ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
2006年05月<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2006年06月
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不乗森神社 ~予告編~
ふと車に乗って,本屋にでも行こうと走っていると,そういえばいつも通る道の電柱に,『不乗森神社』という小さな看板が掛かっていたことを思い出した。

丁度看板のある交差点で曲がって,走ってくとすれ違い不可の超住宅街!徐行に徐行を重ねて,何とか少し広い通りへ。通り沿いの参拝客用駐車場に入って,車を降りた。

もっと小さい神社かと思っていたら,何だか由緒ありげ。
不乗森神社1(20060716安城市)


中にもう一つ鳥居。参道は社殿までまっすぐ。
不乗森神社2(20060716安城市)


一つ目の鳥居の額。
不乗森神社3(20060716安城市)


一つ目の鳥居をくぐって左を見ると,神田。うわー。初めて見た。
不乗森神社4(20060716安城市)


こんな塔もあったり。砲弾の形?ということは……。
不乗森神社5(20060716安城市)


このあたりで空模様がおかしくなりはじめた。遠くでゴロゴロいってるし。折り畳み傘もあるので,とりあえず中へ。(ここで写真を後回しにしたのが大間違い)

この後,休憩しに来られたご神職に色々うかがってる間にどしゃ降りに。

あーもう。ちゃんと写らないし。
不乗森神社6(20060716安城市)


辛うじて写した,向かって右の神猿さん。
不乗森神社7(20060716安城市)


同じく向かって左の神猿さん。
不乗森神社8(20060716安城市)


逃げ際に,内側の鳥居も撮ってみたけどダメダメ。
不乗森神社9(20060716安城市)


というわけで写真はまともに撮れず。大きなお釜とか,猿君の像とか,お約束の狛さんとか,神楽殿(舞殿?)の屋根の下に彫られてた十二支とか,境内社のほうとか!もの凄く未練が!

とりあえず,入り口の石碑に書かれてたご由緒を転記させていただく。

鎮座地 安城市里町森三十八番地
社 名 不乗森神社
祭 神 大山咋之命

えーと。あとはかいつまんで。

冷泉天皇の御世(968年)に,滋賀県大津市の日吉大社東本宮よりご祭神を勧請。不乗森神社という名前の由来は,『鎌倉街道に沿い行き来する人々は,うっそうとした社頭に下馬し旅の安全を祈願して通行したので』とのこと。だからノラズノモリか。納得。

後日また行く。今度は全部見て回ってくる。虫除け持ってな。とりあえず予告編ということで,今回はここまで。

再訪時の記事はこちら→

・不乗森神社
【住所】愛知県安城市里町森38
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【安城市】
スポンサーサイト

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

不乗森神社〔2〕
以前の記事はこちら
大体の由来とかご祭神・鎮座地は既出なので省く。

写真が何十枚かあるので,4回くらいに分けて書く予定。
今回は,一の鳥居,手水舎,二の鳥居,神楽殿,拝殿,本殿という,真ん中をまっつぐ行くと揃っているモノを紹介。

以後,神楽殿詳細,各境内社,その他境内にあったものと続ける予定。

前の記事より,一の鳥居(1)(2)

一の鳥居を入って左に手水舎。
不乗森神社1(061028安城市)


誰だ,ペットボトル置きっぱなしで。
不乗森神社2(061028安城市)


二の鳥居と狛犬さんたち。
不乗森神社3(061028安城市)


阿の狛さん。
不乗森神社4(061028安城市)


吽の狛さん。
不乗森神社5(061028安城市)

昭和二年三月奉納。

二の鳥居。真っ白の紙垂。
不乗森神社6(061028安城市)


神楽殿と狛犬さんたち。
不乗森神社7(061028安城市)

七五三の時期なので,緋毛氈が敷かれてある。7月に来たときはなかった。で,中にある金色の紙垂つけた派手なモノは何て名前?

