ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動く西風先生
某所にて,テレビ出演中の西風先生の映像を拝見。
画質悪いけど,動いてる先生見たのは初めて。

うおおおおおおおおおおおおおおおお!
火鳥竜介の印象に近い!ものっそい近い!
横顔が特に!

うわー。
あの薀蓄から,失礼だけどもどんな山○弘やアリャマタコリャマタかとチョット思っていたのだが(博識で口が達者で容姿もいいってあんまりないじゃん),スマート!

ファン度が20%ほど上がりました(・∀・)

見たい方は某有名動画投稿サイトで。
但し,直接PNで探しても出ませぬ。
スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

落語が好き
テレビを持っていないという話をしただろうか。
……したなあネチネチと。[こちら]
まあ恥ずかしい。

で,ラジオを一日つけているわけだが,昔ながらの漫才や落語が,週に何回か流れる(今もやってるな)。聴き飛ばしているが,たまに引き込まれて笑う。

一昨日の夜(感覚としちゃ昨日の夜だが28日),久々に大笑いしたので,覚え書と,他色々。

ネタは「たらちね」。好きなネタBEST10に入る。自分は,人情や怪談でなく,バカ系が好きだ。

噺家は柳家喬太郎。枕で「キョンキョンと呼んでくれ」などと言っていた。Wikipediaによると新作落語が得意なようだが,古典もイケルのだな。

「たらちね」は,長屋住まいの男のところへ“言葉遣いが丁寧すぎるのがキズ”な女が嫁いでくるという話だが,笑いどころは

・女が来る前の男のはしゃぎっぷり(妄想入り)
・女の自己紹介に戸惑う男
・翌朝,女が男を起こすシーン
・女がネギを買い求めるのに売り子を呼ぶ言葉

である。好きが高じて殆ど覚えちまった。演じろというと勿論出来ないが。今回は,女が男を呼ぶときの「ああらわが君」と,ネギ売りを呼ぶときの「おのこやおのこ」にヤラレタ。大笑い。

独り暮らしで爆笑というのも想像すると寒いけど。

本で見ると,ただ「おのこ」じゃなくて,「賤のおのこ,おのこやおのこ」になってたりするんだが,時代物とはいえ,公共放送で「賤の」はマズかったんだろうか。言ってなかった。

落語といえば,随分前に見つけてブックマークしといたサイトに,落語検索エンジン「ご隠居」がある。出てくる単語であらすじ検索が出来て便利なのだ。

ここの文書変換が面白いので,最後に遊んで終わろうかな。

【標準語】 おはよう
  →【江戸っ子】 ようっ
  →【若旦那】 こんつは
  →【花魁】 起きなんし

さすが花魁。あはは。長い文章はなかなかうまく変換できないみたいだった。うんまあ,程々に楽しんでくんなまし。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

稲荷塚古墳
古墳だといっても中を覗けないし敷地にも入れないし。

「稲荷塚」だそうな。
稲荷塚古墳1(061125豊田市)


こっちから見えるところ全体図。
稲荷塚古墳2(061125豊田市)

樹ばかりが目立つのであった。

豊田市教育委員会の看板によれば(刈谷はアレだったが豊田は大丈夫だろうな)

 墳丘は開墾により東,西,北の三方を大きく削り取られているため元の規模,形状は不明です。墳丘の断面には石室の一部が露出しており,その状況から内部主体は竪穴式石室ではないかと考えられています。
 出土遺物としては昭和三〇年頃,墳丘の西に接する畑から円筒埴輪片が発見されています。


だそうな。削られちゃってる上に出土品が円筒埴輪の破片だけ?時代が書いてないけど,円筒埴輪ってことはかなり古いのかな。

荒山古墳群といって,この辺りには小さいやつがぞろぞろあるというのだが,実際見たのは初めてだった。古墳巡りも楽しそうだな。規模と痕跡のショボさを楽しむツアーになりそうだけど^^。

・稲荷塚古墳
【所在地】愛知県豊田市下林町付近

テーマ:古墳 - ジャンル:学問・文化・芸術

遊廓跡
日本文化なんてテーマに投稿すると叱られるかな。

歴史の中の遊女・被差別民-謎と真相」なんてムックを読んだものだから,また近場の歓楽街跡のことが気になって仕方がない。いや,場所も有無すらも知らないんだ。でも,そこそこの大きさの町にはかならずあったものでしょう。

上の本出してる出版社,ちょっとアレなんだけどさ。いつも三流資料としてしか買わない。図像の出典とかがもの凄く曖昧だから。今回のは面白かったけど。

豊田市の遊廓~って色々ぐぐったんだけど,なかなか出てこんね。愛知で有名なのは中村大門でしょ?その前は大須にあったんだっけ。大須はまだ名残があるっぽいよね。きちんと見て回ってないけど。

まあいいや。以前からたまに覗いていたまちBBSのスレッドにリンク貼っとこう。神社回るよりディープそうだから,ちゃんと調べなくちゃね。

東海地区の遊郭跡
★★★東海地方の赤線跡Ⅱ★★★
★★東海地方の赤線青線Ⅲ★★
★東海地方の遊廓跡を歩くⅣ★
★東海地方の遊廓跡を歩くⅤ★(現行スレッド)

よう続いとるねえ。ディープなファンが多いのかね。

本だと,木村聡先生の「赤線跡を歩く-消えゆく夢の街を訪ねて」も面白かった。

遊廓跡の建物や通りを見ていると,懐かしいような気がするのは何なのかね。古き良き時代の日本と言うには異質だと思うんだけど。今の歓楽街も知らずに語ってちゃダメかなー。おアソビの作法も知らないしな,自分。

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

メルヒェンなプラント
長興寺近辺を歩いていると,妙にメルヒェンな建物に遭遇。
壁だけ見てると,福祉か子ども系の施設に思えるのだが,明らかにプラントだし。

ぴーんく。
豊田市中部ポンプ場1(061125豊田市)

うーむ。

前へ回ってみた。
豊田市中部ポンプ場2(061125豊田市)

豊田市中部ポンプ場。ああ治水施設……。このセンスは何だろ。いつもの無駄遣いか豊田市。

場所はちょうど竜宮社の矢作川挟んで反対側あたり。

へーんなの。

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

竜宮社
堤防沿いの道路は,みんな凄い勢いでクルマを飛ばすのだ。横切るのは可能でも,沿って歩くのは命取り。

何とか道を渡って,堤防を降りる。

鳥居と川面が見えた。
竜宮社1(061125豊田市)

なんか綺麗だったので撮ったけど,水の色をちゃんと写すのは難しいみたい。

鳥居から社殿。
竜宮社2(061125豊田市)

すぐ後ろが水路でね。これ以上下がれなくって,鳥居の全体像を正面から撮るのはムリだった。

社殿。
竜宮社3(061125豊田市)

ちぃーっちゃいお社が覆い屋で守られてる感じ。

社殿の後ろに木が一本,どーん。
竜宮社4(061125豊田市)


鳥居のすぐ外は水門なのだった。
竜宮社5(061125豊田市)

水の神様だから丁度いいかな?

