ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
2017年07月<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2017年09月
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祖母神社〔1〕
そぼじんじゃと読むらしい。記紀読んでる者としてはミオヤとか読みたかったのだが,刈谷の市史だったかなんだかの索引で,サ行のところにあったから,ソボだよね。

住宅街を迷ってウロウロした挙句に発見。
祖母神社1(061007刈谷市)

この石柱,明治四十三年一月建之とあった。灯篭も古そうだったが年代は判らず。

この日は風が強かった。神社の杜を見つけて近づいたら,折からの突風でクスノキの実がバラバラ落ちてきて身体に当たる。まだ緑色をした,未熟な実だった。

子どもの頃,クスノキのイモムシを飼育して自由研究にしたなと思いつつ,中へ。[シンジュサン:虫が平気な方はどうぞ]

木漏れ日の参道。
祖母神社2(061007刈谷市)


コケ生えてるし。緑が深いから日光が遮られるらしい。
祖母神社3(061007刈谷市)


シマッタ。また裏からアプローチしちゃった。気を取り直して正面へ回る。

こっちが正面。
祖母神社4(061007刈谷市)


お馴染みのベカラズ集。
祖母神社5(061007刈谷市)


鳥居。
祖母神社6(061007刈谷市)


額。貫に神紋が見える。
祖母神社7(061007刈谷市)

この紋は何かというと……。うーん。調べたけど判らなかった。

当ブログでは悪名高き刈谷市教育委員会の説明。
祖母神社8(061007刈谷市)

内容は後ほど。

石造りの橋。
祖母神社9(061007刈谷市)

やあ。この造りはちょっと良くないですか?直線で形作る曲線。楔で割ったままの石?力学的にも理にかなっていそうというか。

どうも神社の橋は渡れない。そこ渡らなきゃ進めない場合や,鳥居-社殿間を通っていない橋は渡るけど。太鼓橋なんて,人が渡る用に作られたない場合もあるでしょ?だったら神社の橋は特別なものなんじゃないかなって。

脇を通って境内へ。

手水舎。
祖母神社10(061007刈谷市)


拝殿と狛犬さん。
祖母神社11(061007刈谷市)


阿の狛さん。
祖母神社12(061007刈谷市)


吽の狛さん。
祖母神社13(061007刈谷市)

大正十三年奉納。写真撮ってきたんだけど,月が読み取れない。失敗。

拝殿正面。
祖母神社14(061007刈谷市)


本殿。
祖母神社15(061007刈谷市)

千木は内削ぎ。鰹木は三本。まーた男神か女神かよく判らん組み合わせ。祖母って名前から判断できるそのままに,祭神はイザナミなんだけどね。

斜め後ろから本殿。垂木の曲線が美しい。
祖母神社16(061007刈谷市)


由緒書き。
祖母神社17(061007刈谷市)

創建は,近衛天皇の久安三年(1147年)だそうだ。知田四郎左衛門政敏が伊邪那美命の現れた希瑞霊夢に感じて社殿を作り,称え奉ったと。その後,1440年に結城氏朝に燃やされ,1442年にはこれを憂えた酒井五郎広親の母が社殿を再建。

今の社殿はいつのものなんだろう。

少し戻って教育委員会の説明書き。そのまま写してみる。

 東境村の加藤四郎左衛門が久安3年(1147)家に帰る途中白髪の老婆が現れ,「私は祖母嶽明神である。永くこの村を守ろう」と言って軸を渡した。軸を開いてみると,不動明王の尊像だったので,これを御神体として,その地を御社として,祖母大明神と崇めたといわれる。嘉吉2年(1442)創立という説もある。祭神は伊邪那美命。
 鎌倉街道伝承地(市指定文化財)として境内に鎌倉街道の跡と伝えられる道が残されている。


祖母嶽明神!?不動明王!?

祖母嶽って調べてたら色々出てきたので別記事にて。
多数あった境内社についても,後日記す。

・祖母神社
【住所】愛知県刈谷市東境町町屋52-1
スポンサーサイト

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

祖母神社〔2〕
とりあえず後半。前半の記事はこちら

境内社と石碑などをぐるっと。

カラフルに飾られた乳母車と小さなお神輿?がたくさん。
祖母神社18(061007刈谷市)

社殿に向かって右。真新しい造り。

今のは秋葉社。
祖母神社19(061007刈谷市)

ご祭神は火産日神,大国主命。

右方向へ振り返ると,境内社2社。
祖母神社20(061007刈谷市)


左が山神社。
祖母神社21(061007刈谷市)

ご祭神は大山祇神。

右が熱田社。
祖母神社22(061007刈谷市)

ご祭神は日本武命。

参道を挟んで反対側に4社。
祖母神社23(061007刈谷市)


社殿から遠い順に,浅間社。
祖母神社24(061007刈谷市)

ご祭神は木花開耶姫命。

稲荷社。
祖母神社25(061007刈谷市)

ご祭神は倉稲魂命。

白山社。
祖母神社26(061007刈谷市)

ご祭神は白山比命。

白山社の傍らにあった石碑。
祖母神社27(061007刈谷市)

鎮守白山権現の開闢が大同三年とな?808年か。至文化四年(1807年)で千年になるから記念にってことだろうか。

白山の神の文献初出が853年てあるけど,どうなの,これ。

御鍬社。
祖母神社28(061007刈谷市)

ご祭神は天照大神。

「史跡鎌倉街道伝承地」の碑。
祖母神社29(061007刈谷市)


「鎌倉街道の由来」
祖母神社30(061007刈谷市)

鎌倉街道ったら,不乗森神社の横も通っていたはず(不乗森神社の記事はこちら→)。実際どこ通ってるんだろうとぐぐってみたら,こんなサイト見つけた。
服部さんちのホームページ」様

[参照] 鎌倉街道 東海道筋

踏破してらっしゃる。凄いな~。クルマでも大変そうなのにな~。自分もせめて,地図に線でも引いてみようかと思う。

鳥居をくぐる前,右手の「日出講結社記念碑」
祖母神社31(061007刈谷市)

日出講って,そーいや足助に日の出講って何かあるらしいけど(電話帳だと足助日の出講御嶽教),講だから宗教系の組合?別物かなあ。

秋葉社の更に奥にあった石碑。
祖母神社32(061007刈谷市)

「日進日露戦役紀念碑」と「忠霊塔」

創建が古いので,変遷も面白そうな神社だった。まだ調べ切れてない。祖母嶽明神や不動明王のことも調べないとね。刈谷は住んだことが無いので,生活してるうちに入ってくる情報ってのが少なくて大変。一回図書館を攻めなきゃならんか。

・祖母神社
【住所】愛知県刈谷市東境町町屋52-1

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。