ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
2017年09月<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2017年11月
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上野城址(上野上村城址)
豊田市上郷町にある上野城址(または上野上村城址)。

道路から見える看板。

上野城址1(070328豊田市)


春先だというのに,植物に散々絡まれる石碑。

上野城址2(070328豊田市)

「徳川四天王 榊原康政生誕之地」とある。知識が無いので,ほうほうソウデスカとしか言えないのだが。

[参照] Wikipedia 榊原康政の項

豊田市教育委員会の案内看板があった。

上野城址3(070328豊田市)

上野城址(上野上村城址)

 応仁の頃(一四六七)伊勢貞親の被官であった戸田弾正左衛門宗光による築城と伝えられている。城の周囲には、自然地形を利用した堀が巡り、南西に本丸、北東に二の丸が配されている。
 宗光は文明七年(一四七五)に次男の家光を残して渥美郡大津に移り、田原城を築いて田原城主となった。その後家光も程なくして田原に移っている。
 明応二年(一四九三)上野城に在った阿部孫次郎は寺部の鈴木氏、挙母の中條氏、八草の那須氏、伊保の三宅氏等と連合して松平親忠と井田野(岡崎市)に戦い、破れて、松平氏に服属した。その後この城には松平内膳正信定と、その子清定が在城した。
 清定は天文十四年(一五四五)松平広忠と戦い、同十五年に降伏して桜井(安城市)に蟄居の身となり、代って、酒井将監忠尚が入城する。しかし、永禄六年(一五六三)三河一向一揆が起こると忠尚は一揆方に見方したため、隣松寺に本陣を敷いた家康によって攻められることになる。永禄八年、一揆が鎮まって忠尚は駿河に逃れ、上野城は落城した。落城後は家康により、上野七人衆と呼ばれる在藩衆が置かれた。

                   豊田市教育委員会


知ってる地名で戦国語られると燃えるな。とはいえやっぱり人名などには疎いので,Wikipediaに丸投げ。とりあえず。

[参照]
伊勢貞親
戸田弾正左衛門宗光

「次男の家光」とあるけども,宗光の次男じゃなくて戸田家の次男(つまり宗光の弟)ってことみたいだな,Wikipediaの記述に従うと。家光単独の項は無いので飛ばして,

田原城

田原城も,本丸跡に神社があるんだね(上野城址には,上郷護国神社城山稲荷社がある)。

・阿部孫次郎も城主のわりに項目が無いな。そもそも上野城の項が無いんだけどな。

松平親忠

松平親忠って二人居たんだなー。多分上のリンク先の方であってる。多分だけど。

・松平内膳正信定も項目なし。清康(家康の祖父)の叔父にあたる人のようだ。

・信定の子,清定も項目なし。清康のいとこか。

松平広忠

広忠は家康のお父さん。何か自分の中では影薄いな。家康方贔屓のせいか,たてついた形の信定-清定親子って悪く描かれている気がする。実際どういう人たちだったかは知らないけどね。

・酒井将監忠尚も城主なのに項目が無い。色々不明。

三河一向一揆

徳川家康の三大危機のうちの一つ,だって。ピンと来ないけど,凄い戦いだったんだろうね。

・上野七人衆って何だろう。なんか凄そうだ。

城の見取り図もあった。

上野城址4(070328豊田市)

「諸国古城の絵図」より
諸国古城の絵図は広島藩主七代浅野重[“口”の下に“成”]の時代〔宝暦十三年(一七六七)~寛正十一年(一七九九)〕に作製されたもので、藩士の方々によって集められ、作図者は不明との事です。元禄年間(一六八八~一七〇三)藩校修道館が設けられ、さらに天明二年(一七八二)に講学所が設置されており、それら藩校の軍学(山鹿流?)に用いられたものと考えられます。
                  (藩史事典による)


絵図のほうだけアップで(クリックで拡大)。
上野城址5(070328豊田市)


「上野城址 開墾記念……」

上野城址6(070328豊田市)

上郷護国神社が出来たのと,どっちが先かな。開墾→神社建立?