入り口の竜宮社縁起(石碑だ)によると,祭神は八大竜王。創建は鎌倉時代末期か?矢作川のこのへんは,“深淵をなし舟行の難所だった”そうだ(深淵と聞くと,いあいあ!な自分である)。

八大竜王ってもろに仏教系なんだが,さすが習合時代?

“徳川時代になってから農業の盛んになるにつれて,根川六箇村の雨乞いの神さまとして崇敬され「おはつさく」(陰暦八月一日)には根川各村の若衆が拝殿で鼓楽を奉納し,祭旗が参道に連立して非常に賑わったという。”……って拝殿て本殿・拝殿なんて区別のあるような大きな社殿なんかなくなってるし,旗が連立するような長い参道も,もうないし。

「おはつさく」ってあれだ。八朔。みかんじゃないよ。てかみかんのあれもネーミングの由来は一緒だけど。

「膳貸しの話」ってのも題名だけ出てくるが「当地方の有名な伝説」?食器を貸してくれる淵だかがあって,みんな重宝してたのに馬鹿が返さず二度と貸してもらえなくなるっつーよくある話かな?

この縁起,書いたのが長興寺の住職さん。長興寺の管理下なのかなあ。賑わってた頃は,もっと境内も社殿も大きかったんだろうね。古地図漁ったら出てくるかな?

もうちょっとお参りしやすいと嬉しいな。ちょっとクルマが危なくてね。まず人がうろつかない場所だもんで,ドライバーも油断するし。

・竜宮社
【住所】愛知県豊田市長興寺

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

西三河って
西三河ってどこからどこまで?

……今更ではあるが,自分の中で,地図出されたって迷うところが多かったものだから,色塗ってみた。

赤系が西三河。青系が東三河。白いのが尾張。
三河

へー。結構きっちり分かれてるんだ。

地域分けの参考にしたのは,愛知県のホームページ,リンク集(県内の市町村)。いちいち許可が要るのでリンクははらない。

地図作成は Map of Japan Ver.1.3。ウェブ上で白地図を作れるので非常に便利である。

自分の覚えのために,市町村別(付・平成の大合併以前の市町村名)で列記しておく。

【西三河】
 ・岡崎市 [岡崎市+額田郡額田町]
 ・碧南市
 ・刈谷市
 ・豊田市 [豊田市+西加茂郡小原村+西加茂郡藤岡町
     +東加茂郡全域(旭町,足助町,稲武町,下山村)]
 ・安城市
 ・西尾市
 ・知立市
 ・高浜市
 ・幡豆郡(一色町,吉良町,幡豆町)
 ・額田郡(幸田町)
 ・西加茂郡(三好町)

額田も西加茂も,1町だけになってしまった。まあ儲けてるからなあ。いずれ市になるんだろうか。東加茂郡の名称が消滅。東西の片一方だけ残ると,変だよね。

【東三河】
 ・豊橋市
 ・豊川市 [豊川市+宝飯郡一宮町]
 ・蒲郡市
 ・新城市 [新城市+南設楽郡全域(鳳来町,作手村)]
 ・田原市 [田原市+渥美郡渥美町]
  ※上より前に渥美郡田原町と赤羽根町が合併,田原市成立。
 ・北設楽郡(設楽町,東栄町,豊根村)
  ※北設楽郡富山村が豊根村に吸収合併された。
  ※上より前に北設楽郡津具村が設楽町に吸収合併。

 ・宝飯郡(音羽町,小坂井町,御津町)

南設楽郡消滅。ここも南北の北だけが残った。自分としては,富山村の消滅が哀しい。島なんかを除けば,日本で一番小さい村だったんよ。人口200人くらいの。渥美町が折れて,旧渥美郡はまとめて田原市へ。宝飯郡は一宮町だけが豊川市へ。ん?何でだ?

豊田市の合併前,旧豊田市以外の町長,村長の話を聴く機会があったけど,色ーんなことが複雑に絡むみたいだねえ。もちろん,みんな揃ってる前でブッチャケタ話をしてくれるはずはなく,言葉の端々や表情から慮るわけだが。

あんまり変にくっつくとさ,史料から地名を追うのが大変になるからヤメテっていうのが自分の超わがままな感想。豊田市なんか,加茂と碧海と設楽と岐阜県恵那郡が混じっててワケわかんねえよ。

まあでも生活する上で,なるべく平等に,税金の無駄遣い無く行けるんだったら,再編もありかなと考えている。日本全体でだぞ?とられるだけとられて,大した見返りもない(感じられない)のはもうイヤダ。
 

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

神社巡り覚え書(11/25)
病院の予約時間に間に合うギリギリに起きて,心臓がバクバク云うので食事もせずに出発。診察というか問診はまあよし,会計で30分待ち,薬の処方で20分待つ。間に道路地図を穴の開くほど眺め,印をつけていた。

病院て比較的,その辺の道路上でなんかより,多少奇異でも注目すらされない空間であると思うのだが,そんな自分は珍奇なものだったらしいよ。差別的な視線でなかったのは幸い。

車で某DIY系チェーン店まで行き,地図をコピー(冊子持って歩くと重いじゃん),失礼ながら駐車させていただいたまま,ほてほて歩いて3社回ってきた。

勝手神社(豊田市金谷町)
 もう一つ同名のところがあるのは知ってたのだが,それが金谷町の隣の下林町だと帰宅後に知ってちょっと凹む。いいよ。また行くから。

八柱神社(豊田市長興寺)
 八柱神社って,愛知県神社庁のリストで見ると,旧豊田市内だけで18社あるのね。八柱社ってのも一つある。人気?全国的にこんなもん?

竜宮社(豊田市長興寺)
 名前からして仏教くさ!な神社。でも面白かった。

車に戻って,てきとーにドライブして帰ってきた。梅坪神社の前も通ってみたけど,ありゃだめだ。車停めらんない。上のマルKに停めさせてもらうかなあ。

通りすがりの長興寺さん。それなりの紅葉が覗けた。
長興寺(061125豊田市)

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

お祓い
体調悪ーい。
動悸と腹痛で早引けしてまった。

なのに,まだ明るいから神社へ寄れるなとか考えてしまう自分。
眠気に負けてやめたけどー。

明日は定期通院の日なので,出掛けたらそのまま神社回りたいなあ。体調戻るといいなあ。

お祓いいいー!!
お祓い

AsciiArtHeadline あのAAきぼんぬDBさんとこが,画像出力可能になってたのでw
AA職人さんて凄いなあ。

テーマ:(´゚Д゚`) - ジャンル:日記

西風隆介先生を勝手に応援する。
西風隆介先生勝手に応援者

いやね。応援団にしようかとも思ったんだけど,発起人が自分独りなもんで…… orz
ああいや,それは先生の人気がどうじゃなく,単に自分に友達が少ないということであるだけで orz
(既存のファンクラブがあるなら入れてクダサイ)

ニシカゼって読むなヨ!ナライだ!ナライ・リュウスケ!

