛い金額)。

母強いな。犬と見間違えたとはいえ,狐追い回して獲物を奪うか。神様も雉くらいで,……は置いといて,

1) 享禄4年は1531年
 境内由緒碑の大永四年(一五二四年)に年代は近いが,由緒自体は全く異なる。

2) 高宮村海性山
 海性山はよく判らないが,高宮村は今で行くと明大寺町辺りのことらしい。

3) 菅生の稲荷
 菅生?菅生って聞き覚えがと思ったら,「岡崎最古の神社 菅生神社」があるじゃーないですか。公式ウェブサイトによれば,ご祭神はヤマトタケルの関係で伊勢の大神を祀って曰く「吹矢大明神」,その後日本武尊・宮簀姫命・乙見皇子も合わせて祀り,聖武天皇神亀二年(西暦724年)御神託により,京都伏見より「稲荷大明神」をお迎えし,「吹矢大明神」の同殿に合祀とある。この稲荷様が雉を取られてお怒りに?お伊勢さんとも関係あるし,ビンゴかなあ。

ネットでちらっとイメージ検索してみたら,菅生神社の鳥居も赤くない(元が稲荷じゃないからか)のだ。両部でもないみたいだけど。

うーむ。一回お参りしてこにゃならんね。

・稲荷神社
【住所】愛知県羽根町字西ノ郷4
【地図】Google マップ

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。