城のことも歴史のことも疎くてダメだな。戦乱の話になると特にダメで,人気の戦国時代も幕末も,関係ないけど三国志も全然わからないのだ。困った。

とりあえず以上。また何か判ったら追記するかもしれない。

・上野城址(上野上村城址)
【住所】愛知県豊田市上郷町藪間付近
【地図】いつもガイド
スポンサーサイト

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

亡霊供養塔と道標
豊田市配津町。渡刈桝塚線でも渡刈畝部線でもいいんだけど(両方とも市道?),配津町蔵前の交差点際にある。

写真右の「南無阿彌陀佛」が供養塔。
亡霊供養塔と道標1(070328豊田市)

町内の八幡神社の境内に,配津町の史跡マップがあって,“亡霊供養塔”なんて書いてあるから,痛む足を引き摺って行ってみたら,塔というには小さくて,膝の高さくらい。おまけに,ほんの三十分ほど前に通った(しかも信号待ちした)交差点。全然気付かなかった。

案内看板には,以下のように書いてあった。
その昔、この地の庄屋が公金を届けるため、御手洗堤を通った際、それを紛失してしまった。三日三晩探したが出てこなかったので、責任をとって入水した。そののち、火の玉亡霊となって毎夜この道を迷い続けたと言われている。

御手洗堤って,すぐ東の矢作川の堤防辺りかなあ。昔からよく決壊したところらしいので,川の場所は今とは違ったのかもしれない。

上の写真,供養塔でないほうは道標。「南 桝塚 矢作」と読める。

回ってみる。「西 配津 隣松寺」
亡霊供養塔と道標2(070328豊田市)


「北 渡刈 鴛鴨」。多分鴛鴨。読みにくくて。
亡霊供養塔と道標3(070328豊田市)

亡霊供養塔のほうに「念佛講中」とあるのが見える。

「東 中島 天神」。天神の後にもう一文字ある気もする。
亡霊供養塔と道標4(070328豊田市)

南東に岩津天神さんがあるが,そのことだろうか?

亡霊供養塔の側面。「文化……」と読める気がする。
亡霊供養塔と道標5(070328豊田市)

文化なら1804~1818年だ。約二百年前。

「配津の移り変わりをさぐる」という2003年に出た本(流通番号なし)を,本日図書館で見つけてきたのだが,それによると,
・庄屋さんの名は彦右衛門といい,入水したのは天明年間(1781~1788)
・上中島(隣村)の竹林院の浄覚法院という方により,千巻供養と墓石の建立が行われ,以後火の玉は出なくなった。
・供養塔の建立は文化元年五月(1804年)

何や竹林院って聞き覚えがあるなあと思ったら,永覚町の秋葉神社のところでも出てきたんだな。現存するのかとか,もう無いなら具体的にどこにあったのかとかは未だに判らない。

亡霊話だけれども,怖いというより悲しくなったなあ。

・亡霊供養塔と道標
【住所】愛知県豊田市配津町蔵前付近
【地図】いつもガイド

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

車塚古墳
豊田市永覚町。クルマヅカかクルマツカか。情報を探していたら,両方見つけちゃったので,どっちか不明。

上郷コミュニティーセンターの北にある。
車塚古墳1(070410豊田市)

クルマ停めて,北側へ抜けたら看板が見えた。

豊田市教育委員会の看板。ここでは「くるまづか」。
車塚古墳2(070410豊田市)

古い時代のことは勉強不足でピンと来ないのだが。裁頭型ってのは,頂上が平坦という説明だから,上部(頭)を水平に切り取った(裁断した)形ということだろう。市指定の史跡らしいな,ここ。

こんな感じに木が生い茂っております。
車塚古墳3(070410豊田市)

東方600mにあるという三味線塚古墳のほうが,名前的には気になる。今度はそちらへ行ってみようと思う。

・車塚古墳
【住所】愛知県豊田市永覚町車坂47-1
【地図】いつもガイド

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

豊田市郷土資料館
陣中町にある豊田市郷土資料館へ行ってきた。実は展示なんかどうでもよくて,本を買いに。

中まで入るのは2度目。外だけ通ったのが1回かな。
豊田市郷土資料館1(070228豊田市)


