ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
2017年04月<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2017年06月
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「首無の如き祟るもの」読了
三津田信三の「首無の如き祟るもの」読了。昨日の夕方買ってきて,一気に読んでしまった。

いい。

今までで一番いい。

講談社のも「厭魅」も,「シェルター」以外の単行本は全部読んだけど,今回のが一番いい。

相変わらず,何か得体の知れないものが迫ってくる描写は一品だー。途中までの盛り上がりもスゴイ。で,今までのは,これだけ盛り上げてそういう終わり方かい!ってことがあって,ちょっとガッカリしてたのだが,「首無」にはそれがない。

満足ーーーー!!!

さて,寝ようっと。
スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

憧れの本たちの背表紙を読むときめきは
一昨日とは違う本屋へ久しぶりに行った。全分野を網羅していられるほど大きくて力のある本屋が進出するような土地ではないため,どこの本屋にも仕方なしに偏りが出来る。その偏りを見極めて動けば,まあそれなりに欲しいものは手に入るのだ。

単に品の揃え方が下手糞という哀れなグループは置いておくにしても(まず行かん),豊田市には「何はなくとも通える本屋」というものが非常に少ない。片手の指ほどもない。

自分がまだ制服など着ていた頃,岡崎にミステリ専門書店があった。1階には雑誌やら普通の本もあったのだが,ロフト風の2階へ上がると,ミステリと幻想文学がギッシリ。棚の一段,いや棚一つ,まとめて自分の物にしたいような品揃え。子どもには文庫本くらいしか買えず,それでもいつかはと思っていたが,自分が他県の大学へ行っているうちに閉店した。

その他県にも,マニアックな品揃えの本屋がいくつかあった。バイトの帰りに古書店やらとともに梯子しては,給金使い尽くして帰ったものだった。揃いで3万の専門誌がどうしても欲しくて,古書肆の店長さんにお金が溜まるまで取っておいてって頼んだこともある(悩んでたら取っておこうかって言ってくださった)。

近頃本屋であまりときめかないのは,品揃えが一般向けに平坦になってしまったからなのか,自分の病(趣味)が膏肓に入ってしまって,よりディープでないと満足できないからなのか。

憧れの八重洲ブックセンターでもときめかなかったからなあ。日本で5本の指には入るでしょ,あそこ?名古屋の丸善もなあ(入り口近くの文具コーナーは楽しい)。マナハウスは面白いところもあるけど,店内の配置がウザくて元気なときしか行かない。

学生時代から一日一冊ペース(漫画も含めてだが)を崩したことがなかったのだけれども(目指さずとも自然に),ここ何年かは読書量も減っちゃっててな。自分の本に対する興味が以前より薄まっているのは事実のようだ。

制服~学生時代のことを思えば,手に入らないうちが花だったのかもね。そう思えば贅沢な話だ。本屋が悪いわけじゃない。

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

「QED 河童伝説」読了
久々に面白かった気が?

ventusは何だか薄くて嫌いなのだ。場所数稼げばいいでしょっぽくて。観光ガイドが欲しいわけじゃないので嬉しくない。毎回,河童くらい濃ければいいのに。テーマがヤバくて(多分)いまいち突っ込めてなかった時もあったし。

殺人事件の意味なさ加減は相変わらず。沙織のウザさはいい感じに引き締められてたかな。史紋は嫌いなので今後もあまり活躍しないでもらいたい。タタルの領分を侵しそうだし(キャラも専門もかぶってる)。

某文筆家臭がプンプンするのも変わらないが,今回はあまり鼻に付かなかった。あとは薬屋の愚痴でしょう。愚痴だよね。溜まってるのかな,高田センセー。

次も濃いといいな。頻度が下がってもいいから,毎回「百人一首」「河童伝説」レベルで是非お願いしたい。

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

黒死館熱
私的黒死館ブームが再来しそうな予感。


聖アレキセイ寺院の殺人事件に法水が解決を公表しなかったので、そろそろ迷宮入りの噂が立ちはじめた十日目のこと、その日から捜査関係の主脳部は、ラザレフ殺害者の追求を放棄しなければならなくなった。と云うのは、四百年の昔から纏綿としていて、臼杵耶蘇会神学林以来の神聖家族と云われる降矢木の館に、突如真黒い風みたいな毒殺者の彷徨が始まったからであった。

たまらんでしょう,この冒頭部分。ブームが来る頃は,この部分が頭の中でぐるぐる回るの。

小栗虫太郎は普通に書けばさらっと通るところを,わざわざシチメンドクサくねじくった文体にし,更にペダンティズムとやらで飾り立てるので,やたら読み辛い。

法水はイヤな性格だし,支倉は馬鹿かと思っていると半端に法水の無駄知識についていく捉えどころの無い奴だし,女性キャラはヒステリックに(これまた無駄知識を)喋り捲るし,館内の様子は想像し難いし(悪文と当方の知識不足のせい。実際,建設できない構造らしいが),しかし嫌悪感を覚えない。

