ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
2017年09月<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2017年11月
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
津島神社〔1〕
豊田市桝塚西町の津島神社。写真が多いので2回に分ける。

かなり交通量のある道路沿い。
津島神社1(070328豊田市)

写真の右方に交差点があるんだけど,左から走ってきて信号待ちしようというバスが,こちらがカメラ構えてるのに気付いて,かなり手前で停まろうとしてくれた。結局行ってもらったけど。ありがとう,運転手さん。

「津島神社」
津島神社2(070328豊田市)


鳥居から境内。鳥居の額に「津島神社」
津島神社3(070328豊田市)


ベカラズ集。ここのは「愛知縣」とかじゃなく当該神社名。
津島神社4(070328豊田市)


入ってすぐ左。何かあるなと思ったら,先代の社号標。
津島神社5(070328豊田市)

「村社 津嶋神社」「氏子戸數五百[罒+八]十戸」「大正三年九月建之」「鎮坐境内反別五反六畝八歩」

ツシマのシマに山がついてる![罒+八]ってどの数字?面積も,ちゃんと読めているかどうかあやしい。反のところは叚みたいな字にに見えるし。段かな。段なら通じるけど。あっていれば,約5,600平米=1,700坪。立派,だよね。

手水舎。
津島神社6(070328豊田市)


周囲には結構大きな樹が。
津島神社7(070328豊田市)


狛犬さんと拝殿。
津島神社8(070328豊田市)


阿の狛さん。
津島神社9(070328豊田市)


吽の狛さん。
津島神社10(070328豊田市)

「昭和二十七年十月建之」

このタイプの狛さんには必ずツイている気がする。阿吽ともに。
津島神社11(070328豊田市)


拝殿の中を覗かせていただいた。
津島神社12(070328豊田市)

いきなり鏡!?でもまねき猫?後ろの弓矢を背負った方々は何?

こういう拝殿は何ていうんだっけ。
津島神社13(070328豊田市)


本殿。
津島神社14(070328豊田市)

境内社と由緒についてなどは,次の記事にて。

・津島神社
【住所】愛知県豊田市桝塚西町北屋敷51
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【豊田市・上郷地区】
スポンサーサイト

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

津島神社〔2〕
豊田市桝塚西町の津島神社の記事,2つめ(前の記事はこちら)。

拝殿の向かって右。垣の中に境内社。
津島神社15(070328豊田市)


境内社。垣の中へは入らず,ズームで撮影。
津島神社16(070328豊田市)

賽銭箱らしきものも見えるし,もしかしたら入ってもいいのかもしれないけど。

拝殿の向かって左。こちらも垣の中に境内社。
津島神社17(070328豊田市)


Zoom。境内社。
津島神社18(070328豊田市)

3年くらい前の機種なので,画質もZoomも知れておるのじゃ。腕も悪いし。境内社の素性は,どっちも判らない。

拝殿に向かって右手前(鳥居をくぐったら右とも言う)。社務所?
津島神社19(070328豊田市)


確か垣の中にあった古そう?な何か。
津島神社20(070328豊田市)


手水舎の後ろの樹。手書きの看板がついてた。
津島神社21(070328豊田市)

「へびのアパートです」 「青大将が住んでいます」
カワ(・∀・)イイ!! ちょっと待ってみたけど,へびさんは見当たらず。

拝殿に向かって左にあったクロガネモチ。
津島神社22(070328豊田市)

「名木指定 第48号 モチノキ科/クロガネモチ/胸回り 2.55m/根回り 4.10m/樹高 18.0m/豊田市/豊田市名木愛護会」

ご神木?
津島神社23(070328豊田市)


狛さんの台座に葵の御紋。
津島神社24(070328豊田市)


提灯にも。
津島神社25(070328豊田市)

境内には,由緒などの説明は無かったので,いつもながら本から拾ってみた。

「豊田市史10」
社名:津島神社/祭神:素盞嗚命/創建:寛治元年/祭日」:7月30日・10月15日/祭名:夏祭・津島神社大祭/由緒:旧村社 上野・粟寺・馬場村他十二か村の総氏神/江戸期は御朱印状

「上郷町誌」
津島神社 9級社(旧指定村社)/祭神:素戔嗚命/例祭日:10月15日
(以下,長いので要約)
・寛治元年に鴛鴨郷より遷座。当時牛頭天王と称した。
・上野(上村下村)・長場・粟寺・国江・永覚新郷・槌木新郷・会下新郷・上村新郷・下村新郷・馬場新郷・国江新郷の12か村の総氏神。
・境内地4千3百余坪。神田120石,社殿は七堂伽藍で巨大,御手洗池~社頭までの参道には101の大鳥居が林立。
・天文年間,兵火のため悉く灰燼に。
・徳川家康より御朱印地12石寄進あり。
・領主岡崎城主水野監物忠善より黒印地5石5斗6升1合寄進あり。
・ご神木は「天王の大杉」だった。他にも立派な樹木多数。
・伊勢湾台風で本殿&樹木など全部やられた。
・昭和37年に本殿再建・境内整備

「碧海郡誌」(旧字体は現代のものに改めた)
村社 津島神社/祭神には素盞鳴尊を奉祀す。寛治元年鴛鴨より遷座する所にして其の址今小塚を存し天王島と称す。天文十五年松平清定の兵燹に焼け、社殿宝器等多く鳥有に帰す。旧幕府朱印地十二石を有しき。

「上郷風土記」
(上郷町誌と異なる部分,ダブらない部分を要約)
・藩政時代上野村十一ヶ村(上村・下村・国江村・馬場村・粟寺村・永覚新郷・上村新郷・下村新郷・馬場新郷・粟寺新郷・国江新郷)の氏神であった。
・大永年間の地図に「神域五町四面、馬場四町」とある。
・天文十五年の兵燹で石鳥居一基と鰐口一個のみ残った。
・「上野村牛頭天王祭は碧海三大祭りの一つとして血を見なければ収まら」ないと。
・ご神木は樹齢一千年,廻り二十尺。文化二年と明治初年の二度にわたって落雷にあい,中央部が焼失して空洞になっていた。

……というわけで,

創建:寛治元年(1087年)
 ※鴛鴨より遷座(鴛鴨のほうの創祀は調べていない)
 ※鴛鴨の跡地は天王島という(今もあるかな?)
ご祭神:牛頭天王→(表記はともかく)スサノオノミコト
社地・社殿:嘗てはむちゃくちゃデカかった。
 ※七堂伽藍!参道に鳥居が101基!
ご神木:「天王の大杉」は伊勢湾台風でお亡くなりに?
 ※植えなおしたのが上の写真の?
その他:天文15年に焼け残った鳥居は,最近まであったらしい。
 ※つい最近,境内の大改装をしたらしく跡形もない。
 ※上郷風土記には古そうな石の鳥居の写真が載っている。
 (昭和末期の撮影と思われる)
 ※天文15年は1546年。

御朱印地の関係で徳川葵なんだろうね。それにしても,101基の鳥居と七堂伽藍て見てみたくない?誰か絵にでも残してないのかね,~戦国時代の人。家康公の擁護以前だから絶望的かなあ(焼けた当時,家康公は4歳くらい。今川の人質時代よりは前かな?戦いに関わったのは父親)。

そういや,その戦乱のところに出てきた松平清定って上野城主じゃんね。上野城址も行ったな,そういえば。今の上郷児童館~上郷護国神社のとこらへん。看板くらいしか判らんけど,また記事にするつもり。

・津島神社
【住所】愛知県豊田市桝塚西町北屋敷51
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【豊田市・上郷地区】

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。