イチオシ。神の系譜シリーズ。今のところ,番外入れて8冊出てる。

1.神の系譜1 竜の封印
2.神の系譜2 真なる豹
3.神の系譜 幽霊の国
4.神の系譜 幽霊の国・解
5.神の系譜 竜の時間 亡国
6.神の系譜 竜の時間 神国
7.神の系譜 特別編 竜の秘密
8.神の系譜 竜の源 高句麗


……以下続刊,と。順に読まないとダメです。

アラスジなんてものは嫌いだから書かない。まあでも内容としては,脳の認知,心理の仕組みを解き明かし(いや,既に知っていたこととして語り),オモテの内容としては寺社中心に歴史の謎解き(ウラまで説いちゃうんだが),犯罪も絡み,カルトも絡む。

快感。脳みそが快感。アドレナリンが噴出とかそーゆーことではなく,今まで考えもしなかった(だからカユイところですらない)までマサグラレル快感。自分の場合,以前はこれがK極N彦だったのだが,西風先生が出てこられたのでコロんだの。まだ読んでるけど。

んでまた,自分がここんとこ神社にハマってるものだから,教科書化もしつつある。まだそういう意味では読解できてないのだが。上っ面読んで,へぇ~ってだけじゃ,理解とは言わんでしょ?

うふ。つい最近8冊目が出て,もー嬉しいの。2年くらい待ってたような?で,読み終わったら,続きー,続きマダー?状態。

興味を持たれた方,勿論Amazonで買えまふ。(アフィリエイトはやってないからお気軽にクリック!)
※ くれぐれも,出た順にお読みになるよーに。

とにかく!応援してます!次作,何年でも待ちます,西風先生!

天命のタブレットってゼフィロスの続き?
……シマタ。病気しとる間に……

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

ショーウィンドウの猫
呼ばれた。めっさ呼ばれた。

ショーウィンドウ猫(061105豊田市)

ガラスに貼り付いて外見てる子もだけど,奥で何かにじゃれて踊ってるみたいなやつw

やぁ。店開いてないみたいだったんで,ガラス越しに覗いただけだけど,手前の子の足元に,7万円のタグがあったよ。

いいなあ……。

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

日吉神社〔2〕
後半。前半の記事はこちら

拝殿の木鼻などについて記すが,位置をうまく書ける自信が無いので,既出の画像に番号つけてみた。

こんな感じの場所と順で……。
日吉神社13(060930豊田市)

サムネイルだと見えないかな。

(1)阿の狛さんの真後ろのあたりの木鼻。
日吉神社14(060930豊田市)

こっち向いてるのが獅子鼻。多分。獅子かあ?って顔だけど。前歯が見えるから阿形でいいと思う。

右のほう向いてるのが獏鼻。象鼻だと思ってたんだけど,眉毛が大豪院邪鬼風で,頬の辺りが巻き毛でしょう。目がまん丸だし。こういうのは獏なんだって。

いいサイトがあったのだ。象鼻と獏鼻なんざ区別つかんわあ!(だって両方とも写実じゃなく想像図。鼻が長くて牙あるやんか)とキレかけていたところ,神のような説明文を発見。祭り屋台などを作ってらっしゃる小池工務店様。

[参照] 大工用語集(下)の獏の項。

素晴らしい。眉毛がはっきりしなくて目がニヤケてるのが象さんであると……。

(2)上の木鼻の奥(本殿寄り)の獅子鼻。
日吉神社15(060930豊田市)

こちらは牙がない。よく見えなかったんだけど,口も閉じてる?
真下に鴟尾?の鯱?ってか何故外側の端に付けぬ?この瓦は,拝殿の後ろ辺りから本殿までを囲う塀のもの。

(3)吽の狛さんの真後ろあたりの木鼻。
日吉神社16(060930豊田市)

こっち向いた(多分)獅子鼻と左向いた獏鼻。こっちの獅子は吽形かな……。獏の口はちゃんと見てこんやった。シマッタ。

(4)上の木鼻の奥の獅子鼻。
日吉神社17(060930豊田市)

肉眼でもよく見えなかったし,写真もピンボケで……。牙はなさそう?でも阿だか吽だか。

獅子の肉球(?)。これは(3)の獅子鼻。
日吉神社18(060930豊田市)


(5)塀の端っこの鴟尾?で鯱?
日吉神社19(060930豊田市)

こっちはちゃんと外側なのに。左右対称にしないのにはワケが?なんか気持ち悪い。

境内にあった石碑。
日吉神社20(060930豊田市)


秋葉社跡。秋の字がお馴染みの左右ひっくり返し状態。
日吉神社21(060930豊田市)

境内の別の位置に秋葉社があるのだが,それが元々ここにあったという意味か?

御祭神増加記念。
日吉神社22(060930豊田市)

この“増加”は由緒書きにあった,元々の御祭神二柱が明細から抜けてたので増加を願い出た,というあの時の増加だろうか。

えーと。境内社。
日吉神社23(060930豊田市)


秋葉社だそうで。
日吉神社24(060930豊田市)

この注連縄の付け方ってどうなの……。

秋葉社の社殿。
日吉神社25(060930豊田市)

この注連縄は好きかも。

ところで,ご祭神の件。由緒書きにあった,重原での創建当時の「八幡大菩薩」と「牛頭天王」のことね。これはもしかして仏教風表記?創建が1679年ということは,イワユル神仏分離令からはものっそい昔なわけで,寺も神社もごちゃ混ぜでしょう,きっと。

で,移転は明治に入ってから(明治二十七年九月),もしかして存続のために大山咋命を勧請して,名前も変えて凌いだのかな?廃仏毀釈の動きがどの辺まで,いつごろまであったのかとか全然わかんないけど。

勉強不足が響くなあ。文章で読んでも,感覚的に掴めないんだよね,こういう動きのことって。ぶっちゃけて感情も利権も含めた説明が欲しい。他人に頼ってちゃーダメかな。

・日吉神社(日吉社)
【住所】愛知県豊田市広美町中之切11

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

日吉神社〔1〕
出かけるとつい,周辺の神社を探してしまう。
とはいえ歩き回って探すのは体力的に辛いため,ナビの画面で。

おお。
日吉神社1(060930豊田市)