阿の狛さん。
不乗森神社8(061028安城市)


吽の狛さん。
不乗森神社9(061028安城市)

形が形なので遠目で期待したのだが,昭和三十年一月奉納。

神楽殿を回って拝殿の前へ……。
不乗森神社10(061028安城市)

いやまたこの,神楽殿の彫り物が面白いんだけど,もの凄い数なんで後日。

拝殿と神猿さんたち。
不乗森神社11(061028安城市)

皇室におめでたいことがあると,垂れ幕を出すのだな。ところで,神猿はマサルと読んでおk?

阿の神猿さん。
不乗森神社12(061028安城市)


吽の神猿さん。
不乗森神社13(061028安城市)

猿さんの上の釣灯篭も綺麗でしょ?

拝殿の鈴と額。
不乗森神社14(061028安城市)

自分はどうしても,鈴をうまく鳴らせない。

本殿。千木は内削ぎ,鰹木は7本?
不乗森神社15(061028安城市)

鰹木1本,写ってないだけかな?ご祭神は大山咋之命だから男神だよねえ。外とか内とか,奇数とか偶数とか,教科書通りじゃないことが多いみたいだ。よくわからん。

いやあ。まだ蚊がいたよ。二ヶ所刺されたね。あんまり腫れてないけど。樹が多いからねー。見てみ?Google Map の航空写真(地図が出たら,右上の「航空写真」をクリック)。わー杜って感じでしょう。

さてー。まだ3記事ほど続く予定。毎日書けてもあと3日。
頑張るから待ってー。

次の記事はこちら

・不乗森神社
【住所】愛知県安城市里町森38
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【安城市】

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

不乗森神社〔3〕
以前の記事↓
 〔1〕……簡単な由緒,ご祭神,所在地。雨降りで中断。
 〔2〕……神社の主役。鳥居,狛犬,神楽殿,拝殿,本殿。

今回は,神楽殿の屋根の飾りとか,軒下の彫り物について。
自分の写真の腕のせいで,ピンボケが多い。すまんね。

立派な神楽殿。
不乗森神社・神楽殿(061028安城市)


▼まずは,屋根の上から。

東南カドの逆立ち唐獅子。
不乗森神社・神楽殿屋根1(061028安城市)


南西カドの逆立ち唐獅子。ピンボケ。
不乗森神社・神楽殿屋根2(061028安城市)


北西カドの,花?何の花だろう?
不乗森神社・神楽殿屋根3(061028安城市)


北東カド。同じ花かなあ。逆光でよく見えず。
不乗森神社・神楽殿屋根4(061028安城市)


▼続いて軒下。彫り物は,主に十二支。まずはザッと。

東側。右から順に,子,丑,寅。丑の上にも何か。
不乗森神社・神楽殿東側(061028安城市)


南側の東寄り。右から順に,卯,辰,巳。
不乗森神社・神楽殿南側1(061028安城市)


南側の西寄り。右から順に,巳,未,申。
不乗森神社・神楽殿南側2(061028安城市)


西側。右から順に,酉,戌,亥。戌の上にも何か。
不乗森神社・神楽殿西側(061028安城市)

北側には何も彫ってなかったので略。

▼彫り物を個別に。

子。大根とネズミ君かな。
不乗森神社・神楽殿東側・子(061028安城市)


丑。つっかかってきそうなウシさん。
不乗森神社・神楽殿東側・丑(061028安城市)


寅。何か可愛いトラさん。左の後ろ足折れてるかな?
不乗森神社・神楽殿東側・寅(061028安城市)


卯。う,ウサギ?月と草らしきものしか見えませぬが。
不乗森神社・神楽殿南側・卯(061028安城市)


辰。定番の竜。暗くてすまん。見えるかね。
不乗森神社・神楽殿南側・辰(061028安城市)


巳。すみません,わかりません。
不乗森神社・神楽殿南側・巳(061028安城市)


未。ヒツジじゃなくてヤギに見えたぞな。右後ろ足破損。
不乗森神社・神楽殿南側・未(061028安城市)


申。おサルさん。後ろは桃の木かな?
不乗森神社・神楽殿南側・申(061028安城市)


酉。ニワトリさん。画像が暗くて見えんな。
不乗森神社・神楽殿西側・酉(061028安城市)


戌。イヌ君。わんこ可愛い。右前足破損。
不乗森神社・神楽殿西側・戌(061028安城市)


