ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
2017年04月<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2017年06月
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若宮八幡社
7月に行ってきた神社の記事を今頃書くシリーズ第2段。

名鉄豊田線の高架のすぐ脇にある若宮八幡社。
若宮とつくとはいえ八幡社だから,ご祭神は応神天皇でいいのかな。そろそろ神社名鑑とか調べに行かないと,現地行ったってわかんないことだらけ。

鳥居から本殿まではまっすぐ。
若宮八幡社1(20060722豊田市)


綺麗な鳥居。
若宮八幡社2(20060722豊田市)


全体。両部鳥居っていうんだっけ?
若宮八幡社3(20060722豊田市)


神楽殿?が迫ってて,なかなかうまく撮れない。
若宮八幡社4(20060722豊田市)

鳥居から本殿までの距離が,凄く短いのだ。再開発のせいだろうなあ。

ええと。拝殿というより,門?
若宮八幡社5(20060722豊田市)

格子の扉の向こうに,本殿らしきものが見える。

阿の狛さん。バァッていうお顔。
若宮八幡社6(20060722豊田市)


吽の狛さん。こちらもビックリ目。
若宮八幡社7(20060722豊田市)

今更ながら,古そうな狛さんだな。年代確認してくればよかった。

一旦神域から出て,カメラ引きます……。
若宮八幡社8(20060722豊田市)

右手,赤い鳥居が今のお社。
真ん中の大きな樹が,市指定天然記念物のクスノキ。
左手に,境内社なのかな,赤い幟。

クスノキの手前にお百度石。
若宮八幡社9(20060722豊田市)

周囲を囲われてて,使えなさそう。まあ,目印にしておいて,ここから本殿まで通うのかな。鳥居くぐって,神楽殿迂回して??

左の小さなお社へ行ってみる。津島神社の幟。
若宮八幡社10(20060722豊田市)

津島神社だと祭神はスサノオノミコト?狛さんの後ろに「津島天王祭」なんてポスターがあったけど……。

実はお隣にもう一つ可愛らしいお社が。
若宮八幡社11(20060722豊田市)

でも,どなたをお祀りしてるのか謎……。
謎でも境内社でも,お賽銭は全部(本殿も)同じだけど。

え?楠正成?なんで?
情報が断片的だけれども,この若宮八幡社は彼に絡むお社だという噂が。え?だからクスノキ?

そろそろ図書館行かなきゃなあ。豊田の図書館は高校生いっぱいでウルサイからなあ。神道の辺りには,そんなに人いないかな?

あ,それとも,古書で出回ってるんなら買っちゃうか……。

・若宮八幡社
【住所】愛知県豊田市若宮町
スポンサーサイト

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

若宮八幡社〔2〕
豊田市若宮町の若宮八幡社。再訪してきた。
(前回の記事はこちら

前回わかんなかったこと。
 1) 由緒
 2) 狛犬の作られた年代
 3) 境内社(?)の小さいほうの素性

まず狛犬さん。コソコソと裏手へ入っていくので,通行人にアブナイ人と思われたらしい。視線は無視して狛さんの裏を確認。

大正十一年十月

ふるーい。やっぱりふるーい。今のところ最古かな。

横から撮ってみた。バァッの阿の狛さん。
若宮八幡社1(20060924豊田市)


吽の狛さんも横顔から。
若宮八幡社2(20060924豊田市)

横顔も可愛いのであった。

ふと振り向くと,あるじゃん,神楽殿の裏に由緒書き!ただし紙にプラケースなので,下からふやけてて可哀想。

以下抜粋。

【祭神】
 天照大神・神功皇后・応神天皇・竹内宿祢

【由緒】
 社伝に天弘三年(一三三三)楠正成千早城落城後しばらく許呂母の里に隠れ南朝の功臣と策応して再挙をはかる楠正成が武運祈願のため建立したという……

やはり楠公が絡みますかあ。
ってかスミマセン,あの,天弘なんて元号無いんですけど。1333年なら,元弘。古文書の写し間違いかなあ。

あっ!?
若宮八幡社5(20060924豊田市)


それから,境内社(?)のほうへ。じいっと眺める。眺める。回り込む。

あっ!文字!?
若宮八幡社3(20060924豊田市)

巳神大明神!

いやー,そういえば前回来た時,小さな社殿の前に,お正月に飾るのみたいな陶器のヘビさんぽいモノがあるなと……。

榊でほとんど見えないけど,ヘビさん。
若宮八幡社4(20060924豊田市)

でも,どういう由来でヘビさんが祀られてるのかは不明。

今回は収穫大。しつこく書くけど,何度も行くもんだ。

あ,そういえば,お社の裏へ回ってみてくるの忘れたな……。うむ。また行こっと。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。