こりゃまたいい感じな。

赤い鳥居。額には「日吉社」。
日吉神社2(060930豊田市)


由緒書き。こういう木のもいいな。
日吉神社3(060930豊田市)

以下抜粋。

祭神 大山咋命
祭神 應神天皇
祭神 素盞鳴命
祭神 軻具土命

延宝七年九月十三日 創立
勧請御靈代二
奉八幡大菩薩修護 延宝七年未九月十五日
奉牛頭天王修護  延宝七年未九月十五日トアリ

創立当時 碧海郡重原ノ荘長瀬廣畔新郷字宮畔
三番地ニ八幡大神 素盞鳴命ノ御二柱ノ神ヲ奉
祀スル氏神社ニシテ八幡宮と称シ奉ル


創建は,延宝七年だから1679年。干支は己未。
最初あった碧海郡重原ノ荘長瀬廣畔新郷字宮畔というのは,今の刈谷市重原本町か下重原町あたりだろうか。

ご祭神だが,ここは八幡大菩薩=應神天皇,牛頭天王=素盞鳴命で完全にOKなのか(表記が異なる以上,場合によってはイコールで結べないものであると自分は考えているが)。

これに続き,格付けと移転,勧請・合祀,改称などの変遷が順に書かれている。

現在地に移転したのが「明治二十七年九月」。同じ頃大山咋命を勧請し「社号ヲ日吉社ト改称ス」。「大正二年三月十七日」に「上郷村大字広畔新郷字高根二番」に座しておられた「軻具土命ヲ同社に合祀ス」。

あとから勧請した神様が筆頭に来て名称も変わるのかあ。上郷村~は今のどこだろう。豊田市なのは間違いないな。ん?この神社のあるところの住所が豊田市広美町中之切なんだけど,同じ町内に高根って字があるなあ。そういやここも旧上郷村内だし?(以下,未調査)

この後,延宝七年に勧請したニ神が明細帳から漏れてたので増加を願い出た,なんて書いてあってちょっと笑った。以上,昭和四十三年四月に書かれた由緒書き。

鳥居から社殿方面。
日吉神社4(060930豊田市)

この構図が好きなので,何枚も撮ってしまう。

参道から境内。
日吉神社5(060930豊田市)

参道の桜並木,春先は綺麗だろうなあ。

狛さんと拝殿。
日吉神社6(060930豊田市)

ここの狛犬さんたち,ちょっと今まで見てきた子たちとは,お顔が違いますよう。

阿の狛さん。
日吉神社7(060930豊田市)


吽の狛さん。
日吉神社8(060930豊田市)

ひげのオヤジさんみたいで可愛いw

阿の狛さん,足元を鉄枠で補修されていた。吽の狛さんは無事。
日吉神社9(060930豊田市)

大正二年三月奉納。吽の狛さんの裏に,日付や寄附人名の他に「渥美郡二川町」とあった。二川は今の豊橋市だけど,そこの人がわざわざ奉納?それとも,狛犬さんだけお引越しってこともあるのかな。

拝殿
日吉神社10(060930豊田市)


扁額。日吉神社。虫の気配が……。
日吉神社11(060930豊田市)


裏へ回って本殿。
日吉神社12(060930豊田市)


日吉神社だから,神猿の像でもあるかと思えば見当たらず。社殿の飾りと境内社などについては別の記事に書くが,猿の気配はないっぽい。んー?

・日吉神社(日吉社)
【住所】愛知県豊田市広美町中之切11

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

雷キタwwヘ√レvv~(゚Д゚ )─wwヘ√レvv~─ !!
って,あれ?もうおさまっちゃった?

今日は飛行機で出張なんだからヤメテクレ!と言いたかった。
飛行機って雷の影響受けないっけ?クルマなら,中に居て金属部に触れてなければ平気だよ,とは教えられたんだけど。

そーいえば,飛行中に落雷にあったとか言ってた上司が居たような……?

体調悪くなりませんように。(-∧-;) ナムナム

テーマ:お天気 - ジャンル:ニュース

ゑひもせす
杉浦日向子の「ゑひもせす

二つ枕」とかNHKの「お江戸でござる」とか好きで(あの頃のえなり君をかえせ),同じくアレを見ていたうちの母も,ヒナちゃんと愛称で呼ぶくらい好きで,亡くなったと知った時は悲しかった。

どれを読んでも,女心と江戸の粋と薀蓄がみっしりのヒナちゃん漫画だが,「ゑひもせす」には,ちょっと違う作品が入っているのだ。

「本朝大義考 吉良供養」

吉良上野介邸への赤穂浪士討ち入り当夜の様子を,吉良邸見取り図,死に様など一人一人,時間軸に沿って克明に描かれている。スポットを当てられているのは浪士隊ではない。討たれた吉良邸の人々である。

ところで,吉良上野介と言うくらいで(いや言わんでもいいけど),彼の領地は吉良である(出身は江戸)。愛知県幡豆郡吉良町。小学校の頃ァ,遠足で潮干狩りに行ったもんですよ。

地元だからかどうかはわからないが,自分は忠臣蔵が大嫌いである。結局全員切腹ぅ?知らんがな。それだけのことをしたんだろうがよ。

日向子先生が,どちらかというと,自分に近いスタンスでこの漫画を描いたんじゃないかなあと読めたので,ちょっと嬉しかったのだ。

作品の始めに,こうある。

「大義」が殊更物々しく持出される時人が大勢死ぬ。快挙とも義挙ともはた壮挙とも云われる義士の討入はまぎれもない惨事だと思う。ヒナコ

※ 太字強調は原文ママ(手書き文字)。

最後にも,大義悉くを滅すなんて引用しているあたり,世間の赤穂浪士贔屓を「なんかちがーう」と思って見てらしたんじゃないかと思われる。

ただ,日向子先生のぽわぽわふんわりのあの雰囲気からは,憤りとか感情的なキーッは読み取れず,最初と最後のその文以外は,もう淡々と,順に,誰が屋敷のどこでどう討たれたかの描写が続く(直接的に,口角泡を飛ばす勢いで主張されるよりも,こういうののほうがドキンとするんだけどね)。

先生の淡々に合わせて,自分も「さすが先生」とか「禿同」で,今の感情を表すのはやめようと思う。

地獄へ堕ちろミーハーども!