この建物が資料館。
豊田市郷土資料館2(070228豊田市)


庭園には,こういう道標がぽつぽつ。(元)本物だよね。
豊田市郷土資料館3(070228豊田市)


古墳も移築されてきている。
豊田市郷土資料館4(070228豊田市)


おおー。って毎回覗いてしまう。
豊田市郷土資料館5(070228豊田市)

移築のときって,石組みとかどうやって記録するんだろうね。記録と再現の過程を拝見したい。

樫尾第一号古墳だそうな。野見町からはるばる。
豊田市郷土資料館6(070228豊田市)

風の強い日のいいことは,空が綺麗なことだけだな。

じゃーん。鬼瓦。
豊田市郷土資料館7(070228豊田市)


同じく。さっきのと背中合わせで対。
豊田市郷土資料館8(070228豊田市)


挙母劇場の鬼瓦だそうだ。
豊田市郷土資料館9(070228豊田市)

挙母劇場ってどこにあったんだろう。ちょっと前の地図を見ると,コロモ劇場という映画館が駅前にあるけど,それの前身とか?

「猿投」。えー?これも挙母劇場の?
豊田市郷土資料館10(070228豊田市)


「役」。「水」だと火伏せだけれども「役」は何?
豊田市郷土資料館11(070228豊田市)

中で目当ての本「豊田市の石造文化財」をゲットしたあと,せっかくなので展示を見る。展示品は撮影禁止との事だが,ロビーのお雛様ならいいですよと言っていただいたので,そっちを。

内裏雛など珍しいものもあった。
豊田市郷土資料館12(070228豊田市)


一番気に入った御殿飾り。ピンボケてるけど。
豊田市郷土資料館13(070228豊田市)

右大臣も左大臣も逃亡中(?)だそうな。時代は書いてなかった。

外には梅も咲いてた。
豊田市郷土資料館14(070228豊田市)


満開。風ニモ負ケズ。
豊田市郷土資料館15(070228豊田市)

で,今ホクホクしながら買ってきた本を眺めているのだ。燈篭とか石仏とか,写真も所在地の地図も載ってる。順番に回ってみようかな。ああ楽しみ。

・豊田市郷土資料館
【住所】愛知県豊田市陣中町1-21
【地図】Google マップ

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

桂浜
出張で高知へ行った。飛行機で日帰り。
時間が空いたので,上司&同僚二人と桂浜へGo。

龍馬さん。
桂浜1(061120高知県)

でか!等身大だと思っていた……。

桂浜の松と白波。
桂浜2(061120高知県)

引きが強いので遊泳禁止とか。
確かに,ちょっと落ちただけでもうダメそう。

同じく。
桂浜3(061120高知県)


あっ,神社!
桂浜4(061120高知県)

行きたかったけど既に体力は限界近く&同行者はそんなもん興味なし。
前夜の不眠と当日の絶食でダメダメだったけど楽しかった。

大河ドラマの影響か,結構人が居ましたわ~。
次は宿泊つきでゆっくり行きたいもんだ。

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

稲荷塚古墳
古墳だといっても中を覗けないし敷地にも入れないし。

「稲荷塚」だそうな。
稲荷塚古墳1(061125豊田市)


こっちから見えるところ全体図。
稲荷塚古墳2(061125豊田市)

樹ばかりが目立つのであった。

豊田市教育委員会の看板によれば(刈谷はアレだったが豊田は大丈夫だろうな)

 墳丘は開墾により東,西,北の三方を大きく削り取られているため元の規模,形状は不明です。墳丘の断面には石室の一部が露出しており,その状況から内部主体は竪穴式石室ではないかと考えられています。
 出土遺物としては昭和三〇年頃,墳丘の西に接する畑から円筒埴輪片が発見されています。