亥。イノシシさん。唯一まともに撮れたかな。
不乗森神社・神楽殿西側・亥(061028安城市)


既にお気づきでしょうが,午がない
どこよ,ウマ君?というわけで,七五三の儀式を終えて出てこられたご神職に尋ねてみました。

白馬伝説というのがあり,ウマは特別扱いで本殿にある。
市の広報にも載った超有名な話だが知らないのかと言われました。

すみません。勉強不足でございました。

伝説の出来事があったのは江戸時代。伝説というより実話だね,とのこと。

ぐぐったら,伝説の内容を載せてらっしゃるブログ発見。
花嫁日記」様(ウエディングプランナーさんが運営)
『森の白い馬』という民話が紹介されている。

[参照] 2006年10月14日 不乗森神社の民話
神楽殿の彫り物に馬がいないことも出てくるなあ。

神楽殿の軒下,十二支以外にも彫り物があったのだが,何か不明なので,写真だけ紹介。

東側。丑の上の彫り物。
不乗森神社・神楽殿東側・謎(061028安城市)

本気で何?蝙蝠?何かの神獣?

西側。戌の上の彫り物。画質悪い。
不乗森神社・神楽殿西側・謎(061028安城市)

波に月?

彫り物。めっさ可愛い。彫り物だけ見に行ってもいいくらい。
写真がうまく撮れなくて残念だ。軒下物件の撮影には,いつも失敗しちゃうんだよなあ。主に手ブレが原因だから,もう三脚買おうか……。

しかし長いな今回の記事。写真多すぎだよなー。
次は境内社について書く予定。

次の記事はこちら

・不乗森神社
【住所】愛知県安城市里町森38
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【安城市】

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

不乗森神社〔4〕
以前の記事↓
 〔1〕……簡単な由緒,ご祭神,所在地。雨降りで中断。
 〔2〕……神社の主役。鳥居,狛犬,神楽殿,拝殿,本殿。
 〔3〕……神楽殿の彫り物・飾り詳細。

今回は,境内社について。
大きいのがあるんだ,たくさん。

社殿の西側,土俵と境内社2つ。
不乗森神社・西側の土俵(061028安城市)

この土俵,名古屋場所のときに二十山部屋の力士が稽古に使ったとか。

上の写真の左側が神明社。
不乗森神社・西側の神明社(061028安城市)


右側が山神社。
不乗森神社・西側の山神社(061028安城市)


次は東側。

社殿東側の境内社群。
不乗森神社・東側の境内社群(061028安城市)


拝殿のすぐ横に赤い鳥居。
不乗森神社・東側の赤い鳥居(061028安城市)


お社も赤いのは稲荷社。幟には「里稲荷神社」
不乗森神社・東側の稲荷社(061028安城市)


拝殿と稲荷社のスキマに津島社。
不乗森神社・東側の津島社(061028安城市)


お隣。東日吉社の鳥居。何mか下がったところにある。
不乗森神社・東側の東日吉社の鳥居(061028安城市)


東日吉社。
不乗森神社・東側の東日吉社(061028安城市)

中のお社の前に金の狛さんが居た気がする。多分狛さん。写真がピンボケたので没。今度からオペラグラス持って行こう。

更に隣。秋葉社。柱の左右に象さん?
不乗森神社・東側の秋葉社1(061028安城市)

社殿の左右のちっこいお神輿は何かで使ったのかな?

秋葉社の屋根。両側に逆立ち唐獅子。神楽殿のと顔が違う。
不乗森神社・東側の秋葉社2(061028安城市)


更に隣。一番東側。厳島社。
不乗森神社・東側の厳島社1(061028安城市)


厳島社の中,しゃもじ?
不乗森神社・東側の厳島社2(061028安城市)

そういや,広島の厳島神社の名物,杓子だねー。
[参照] (社)宮島観光協会

境内社の前を抜けると鳥居。
不乗森神社・東側の鳥居(061028安城市)


全部額がついてて判りやすうございました。
最後の記事は,その他モニュメントなどについて書く予定。
盛りだくさんの神社なので,一番最後に,境内全体の略図をつけまする。