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

運転中に聴く音楽
とりあえず,HDDナビん中突っ込んで記憶させたCDの9割はクラシック。一部ジャズ。一部シャンソン。一部変形クラシック。

最初に入れたのが,所属していたアマオケで,当時の定演の演目だったプロコフィエフ。ロメジュリ,古典,キージェと入ってるんだけど,特にロメジュリはドライブには向かないと思うね!そのうち消そうと思いながら,何年も経ってしまった。

通常時,好きなのはバロックからロマン派あたり。ここ100年くらいの音楽は,前衛過ぎてついていけないので。ただ,眠気が多少あるときのドライブには,バロックとか教会音楽はダメだ。

ジャズとシャンソンは,なんとなく違ったなという印象。両方とも詳しくないので,有名どころをあつめたアンソロジーで聴きやすいんだけど,やっぱ薄暗いバーで酒飲む印象になるので,最近はスキップしちゃって聴いてない。

普段結構好きだから入れるんだけど,運転中は意識が違うのかな。そういや,普段はオールマイティなのに,ドライブ中はユーロビートしか聴かないというレガシィ乗りの友人も居たな。

変形クラシックが何かというと,クライズラー&カンパニー。好きだったんだよね。今は半分くらいどうでもいい。ハカセ君の凄いのは,自己顕示欲を満足させ,そのための技巧は惜しまず,しかしストレス溜めずにフルボウイングで弾ける曲ばっかに仕立ててること。完全オリジナルの昨今は,技巧なんかとっぱらって,綺麗に弾きやすい自己陶酔曲ばっかじゃん。なので今は,半分好き。半分嫌い。一部スキップしちゃう。

ピアノ曲は神経に障ることが多いので入れてない。吹奏楽は元々そんなに好きじゃない。疲れてるときにドヤされる気分になるから……。

反面,いつ聴いても嬉しくなるのが,メンデルスゾーン。夏の夜もフィンガルもイタリアもスコッチも,みんないい。シューベルトはグレート。初オケ参加のとき初シンフォニーがグレートだったので,思い入れも強いの。別格で第九。バロックだけど,バッハのブランデンブルグ。

そういや,バロック風弦楽四重奏でビートルズとかも入ってたな。クラシックいいとこ数珠繋ぎの Hooked on Classics とか。気分転換に大変よろしいです,ハイ。

お葬式で弾いたから,もう聴けないっていう曲もあったな……。あんなに泣いたのも,お葬式で楽器弾いたのも初めてだった。忘れてないからね,Mさん。

今欲しいのは,シベリウスのカレリアとフィンランディアかなあ。

もうオケに所属してないんだけど,旋律を追える曲がかかると,ハンドル上で指動かしちゃったりする。戻りたいけど,気力も体力も持たんのだ。せめて自己練習でもしておかないと,もう弾けなくなっちゃうんだろうな……。それはちょっと,嫌だ。

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

履修漏れ
母校が履修漏れ発覚。
しかも立ち入り後ということは,自己申告してなかったということ。

自分が居る頃から大分腐れていたが,ここまで落ちたか。
○大合格日本一とか何とかばっかり言ってんじゃないよ,全く。

「決まりに問題がある」ってのは犯罪者が言う科白じゃない。
必死で守ってきた人だから言えることだ。

子どもたちがこれを習わなかったから将来が,などとは言わない。
姑息な手段を取っていたこと,ばれるまで黙っていたことに怒りを感じた。

もう,数字ばかりで誇りは無いんだね。
精神論は大嫌いだけど,これは常識のラインを下回る。
哀しい。

テーマ:必修科目問題 - ジャンル:ニュース

秋葉神社
洲原神社のすぐ脇にあった神社。
洲原神社の記事はこちら。〔1〕 〔2〕

【20070729】 万燈祭の関係で検索してこられる方が多いですが,その秋葉神社はここじゃありません。「刈谷市銀座」の秋葉神社です。

洲原神社の鳥居の横にこんな表示。
秋葉神社1(061007刈谷市)

正一位とあっては,行かずばなるまいぞ。

ちょっと不安になる道。
秋葉神社2(061007刈谷市)

どこへ連れて行かれるのかと……。

社殿。
秋葉神社3(061007刈谷市)

おおー。

こんだけだった。場所的には,洲原神社の鳥居へ登ってく階段の中途で,ちょいと脇へ入ったところなんだな。

これも境内社みたいなもんだった?別物?
手持ちのリストにはどれも載ってなくて色々不明。

正一位って,総本山の秋葉様がそうだよってことかなあ。
枕詞化してるんだろーか。

【20070729】神階は神社ではなく神様につけられるものなので,どこへお祀りされてようが,秋葉様は正一位だそうです。

あら。アキバじゃなくてアキハなのか?
[参考] 秋葉山本宮秋葉神社ウェブサイト

落語なんかだと,アキバサマって言ってた気が。
牛ほめ」とか。違ったかなあ。
(上方版は愛宕山なので参考になりません)

・秋葉神社
【住所】愛知県刈谷市井ヶ谷町

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

一年
診断書が出てから1年経った。
……発病は多分,子どもの頃だ。

調子よくない。季節的なものもあるのかな。
またここのところ,欠勤日数が増えている。

潮時か。退職するべきなのか。
もう少し,ぶら下がっていていいものか。

症状は結構変動する。悪いことに変わりは無いんだけど。
元気を装える時間が短くなってきてる気がするなあ。

発病が,思っている通り子どもの頃なら,今まで営んできた社会生活の殆どが,装った自分によるものになるわけで,多かれ少なかれ,誰でもそういうところはあるとは思うのだけれど,何だ,虚構か,今の周囲の状況は。

何も愛さないわけではないし,全てが面白くないわけではない。事実,ブログの記事を書くのも神社へ行くのも楽しいし,仕事だって……?

昨日ぐらいから,今までには無かった傾向が出始めている。
客観視していると,とても興味深い。

そういえば,自発的に創作文を書き始めたのが,その頃だ。自己の客観視を始めたのもその頃。白昼夢のような逃避を憶えたのもその頃。今はもう,出来ないんだけど。

文章を書くのは,セラピーになるんだってね。いつの間にか,自分の,自分でも気づいていない内面のことを書いていたりね。

辛い。今日も休めるだろうか。
こうして,キーだけは,比較的軽やかに打てるのだけれど。

こんな内因性のものでなくて,外的要因で死にたい。

随分前に書いた小説の主人公と同じことを思い始めていて,密かにおかしい。結局彼らは自分の分身なのだ。世の人が読んだら,つまらない話なのだろう。しかし,自分のために書いている。多分,一生止まらない。

テーマ:なんとか生きてます - ジャンル:日記

洲原神社〔2〕
後半。前半の記事はこちら

にゃんこ。転がっとる。
洲原神社17(061007刈谷市)

すり寄ってきたり,何度も鳴いてゴハンをねだったりする様子は無い。おなか見せて,敵意がないことを表現して,控えめに,何かもらえないかなあと言ってる気がした。

ごめんね。人が食べられるものすら持ってなくて。

扁額。
洲原神社18(061007刈谷市)