計算で作られた萌えシチュとか,パクッて来たようなヒロインとか,あああの映画/本見たのねとすぐに判るような影響出まくりの文体とか,もったいぶりすぎの探偵とか,何がどうでも恋愛ネタを持ち込まなきゃ気がすまないとか,大量に殺しておけばいいと思ってるとか,本が分厚い意味皆無のスカスカな内容とか,そういうのが無いからかも。

まあ古典だからね。売れ筋なんてものも,今ほど小狡くは勘定に入れていないだろうし。そういう「我が道を行く」感が,近頃のミステリには少ないんだ。いつの間にか作品までファンと馴れ合ってる御仁も居られるし。

こないだ買った最新ミステリ「天帝のはしたなき果実」に20ページ目あたりで挫折気味なんだけど,放っておいて黒死館。メフィスト賞ってこれで35作目だっけ?全部読んだわけじゃないけど,凄いと思ったのは「QED」と「UNKNOWN」くらいだぞ。

やっぱり古典のほうが好きかもしれないなあ。天城一とか(絶好調の短編は)最高。海外物もホームズがいいし。科学的におかしいのは置いといて。

しばらくは外出も億劫なことだし,古い物の中に浸っていることにしよう。

黒死館殺人事件青空文庫で読むことができる。

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

ゑひもせす
杉浦日向子の「ゑひもせす

二つ枕」とかNHKの「お江戸でござる」とか好きで(あの頃のえなり君をかえせ),同じくアレを見ていたうちの母も,ヒナちゃんと愛称で呼ぶくらい好きで,亡くなったと知った時は悲しかった。

どれを読んでも,女心と江戸の粋と薀蓄がみっしりのヒナちゃん漫画だが,「ゑひもせす」には,ちょっと違う作品が入っているのだ。

「本朝大義考 吉良供養」

吉良上野介邸への赤穂浪士討ち入り当夜の様子を,吉良邸見取り図,死に様など一人一人,時間軸に沿って克明に描かれている。スポットを当てられているのは浪士隊ではない。討たれた吉良邸の人々である。

ところで,吉良上野介と言うくらいで(いや言わんでもいいけど),彼の領地は吉良である(出身は江戸)。愛知県幡豆郡吉良町。小学校の頃ァ,遠足で潮干狩りに行ったもんですよ。

地元だからかどうかはわからないが,自分は忠臣蔵が大嫌いである。結局全員切腹ぅ?知らんがな。それだけのことをしたんだろうがよ。

日向子先生が,どちらかというと,自分に近いスタンスでこの漫画を描いたんじゃないかなあと読めたので,ちょっと嬉しかったのだ。

作品の始めに,こうある。

「大義」が殊更物々しく持出される時人が大勢死ぬ。快挙とも義挙ともはた壮挙とも云われる義士の討入はまぎれもない惨事だと思う。ヒナコ

※ 太字強調は原文ママ(手書き文字)。

最後にも,大義悉くを滅すなんて引用しているあたり,世間の赤穂浪士贔屓を「なんかちがーう」と思って見てらしたんじゃないかと思われる。

ただ,日向子先生のぽわぽわふんわりのあの雰囲気からは,憤りとか感情的なキーッは読み取れず,最初と最後のその文以外は,もう淡々と,順に,誰が屋敷のどこでどう討たれたかの描写が続く(直接的に,口角泡を飛ばす勢いで主張されるよりも,こういうののほうがドキンとするんだけどね)。

先生の淡々に合わせて,自分も「さすが先生」とか「禿同」で,今の感情を表すのはやめようと思う。

地獄へ堕ちろミーハーども!

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

吸血鬼
須永朝彦の「就眠儀式」をようやく手に入れた。
※ 朝彦は,実際は表記が異なる。

ようやくというほど、入手の難しい本でもないのだ。まともな古書店を数件回れば,まあ手に入るんじゃないかという程度。値段だって,今回買ったのは2千円ちょい。

古書肆の棚で見つける,金がなくて諦める。
また見つける。金はあるが気が乗らない。

本との出会いはそうしたもので,懐具合と意欲,既に持っている荷物の重さ,それから,古書店の場合は店の雰囲気なんかに大分左右される。

今回は,既にクソ重い本を数冊買った後ではあったが,懐具合に問題はなく,駅は目の前,平成に入ってからの版ではあるが(最初の出版はもっと古いはず),比較的状態も良く,装丁も美しい。あまり居心地の良い店ではなかったのだが,巡り合わせに敬意を表し,最初に欲しいと思ってから十数年目にして,やっと手に入れたというわけだ。

まだ最初の作品しか読んでない。

……こりゃあえろいわ。

勃つの濡れるの,官能的だの卑猥だの,そういうことではない。うまく言葉に出来ないのだが,ええと。

病気してから性欲なんて枯れちまったんだが,肉体的な,あるいは精神的なそんなものは,どこかもう関係なくて,えろい。要らぬところが充血する代わりに,牙が生えそう。うひ。