次の記事はこちら

・不乗森神社
【住所】愛知県安城市里町森38
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【安城市】

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

不乗森神社〔5〕
以前の記事↓
 〔1〕……簡単な由緒,ご祭神,所在地。雨降りで中断。
 〔2〕……神社の主役。鳥居,狛犬,神楽殿,拝殿,本殿。
 〔3〕……神楽殿の彫り物・飾り詳細。
 〔4〕……境内社。

長ったらしく続けてしまったが,今日でひとまず最後。
境内のモニュメント他。

一の鳥居を入ってすぐ右。忠義護邦家と書かれた碑。再掲。
不乗森神社5(20060716安城市)


更に右。明治維新百年……,の下は記念,だったかな。
不乗森神社・明治維新百年の碑(061028安城市)


これは左のほう。屋根から外された飾り瓦。
不乗森神社・外された飾り瓦(061028安城市)

左から,ネズミ?・竜?・何コレ?・スズメ?(ダメじゃん)

左のもう少し先。外された獅子口。
不乗森神社・外された獅子口鬼瓦(061028安城市)

鬼瓦の一種だそーで。

獅子口の向こうに,役目を終えた水盤と竜。
不乗森神社・役目を終えた水盤と竜(061028安城市)


二の鳥居の手前右側に由緒書き。7月撮影。雨降り。
不乗森神社・由緒書き(060716安城市)

左右に置物。こういうのが随所に見られる。
写真右の像,横山大観のこの子思い出した。違うかな?

二の鳥居の手前,吽の狛さんの後ろに……?
不乗森神社・虚(061028安城市)


樹の根元の虚の中,金色の恵比寿さんと大黒さんらしき像。
不乗森神社・虚の中の恵比寿大黒(061028安城市)

相変わらずピンボケでいかんな。

二の鳥居をくぐって右。三猿。
不乗森神社・三猿(061028安城市)

説明書きの左右にも猿・猿。
あ,やっぱり神猿の読みはマサル。

神楽殿の手前。阿の狛さんの胸下に僧形の像。
不乗森神社・狛犬の下に僧形(061028安城市)

形だけでは,どこの名僧やら……。

神楽殿の西。さざれ石に釜二つ。
不乗森神社・さざれ石と釜(061028安城市)

さざれ石とは,石灰質角礫石のことだって(説明書きより)
君が代にも出てきて,めでたいんだろうね。平成二年奉納。

釜二つ。
不乗森神社・釜二つ(061028安城市)

前お参りしたとき,某ご神職に「おすぎと美川憲一」というギャグを飛ばされて笑ったという……。
湯立神事に使うのは,別の釜なんだろうね。これは固定されているし。

これも前回の参拝時の話。神事のことを伺ってて,探湯がねという話になった。クガタチというと,熱湯に手を突っ込むアレですかと訊くと,いやいや,湯立のというお返事。

塩や米や入れて沸かして,笹(?)でばさーっと辺りに湯を撒くやつでしょうな。ひっかぶると縁起がいいとか病気が治るとかいう。作物が豊作かどうか占うんだっけ?ここら自分の想像で,実際に不乗森神社の神事を拝見したわけじゃない。一般的に,そんな感じじゃなかったかな。

多分大昔はほんとにクガタチだったんだろうけど,そりゃあ今時ね。手を入れれば,ほぼ確実に大火傷だもの。諏訪の御柱の比じゃないやね,危険率。

境内社,秋葉社の前あたりの樹上に,巣箱?
不乗森神社・巣箱(061028安城市)

実は神様の御座所だとか,鳥じゃなくてヘビさんの巣だとか言われたらどうしよう。

これで終わりだけど,ほんとはいくつか漏れがある。三猿の向かって右にあった御神木らしき小さな細い樹とか。

一部メモと記憶を頼りに,境内の配置を図にしてみた。
建物の大きさ測ったわけじゃないし,位置関係は多分あんまり正確じゃないけど,こんなものがあったよの表代わりにくらいはなるかな。

こんな感じ。クリックしてみて下され。
図解・不乗森神社


どうかね~。使えるかね~。

・不乗森神社
【住所】愛知県安城市里町森38
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【安城市】

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。