こちらの神紋は丸に五三の桐。
洲原神社19(061007刈谷市)


拝殿の屋根のウラ。繁垂木。
洲原神社20(061007刈谷市)

どうも毎回シイタケを想像してしまう自分は罰アタリ。

その下には,まだにゃんこが控えている。
洲原神社21(061007刈谷市)


幣殿?
洲原神社22(061007刈谷市)


塀が綺麗なので撮ってみた。建物は多分,本殿。
洲原神社23(061007刈谷市)


樹でよく見えなかったので,反対側から本殿。
洲原神社24(061007刈谷市)


境内社。
洲原神社25(061007刈谷市)

写真左から,山神社,神明社,津島社。

にゃんこがついてきてた。
洲原神社26(061007刈谷市)


御神木。Y字のじゃなく,手前の細いやつね。
洲原神社27(061007刈谷市)


境内にあった殉國戦士之碑。
洲原神社28(061007刈谷市)


同じく誠忠碑。
洲原神社29(061007刈谷市)


近頃「碧海郡社寫眞帖」愛知縣碧海郡職會(昭和十四年発行)と,昭和六十三年復刻版の「西加茂郡誌」西加茂郡教育會編(大正十五年発行)を入手した。前者はちょっと,レアっぽい。

「寫眞帖」に洲原神社も載っている。富士松村大字井ヶ谷字洲原鎮座。御祭神は,表記の違い・間違いは置くとして,前半の記事の神社側の看板の通り。神社明細帳準拠だそうだ。

狛犬,灯篭,拝殿は現在と変わらず。紀元二千六百年のアレはまだ無く,狛さんの周囲の桜も見当たらない。境内はガランとした印象だ。

拝殿の扉が開け放たれて,中に賽銭箱らしきものが見える。神職が常駐していたということか,不敬な輩が少ない時代だったということか。それとも,撮影用に開けたのかな?

いい本手に入れたなあ。この辺の神社の本クダサイつったら探してくださったY書店さんに感謝しなきゃ。また参りまするぅ。

スキャナ買ったら,控えめにアップさせていただこうかな。ほんと,一見の価値あり。

・洲原神社
【住所】愛知県刈谷市井ヶ谷町

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

吸血鬼
須永朝彦の「就眠儀式」をようやく手に入れた。
※ 朝彦は,実際は表記が異なる。

ようやくというほど、入手の難しい本でもないのだ。まともな古書店を数件回れば,まあ手に入るんじゃないかという程度。値段だって,今回買ったのは2千円ちょい。

古書肆の棚で見つける,金がなくて諦める。
また見つける。金はあるが気が乗らない。

本との出会いはそうしたもので,懐具合と意欲,既に持っている荷物の重さ,それから,古書店の場合は店の雰囲気なんかに大分左右される。

今回は,既にクソ重い本を数冊買った後ではあったが,懐具合に問題はなく,駅は目の前,平成に入ってからの版ではあるが(最初の出版はもっと古いはず),比較的状態も良く,装丁も美しい。あまり居心地の良い店ではなかったのだが,巡り合わせに敬意を表し,最初に欲しいと思ってから十数年目にして,やっと手に入れたというわけだ。

まだ最初の作品しか読んでない。

……こりゃあえろいわ。

勃つの濡れるの,官能的だの卑猥だの,そういうことではない。うまく言葉に出来ないのだが,ええと。

病気してから性欲なんて枯れちまったんだが,肉体的な,あるいは精神的なそんなものは,どこかもう関係なくて,えろい。要らぬところが充血する代わりに,牙が生えそう。うひ。

たまにこういう本にアタルな。前は何だったかな。……そうそう,倉橋由美子の「よもつひらさか往還」。その前が,塚本邦雄(この方も,ほんとは表記が違う)の「十二神将変」。中井英夫の「薔薇への供物」(寄せ集めだが,最初の出会いがこの題名だったので,これで通す)。

須永さん以外,故人だなあ。好きな作家,どんどん亡くなっちゃって哀しいなあ……。

晩酌みたいに(酒もだめになった)ちびちび大事に読む本にしよう。こういう本を抱いていられる時期が一番幸せだなー。

テーマ:お気に入りの本 - ジャンル:本・雑誌

洲原神社〔1〕
今回も,最初から前後編。

洲原公園の中を通って,神社を探した。案内板には載ってるのだが,歩いてるうちに,歩道の舗装が突然途切れて不安に。

参道発見。道あってた。
洲原神社1(061007刈谷市)

でもこの道,思いっきり社殿の脇から境内へ出ちゃって。
仕切りなおし。

本当のオモテはこっち。
洲原神社2(061007刈谷市)

ほんとはこの写真,帰りに撮ったんだけどね。

階段を上っていくと,鳥居。
洲原神社3(061007刈谷市)


鳥居から境内。
洲原神社4(061007刈谷市)


鳥居の左にベカラズ集。刈谷の神社はこれがデフォ?
洲原神社5(061007刈谷市)


水盤。
洲原神社6(061007刈谷市)

いや味のある形だけど。きっと中の水も味があったぞ。怖くて手が洗えない。

お馴染み(?)。刈谷市教育委員会の説明書き。
洲原神社7(061007刈谷市)


ツッコミ所満載。
洲原神社8(061007刈谷市)

姪子命ひるこのみこと
姪って何よ。「蛭子」じゃないの?

大日孁貴命おおひるめのみこと
その前の大己貴命おおなむちのみことってルビ振ってんだから,こっちも「おおひるめむち」か「おおひるめのむち」にするべきなんじゃないの?

軻遇突智命かぐつちのみことめのみこと
……誤植だろ。おおひるめのみことの後半が変に残ってる?

ちょっとさァ,教育委員会さァと思いながら,今度は神社側が用意した看板を眺める。

洲原神社御由緒
洲原神社9(061007刈谷市)

あの,ここは笑うところですか?

神社側がご祭神の筆頭に挙げてる菊理比命,なんで教育委員会は無視してんの?それから,咥子命って,くわえてどうすんのアンタ!ちなみにこちらでは大日孁命になっとる。これなら,おおひるめのみことでいいわな。

どれもこれも信用ならん。少々怒りながら社殿のほうへ。

拝殿。
洲原神社10(061007刈谷市)


おお,紀元二千六百年奉納。
洲原神社11(061007刈谷市)

昭和十五年ですな。お祭り騒ぎだったんだろうね。何か歌があったよねえ。ちなみに,リヒャルト・シュトラウスやイベールに,祝賀用の曲を作らせてるんだけど知ってた?