だそうな。削られちゃってる上に出土品が円筒埴輪の破片だけ?時代が書いてないけど,円筒埴輪ってことはかなり古いのかな。

荒山古墳群といって,この辺りには小さいやつがぞろぞろあるというのだが,実際見たのは初めてだった。古墳巡りも楽しそうだな。規模と痕跡のショボさを楽しむツアーになりそうだけど^^。

・稲荷塚古墳
【所在地】愛知県豊田市下林町付近

テーマ:古墳 - ジャンル:学問・文化・芸術

安城市歴史博物館
昨日の目的は“日本最古級の横櫛”だったわけだが,同じ敷地内に博物館や公園があるなら見ていかなきゃというわけで,まずは安城市歴史博物館へ。車を停めて建物に入ったら,そこが歴博だったというだけなんだけど。

期間限定の企画展は無料で見られますけど~,だって。普通は常設展以外を有料にするんじゃないのかな。200円払って中へ。

企画展『本證寺の絵伝と八劔神社の絵馬』
知識が無いもんだから(凄さも判らない),特に期待もせずに入ってみた。源三位頼政の鵺退治を描いた絵馬!?何でこんな有名なモチーフがいきなり?

それから,東儀秀樹が舞台で着てるような衣装を着けた人の絵馬(舞楽だ。我ながら例えがなっとらん)。

メインは絵伝なのだな。善光寺がどうの。法然上人がどうの。今のところ興味が無いので,続く聖徳太子絵伝に見入る。一気に全部は展示できないらしくて,会期中に入れ替えをしたとのこと。部分だけど面白い。物部氏と戦ってるところ(例の四天王の話)だの,様々な奇跡の話だのが描かれてある。縦長の一枚がこうあると,右下から左上へと読み進めるそうな。

二階の常設展示のほうへ行ったら,聖徳太子絵伝を説いたビデオがあったので鑑賞。厩の前で生まれて,夫人と一日違いで亡くなり,葬られるまでが描かれているとのこと。ビデオのナレーションを聞きながら思ったこと。
(1)奇跡の部分の絵を画面に出しているのに言わないなあ。
 ・太子に黒駒(馬)が謙譲されたところ。
  その後富士山まで駆けたという奇跡のシーンを無言で映す。
 ・道端に飢えた人を見つけ,紫の衣を脱いで与えるところ
  与えたというところまでしか言わない。映さない。
  実はその飢えた人が云々,というエピソードが重要なのでは?
(2)何かやっぱ太子伝説には作為があるぞ。
 ・どのシーンとかうまく言えないが,何かを主張するために,
  わざわざ設定を作っているように思える。

太子信仰などの宗教や思想が絡むから控えている部分もあるんだろうか?色々考えて面白かった。

それから,イワユル『魏志倭人伝』に出てくるような,黥面文身の人の顔を彫り付けた土器なんかがメインで売りのようだった。色々出てるものだなあ。近場なのに知らなかった。

もしかして安城って,考古学的な意味でだけど,凄い場所かな?(畿内の人に言うと笑われるだろうが)博物館の企画力が凄いだけってことじゃないような気がするんだけど。

四半世紀前,小学校の遠足で来た安祥城は,ボロけてて蜘蛛の巣がはってて,ただ古いだけのところに見えた。歴史の授業も受けたし,郷土史の本も読んだけど,田舎のちっちゃいことだと思っていた。

こんな立派な博物館や公園が出来てるしね。小さな市だと思ってたけど,それなりにお金もあるのかなあ。また来てもいいなあ。お気に入りスポットに追加しとこう。

出掛けに受付のところで本とグッズを買った。『畏きものたち-東海地方のまじないと文化-』ちょーマニアック!こういうマイナーな出版物こそ侮れない。あと,踊る埴輪マスコット。東京の国立博物館のやつらしいが,トテモいい。他にも色々買ったら,受付の人がおおわらわになった。滅多に売れんのだな。

サテ,実は横櫛を見たのはこの後。更に続けて公園内をウロウロした時の内容は別記事にて。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。