ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
2017年07月<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2017年09月
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋葉神社〔1〕
豊田市永覚新町の秋葉神社。アキバかなアキハかな。

住宅街の中にある。
秋葉神社1(070318豊田市)


新しそうな号標には「秋葉神社」。
秋葉神社2(070318豊田市)

怪しい白い光は,間違えて焚いたフラッシュが反射してるだけ。

鳥居から社殿。
秋葉神社3(070318豊田市)


額にも「秋葉神社」。
秋葉神社4(070318豊田市)


手水舎。
秋葉神社5(070318豊田市)


狛犬さんと拝殿。
秋葉神社6(070318豊田市)

こちらの拝殿は千木・鰹木つき。それぞれ,外削ぎで5本。

阿の狛さん。
秋葉神社7(070318豊田市)


吽の狛さん。
秋葉神社8(070318豊田市)

昭和四十二年十一月奉納。

拝殿の額。
秋葉神社9(070318豊田市)


中を覗かせていただいた。
秋葉神社10(070318豊田市)

スリッパが可愛い。

社殿の再建は昭和五十八年だそうだ。ピカピカ。
秋葉神社11(070318豊田市)


本殿。千木・鰹木は拝殿と同じ。
秋葉神社12(070318豊田市)

愛知県神社庁のリストには見当たらない。んんー?

由緒その他の話は,次の記事にて。

・秋葉神社
【住所】愛知県豊田市永覚新町3
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【豊田市・上郷地区】
スポンサーサイト

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

秋葉神社〔2〕
豊田市永覚新町の秋葉神社の記事,2つめ(前の記事はこちら)。

由緒について。

境内にあった由緒碑。
秋葉神社13(070318豊田市)

書き写しておく。適宜改行した。
永覚新町 秋葉神社御由緒

 当社は明治十二年に紀洲公が此の地に崇祀されたものであります 此の年より明治十八年頃までに山野であった此の地を開墾する為上長根偕樂園の支部を設立し其の守神として明治十四年に社を作り氏神として崇拝する事になつた由緒ある古社であります。

御神体は天照大神(伊勢神宮)と火具土神(秋葉神社)を同時にお祀りした神社です 明治二十年に三河の国を東と西を二分し西を伊勢神宮東を秋葉神社とする事になりました しかし当部落は秋葉神社を祀る事になり今日に至つております

当社は火と水の神様で常に当部落の守護神として崇敬の中心でありました 創建以来百有余年に及ぶ社歴の中で昭和三年に当時十七戸の住民が私財を投じて数年の歳月を経て造営をされたのであります

近年に至り本殿拝殿の荒廃は甚しく社殿再建は今日忽也にできない緊急焦眉の問題となりました 幸いにも昭和五十六年六月氏子より神社再建委員会を設立し昭和五十八年一月に着工し同年十一月に竣工に至りました

【疑問点】
・「明治二十年に三河の国を東と西を二分し西を伊勢神宮東を秋葉神社とする事になりました」って何?(どこかで聞いたような気もする)
・「当社は火と水の神様で」(火具土は火の神だけど)水はどこから来た?

紀州公(原文は紀洲公)で偕樂園っていうと似たような由緒を寿恵野神社で見た。

「豊田市史10(昭和53年)」を見てみると,旧紀州藩主徳川茂昭の創建とあって関係ありそうなのが永覚町の秋葉神社。これ間違いでしょ?同日に行った永覚町の同じく秋葉神社は別項に載ってるし。

徳川茂昭もアヤシイ。江戸末から明治中期の紀州藩主は徳川茂承だもの。松平茂昭は紀州と関係ないみたいだし。

祭神も軻具土命・里玉神・東照公になってる。これはアヤシイというよりよく判らない。アマテラスはどこいった?創建者が徳川家なら東照公はわかるが里玉神ってどういう神様?創建は明治二〇年と。

「上郷町誌(昭和41年)」では,由緒として創立は明治20年,徳川茂昭公がこの地方開発農業振興養蚕普及のため,ここに偕楽園上長根支部を設立して神社を創設奉斎し,守護神として崇祀(※原文はしめすへんに己)したのにはじまる。とある。豊田市史と同じソースだな。

この辺の開拓に関わったのは徳川茂昭だって伝わってるのかな?よく判らんなー。豊田市史の近代の部分を読んでみようっと。

その他の話は次の記事にて。

・秋葉神社
【住所】愛知県豊田市永覚新町3
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【豊田市・上郷地区】

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

秋葉神社〔3〕
豊田市永覚新町の秋葉神社の記事,3つめ。
(これまでの記事はこちら→

その他境内にあったもの。

「御大典記念」
秋葉神社14(070318豊田市)


「秋葉神社造営並公民館増設寄付者御芳名」
秋葉神社15(070318豊田市)

こういう記録を見ると,その地方に多い苗字とか,有力者とかが判って面白い。大林町からこの辺は,板倉さんが多いことで有名らしいが,ほんとだ。

注意書き。
秋葉神社16(070318豊田市)

「よい子は/神さまや、建物などに対して、ボール、石、物などを投げたり、こわしたりしてはいけません/氏子総代」
そしてきっとここも,大事な文字から消えていくという劣化を味わうことになる運命(赤色は紫外部寄りの高エネルギーの光を吸収するのですぐやられる)。

ベンチとテーブル。
秋葉神社17(070318豊田市)

玄関先・庭先密集地だから,周囲の視線的に使い心地はどうかなあ。

「土地改良碑」
秋葉神社18(070318豊田市)

丘陵地だから用水を引くのも大変だし,老朽化で排水もイマイチだしということで,節水対策込みで灌漑・排水路の整備をしたようだ。裏面には平成十二年十二月と。

・秋葉神社
【住所】愛知県豊田市永覚新町3
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【豊田市・上郷地区】

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。