阿の狛さん。桜の木に隠れちゃった。
洲原神社12(061007刈谷市)

可愛い顔してたんだけどね。さて次は吽の狛さんの写真を……。

にゃーん。

あっ!?
洲原神社13(061007刈谷市)

にゃんこ!拝殿の,吽の狛犬さんの後ろあたりに居たらしい。近寄ったら,すーっと行きかけたので,逃げるのかと思ったら,カドのところで待ってる。

後ろからもう一匹……。
洲原神社14(061007刈谷市)


サビ子。
洲原神社15(061007刈谷市)

しっぽがめっちゃ甘えん坊だし。最初に出てきた白黒足袋猫がお母さんなのかな?

吽の狛さん。こちらも親子かな。
洲原神社16(061007刈谷市)

昭和六年一月奉納。

神社猫初体験に動揺しつつ,写真撮影続行。後半の記事に続く。

・洲原神社
【住所】愛知県刈谷市井ヶ谷町

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

しばわんこ 続き
2巻と3巻買ってキター!ヽ(゚∀゚)ノ

ぐおおおおおおおおお!
お神輿に手の届いてないしばわんこモエス!

結局,1巻も再入荷してた。
歌の本と塗り絵とカルタは置いといて,あとは「佳き日」か。
4巻,5巻と続くのかな?

しばわん,みけにゃんと一緒に,さちこさんも近所に欲しい今日この頃……。

テーマ:お気に入りの本 - ジャンル:本・雑誌

しばわんこ 本とカレンダー
Amazonから届いたーーー!ヽ(゚∀゚)ノ

ぬおおおおおおお!しばわんこ可愛い!

最初の本だけ,いきつけの本屋になかったので,カレンダーと一緒に注文してたんだけど,かわういいいいいい!!

昨夕から飲んでる鎮痛剤のせいで壊れてます。
もうちょっと体調治ったら,2巻買いに行ってクル!

この勢いだと,ぬいぐるみが発売されたら買いそう。
いいんだ。車に置くのなら恥ずかしくない!ないったらない!

カレンダーは会社で使おうかなあ。
……周りドン引き?

テーマ:お気に入りの本 - ジャンル:本・雑誌

吉原八幡宮〔2〕
後半。前半の記事はこちら

本殿。懸魚が美しい。
吉原八幡宮16(061004豊田市)


拝殿と本殿のスキマ。幣殿でいいのかな。
吉原八幡宮17(061004豊田市)

塀の格子から中を覗いてみた。

あっ。
吉原八幡宮18(061004豊田市)

また狛犬さんが居た。今のが阿の狛さん。

反対側にも狛さん。こちらは吽。
吉原八幡宮19(061004豊田市)

裏側の文字は,昭和三年八月……,名古屋……という部分だけ読み取れた。名古屋?

続いて境内社。社殿向かって右に四つ並ぶ。社殿に近いほうから順に,

御鍬社
吉原八幡宮20(061004豊田市)


稲荷社
吉原八幡宮21(061004豊田市)


山神社。こちらだけ結界が鳥居じゃない。
吉原八幡宮22(061004豊田市)


護国社
吉原八幡宮23(061004豊田市)


あと境内には,立太子記念の石碑。
吉原八幡宮24(061004豊田市)

昭和二十七年に立太子というと,今上陛下のことだな。

「豊田市史10」によると,創建は寛永10年というから1633年。ご祭神は,八幡社なのでホンダワケ……であってた。誉田別尊。応神天皇ですな。同じく,刈谷城主の勧請建立とあった。豊田市の中でも,ここらは旧碧海郡なのだよなあ。

ええと,Wikipedia刈谷城の記事によると,1633年当時の城主は深溝松平家の人?松平忠房?

刈谷城といえば水野氏かと思っていたのだが,ここらで松平に取って代わられたのかなあ。

広くて,いい感じに古くて,きれいなお社だった。
何か色々奉納している人の名前が,以前世話になっていた知り合いの先祖に思えてならない。また会えたら確認してみよう。

入り口脇にあった看板。
吉原八幡宮25(061004豊田市)

格子の中まで覗いて写真撮るのは冒涜だったかね?

・吉原八幡宮
【住所】愛知県豊田市吉原町

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

吉原八幡宮〔1〕
今回は最初から二部構成。最近,ちょっと大きいお社だと,すぐ何十枚も写真撮っちゃって……。

大きな一の鳥居。
吉原八幡宮1(061004豊田市)

クルマと比較してみると,7~8メートルくらいの高さ?
ちなみに,全部のクルマの中で人が昼寝してる。

振り返ると,前に紹介した秋葉神社。
吉原八幡宮2(061004豊田市)

秋葉神社の記事はこちら

神前橋。反対側に昭和二年八月とあった。
吉原八幡宮3(061004豊田市)

両側撮りたかったのに,M澤工機のクルマが邪魔で果たせず。物買うのやめるぞコラ(# ゚Д゚)ノ。

二の鳥居から境内。
吉原八幡宮4(061004豊田市)

なんだかんだと車が通る。軽トラに轢かれそうになった。

こちらの表記は「村社 八幡宮」
吉原八幡宮5(061004豊田市)


二の鳥居。
吉原八幡宮6(061004豊田市)


上に石が。誰か願掛けか占いやったかね。
吉原八幡宮7(061004豊田市)


境内。
吉原八幡宮8(061004豊田市)


ご神木?
吉原八幡宮9(061004豊田市)


拝殿と狛さんズ。
吉原八幡宮10(061004豊田市)


阿の狛さん。
吉原八幡宮11(061004豊田市)


吽の狛さん。
吉原八幡宮12(061004豊田市)

歌舞伎役者みたいに,大きくて濃い顔の狛犬さんたち。
昭和六年十月奉納。吽の狛さんの裏には,「昭和三年支那事変応召記念」と旧字体で彫られてあった。

拝殿。竜が彫ってある。
吉原八幡宮13(061004豊田市)


向かって左の竜。
吉原八幡宮14(061004豊田市)


向かって右の竜。
吉原八幡宮15(061004豊田市)


・吉原八幡宮
【住所】愛知県豊田市吉原町

〔2〕へ続く。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

秋の風物詩
道路沿いの柿の木に群がるカラスども。

車の中から撮ったので,ちょっとピンボケ。
カラス(061105豊田市)

毎年じゃなかったかな,ここ。木の主さんは,あまり気にしておられないのだろうか。だとしたら,のんびりでいいやね。

カラスが鈴なりで,赤い柿の実をつけた枝がワサワサ揺れてるので気がついた。丁度信号待ちでね。カメラは常に,手元に置いておくもんだと思った。

テーマ:四季 −秋− - ジャンル:写真

喜多神社〔4〕
散歩の途中で,また行ってみた。

前の記事はこちら。〔1〕 〔2〕 〔3〕

ガラスの中。
喜多神社(061105豊田市)

