ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
2006年05月<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2006年06月
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天白神社〔1〕
JR三河三谷駅から東へ400mほどのところに鎮座。
天伯公園の横である。

またか!の鳥居二基。
天白神社1(061216蒲郡市)

よくあるんだ。何故横に?どっちかが境内社?開発で場所がなくなって移転されて来ただけ?など,毎回オロオロ。

まあ玉垣のある大きそうなほうからいきましょうか。

号標には「天白神社」
天白神社2(061216蒲郡市)


鳥居。
天白神社3(061216蒲郡市)


鳥居の額には「天白社」
天白神社4(061216蒲郡市)


入ってすぐ右の由緒書き。
天白神社5(061216蒲郡市)

内容はあとで。

手水舎。
天白神社6(061216蒲郡市)


手水舎,向かって右の飾り瓦。これは菊かな。
天白神社7(061216蒲郡市)


同じく向かって左。意匠の違う,これも多分,菊。
天白神社8(061216蒲郡市)


狛犬さんと拝殿。
天白神社9(061216蒲郡市)

どなたかいらっしゃる風だったけれども,人影は見えず。

阿の狛さん。
天白神社10(061216蒲郡市)


吽の狛さん。
天白神社11(061216蒲郡市)

後ろに見えるのは,小さいほうのお社の鳥居。
大正十五年八月奉納。

拝殿の新しそうな額には「天白神社」
天白神社12(061216蒲郡市)


拝殿屋根下の吊り灯篭。
天白神社13(061216蒲郡市)


拝殿,ちゃんと開いてて嬉しい。
天白神社14(061216蒲郡市)

中はあんまり写ってないな。

横から見た拝殿の屋根。
天白神社15(061216蒲郡市)


何やらシンプルな本殿。
天白神社16(061216蒲郡市)

今風の窓があるんですけど。

その本殿の屋根を横から。
天白神社17(061216蒲郡市)

屋根はそれなり。

さて,由緒書き。内容を書き写しておく。

天白神社
祭神 素戔鳴尊
 素戔鳴尊は天照大神の弟神で樹木・穀物などをお創りになり、また、災厄と疫病を除いてくださる神様として各地に祀られている。
 天白神社の天白とは神のいますところ、聖なる地の意である。
 古伝説によれば、当社の創祀は飛鳥時代後期(西暦七〇〇年頃)に、京都八坂神社から勧請されたといい伝えられている。
 明治元年の「神仏分離令」により、古来からの天白社天王宮は天白神社となった。
 豊作と氏子中の安全・繁栄を祈念できる御神徳あらたかな天白神社の鎮座されていることは幸せなことである。


えろう古いですな。飛鳥時代?じゃあ京都の八坂神社はもっと古いわけで,Wikipediaによれば,「伝656年(斉明2年)」か。まあ凄い。

移転とか建て替えとかあるにしても,公園のほうから眺めたとき,寺くさいと思ったのは事実。境内の樹の生え方のせいなんだけど。神社の杜は雑木林っぽい自然の杜で,寺の樹はデザインして植えられたイメージなのだ。自分の中では。ここのは植えられた樹が多いよね。松とかさ。

神仏分離令のとき,仏式の塔や鐘楼が壊されたなんて話はよく聞くんだけど,他にはどんな変化があったんだろう?神様の名前は変えられたよね。他は?もっと具体例をたくさん知りたいなあ。

小さいほうのお社とか,境内にあったものの紹介は,次の記事にて。

・天白神社
【住所】愛知県蒲郡市三谷町東
スポンサーサイト

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

天白神社〔2〕
さて,後半は境内社?についてなど。
前半の記事はこちら

これが小さいほうの鳥居。
天白神社18(061216蒲郡市)


小さいけれどちゃんと水盤がある。
天白神社19(061216蒲郡市)

水は無かった。隣に恵比寿さんと大黒さんがいらっしゃる。

狛犬さんも居るのだ。これは阿の狛さん。
天白神社20(061216蒲郡市)


こっちが吽の狛さん。
天白神社21(061216蒲郡市)

「○○家 夫婦三代記念 昭和五十五年十二月十五日」とある。○○さんは,この辺の旧家なのかな。玉垣の内側にも同姓の方のお名前が並んでたし(一応伏字にしてみた)。

お社。
天白神社22(061216蒲郡市)

旧字体で「上区安全」「皇紀二千五百九十七年」
皇紀2597年は1937年だから昭和12年だな。
お社の名前もご祭神もわからず。

小さいお社の後ろの「天然記念物 淡墨の桜」
天白神社23(061216蒲郡市)

左から5本目と一番右の1本。白い札のかかってるやつ。
吽の狛さんの背景のほうが,札はよく見えるな。

岐阜のアレが天然記念物なのであって,苗木を分けてもらっただけ(多分)のこの樹がそうなわけじゃないと思うんだが。

大きいほうのお社の境内にあった「御成婚記念」
天白神社24(061216蒲郡市)

確かこれ,年月日の記述が無かったのだ。
今上の陛下なら昭和34年頃。
昭和天皇なら大正13年頃。
大正天皇なら……(以下略)

これは判りやすい「浩宮徳仁親王 御成婚記念」
天白神社25(061216蒲郡市)


境内から,入り口付近を見上げる。
天白神社26(061216蒲郡市)

ほら,この松。豊田の神社では見たこと無い生え方(生やし方)。海が近いせいなのか,東三河が全く違う文化/勢力圏だったからなのか。

去り際に一枚。紅葉の名残。
天白神社27(061216蒲郡市)


・天白神社
【住所】愛知県蒲郡市三谷町東

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。