たまにこういう本にアタルな。前は何だったかな。……そうそう,倉橋由美子の「よもつひらさか往還」。その前が,塚本邦雄(この方も,ほんとは表記が違う)の「十二神将変」。中井英夫の「薔薇への供物」(寄せ集めだが,最初の出会いがこの題名だったので,これで通す)。

須永さん以外,故人だなあ。好きな作家,どんどん亡くなっちゃって哀しいなあ……。

晩酌みたいに(酒もだめになった)ちびちび大事に読む本にしよう。こういう本を抱いていられる時期が一番幸せだなー。

テーマ:お気に入りの本 - ジャンル:本・雑誌

しばわんこ 続き
2巻と3巻買ってキター!ヽ(゚∀゚)ノ

ぐおおおおおおおおお!
お神輿に手の届いてないしばわんこモエス!

結局,1巻も再入荷してた。
歌の本と塗り絵とカルタは置いといて,あとは「佳き日」か。
4巻,5巻と続くのかな?

しばわん,みけにゃんと一緒に,さちこさんも近所に欲しい今日この頃……。

テーマ:お気に入りの本 - ジャンル:本・雑誌

しばわんこ 本とカレンダー
Amazonから届いたーーー!ヽ(゚∀゚)ノ

ぬおおおおおおお!しばわんこ可愛い!

最初の本だけ,いきつけの本屋になかったので,カレンダーと一緒に注文してたんだけど,かわういいいいいい!!

昨夕から飲んでる鎮痛剤のせいで壊れてます。
もうちょっと体調治ったら,2巻買いに行ってクル!

この勢いだと,ぬいぐるみが発売されたら買いそう。
いいんだ。車に置くのなら恥ずかしくない!ないったらない!

カレンダーは会社で使おうかなあ。
……周りドン引き?

テーマ:お気に入りの本 - ジャンル:本・雑誌

カルテ本
前回,見事にアッパー系で効いてくれたヤクが,昨夜からは何故かダウナー方面に働きやがる。眠いだの吐き気だのの副作用は変わらず。表情が作れない。心の働きは活発なのだが。

……あ,法律に触れるような薬じゃないから。

引きこもっていると,運動不足も加わってよろしくないので,リハビリとばかりに本屋までドライブ。4冊,約5千円お買い上げ。

歴代天皇のカルテ」 篠田達明・著(新潮新書)

あの天皇は痔,あの天皇は事故死,そして暗殺疑惑!?(いや有名だけど)まだこれから読むんだけどな。目次だけでわくわく。

昔からこのテの科学的解明(推理)本が好きで好きで。最初に嵌まったのが「偉大なる作曲家たちのカルテ―40人の作曲家のライフスタイル・病気・死因と作品との関連」。お定まりのモーツァルトの死因解析から始まって,様々な記録から,病歴や何かを洗い出すのだ。

モーツァルトの耳の形がヘンって書いてあったのは,この本だったかな?結構出てんだよね,作曲家の病気本。五島雄一郎・著。医学ジャーナル社からの出版(絶版らしい。自分は図書館で何度か借りた)

他は,漫画と,神社建築の本と,車谷長吉の短編小説集。車谷初体験でちょっと不安。パラ見ではかなりツボったんだけど。ファーストコンタクトは緊張するね。ヒトでも作品でも。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

横溝正史の生原稿
先週の話になるが,五千枚も発見されたそうですなあ。……発表出来るようなのは少なそうだけど。

この冬には市川御大による再映画化版「犬神家の一族」が公開されるとか。今回はお馴染み石坂金田一だけども,もう金田一俳優は二十人越えたかねえ。渥美清,西田敏行,古谷一行,鹿賀丈史,小野寺昭,中井貴一,片岡鶴太郎,役所広司あたりは見たけどな。

角川文庫の横溝正史,昔は100冊くらいあったんだけどねえ。近頃は,金田一モノの有名なやつばっかり20冊くらいかね。自分は古書店めぐりで99冊まで揃えた。実家に置いてあるんで,ちょくちょくは読めないんだけどな。日本三大探偵の中で,一番可愛いじゃん,金田一。いや,神津も明智も,多分殆ど読んでるけど。

ところで「金田一耕助」が商標登録されているのはご存知かね。読みがなで,キンダイチコースケとキンタイチコースケ。2件。権利者は,横溝孝子。正史夫人。濫用するバカたれが多かったものと思われる。

孫を詐称してるお前,お前もだよ!

つーかまあ「金田一少年の事件簿」も同じく登録されているわけで。商品区分ごとに11件。嫌いになるぞ講談社。

権利関係の話は生臭いやね。自分も来週,知財含んだ契約の話があるけど,やーな感じ。聞きたくない。暗黙の了解とか,社会通念とかの通用しない世界は嫌だねえー……。

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。