〔3〕の記事で引用した,ガラスの中に「三社が祀られてある」ってのの確認。恐る恐る中を覗いたら,薄らぼんやりと,小さなお社が三つ見えた。今回撮った上の写真にも,よく見ると写ってる。

元々の喜多神社(北町大神宮),秋葉社,津島社,かな。

小ネタでした。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

お散歩・トマソン写真
図書館で本を借りていると,二週に一度は嫌でも通わなきゃならないわけで。

……にしても豊田市中央図書館のおねいさんたちは優しい。OPAC検索もできるようになったしなー。

図書館の帰り,この方と目が合いまして。
トマソン1(061105豊田市)

目が合うったって,この目,上見てんじゃんトカ無粋なことは言わないw

この方がどなたかというと,美容室のシンボルマーク。
トマソン2(061105豊田市)

庇の陰で見えづらいけど,左下,縦長オレンジの看板の上部に,同じマークの黒いのがあるでしょ?

屋上のモニュメント(?)とか結構お洒落。建物の横っ腹に赤いラインとか入ってるし……,ん?

おやあ?
トマソン3(061105豊田市)

赤いラインの上は,ピンクっぽいクリーム色の塗装。
赤いラインの下は,塗装なし。ってか,打ちっぱなしにもなさそうな,本来塗りこめられるべき,荒いコンクリート面?

これはもしかして,原爆タイプのトマソンですか!
[参考] Wikipediaトマソン記事

ほら,この三角なんか。
トマソン4(061105豊田市)

かつてここにくっついて建っていたはずの,屋根の傾斜の名残に見えないか?

この建物,裏から見ると,こう。
トマソン5(061105豊田市)

手前にくっついてる台形の部分,ほそ~い階段になってて,セセコマしながら上がっていくと,昇り切った突き当たりに窓があって,ガラっと開けて,ほんの三階分くらいの高さだけど下界が見える,のかなあ。上ってみたい~!

屋上の木の手すりとか,いい味出してる建物だった。
(喜多町2丁目付近)

もうちょっとぶらぶら歩き。すると!

ジャン!
トマソン6(061105豊田市)

ナニこのぶった切ったような物置w

ほんとに切ったのかなあ,でも最初から作るにしては,不自然な形だよなあと思いながら接近。

切断(?)面。
トマソン7(061105豊田市)

うはwww
絶対これ切ってる!駐車場作るときに片側壊して,あとから全体に波板ビスどめして押さえてあるんじゃないか!
(神明町1丁目付近)

お客さん方から見てビジュアル的にどうだかは判らんが,自分的にはかなり面白かった。

豊田は再開発っていうと,広範囲にガバーッて印象だから,トマソンは少ないものだと思ってた。現にこの写真の周囲もエライコト大きなものが建ち始めているし。

でも,見回したら,駅周辺の辺り,ふっるーい建物と新しいピカピカのが混在しているのだ。こういうモザイクみたいなツギハギの街に,トマソンは多い気がする。

今回,他にも写真は撮ったんだけど,トマソンじゃないから別記事に載せることにする。

【06/11/07追記】
ぶった切り物置の奥の建物(画面左寄り)も何かオカシイ。
窓が端っこに寄り過ぎてない?これも切ったのかなー。

テーマ:なんだこれ - ジャンル:写真

毘森神社
毘森公園の中にありまする。いや,逆だな。公園が後付け。多分。

階段の上に鳥居。
毘森神社1(060924豊田市)


いきなり狛さんが居る。
毘森神社2(060924豊田市)


阿の狛さん。
毘森神社3(060924豊田市)


吽の狛さん。
毘森神社4(060924豊田市)

昭和四十三年一月奉納。

鳥居。注連縄も紙垂も,真新しい感じ。
毘森神社5(060924豊田市)


鳥居の下から,社殿を望む。
毘森神社6(060924豊田市)


手水舎。
毘森神社7(060924豊田市)


潤った水盤。
毘森神社8(060924豊田市)


手水舎の前の松。いい枝ぶり。
毘森神社9(060924豊田市)


さて。これは神楽殿でいいのか。
毘森神社10(060924豊田市)


立派だねえ。
毘森神社11(060924豊田市)


特別な空間!という感じか。
毘森神社12(060924豊田市)


拝殿(でいいと思う)。
毘森神社13(060924豊田市)


拝殿前の阿の狛さん。
毘森神社14(060924豊田市)


同じく,吽の狛さん。
毘森神社15(060924豊田市)

昭和六十年四月奉納。

脇へ回って本殿。
毘森神社16(060924豊田市)

千木は外削ぎ,鰹木は三本。

じゃあ,ご祭神は男神かというと,「豊田市史10」(最近こればっか)によれば,弥津波能売命。ミツハちゃんは女の子だよねえ。

外削ぎ・奇数本は男神とかいう定説が,ここんとこ全然当てはまってないような気がする。三河が特殊なのか,そういうもんなのか。

同じ本から引用すると,

衣山之郷の総鎮守として篠田氏勧請
安永10年現在地移転


創建は,文治・建久年中だそうだ。挙母神社,勝手神社(下林町)と並んで,挙母三社というらしい(みんな同じ頃創建)。

どうも低いところに建ってたようで,水害でやられちゃうってんで移転みたい。同じような理由で,勝手神社も移転してるって。水の神様が水害から避難ってw(失礼)

境内にあった像。三河山鍬次郎翁之像。
毘森神社17(060924豊田市)

あのね,「三河山鍬次郎翁之像」って彫ってある右下にね,「鳩山一郎 書」って読める気がするのね。

それからね,「三河山鍬次郎」でぐぐったらね,こんなページが。
侠客の史跡」様

[参照] 博徒名簿131
[参照] 伏見ノ桃太郎(一番下に三河山鍬次郎)

博徒ですかい?任侠ですかい?最初相撲取りだったってのは,碑文の文字からも判ったんだけど(全部は読めなんだ)。

も一つ。拝殿前。「篠田金太郎翁頌徳碑」
毘森神社18(060924豊田市)

篠田金太郎サン,ぐぐっても出ないけど,多分,勧請した篠田氏の系統の方でしょうな。

頌徳(しょうとく)って言葉,初めて知った。
〔文〕 ある人の徳をほめたたえること. ▼~碑
by 三省堂 デイリーコンサイス国語辞典

拝殿前の狛さんが奉納された昭和六十年に,全面改装された模様。非常に清潔感の漂うお社だった。もうちょっと混沌としてるほうが好きかも……。

去り際にもう一枚。
毘森神社19(060924豊田市)

・毘森神社
【住所】愛知県豊田市小坂町

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。