ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近況など
迎え薬?をしたのに頭痛がなかなか治まらなくて眠れなかったとか,さっき買い物に行ったら,また気分悪くなって帰ってきたとか。「神社の記事を書ける気力」が戻るまであとどれくらい?

足助の百年草さんのblog,リンクしていいですかーって伺ったら快諾いただいた。右下のご当地ブログのところに追加予定。足助をあまりご存じない方,足助というと紅葉とお雛さんしか知らないという方は,行って見られるとよろしいです。自然も文化も食べ物も宿泊もGood。

Web上にあるものへのリンクは基本的に自由だと思っているので,ヤメテクレとか連絡必須と書いてあれば別だが,普段は無断ではっている。でも,相手が営利団体さんの場合は別ね。お金が絡むと色々気になさるところが違うと思うので。

右のサイドバーは殆ど全部リンク集にしているのだが,目立たない?見づらい?らしいのでレイアウト変更を考えている。お義理抜きのオススメサイトさんたちだから(この辺は無断リンクだからこそ),ちゃんと見て欲しいのだ。是非に。
スポンサーサイト

テーマ:(・∀・) - ジャンル:日記

薬を抜く
寝込んでいる間に,鎮痛剤やらを連続して飲んでいた。痛みが取れた以上,残る作用は障害でしかないので,身体から抜いているところ。水分摂って寝るだけだけどな。

抜けかけのときに,いつも結構な頭痛に襲われる。前も書いたかもしれないが,禁断症状というか中毒してるというか,何かヤバイのかも。そういう時は,これも書いたかもしれないが,もう一度だけ同じ鎮痛剤を飲む。迎え酒の原理……とは違いそうだがなあ。

とにかく眠い。これもきっと薬のせい。肝臓にも負担掛けてるんだろうなあ。病気が悪化することがあるので酒は二度と飲まない(飲めない?)つもりだが,結局,ストレスも毒(=薬)も,全部肝臓に行っちゃうんだもんね。

ああアクエリアスが切れた。買い物どうしようー。

テーマ:( ´ー`)y-~ ふー - ジャンル:日記

古事記の神々を数える〔1〕……上巻
古事記は上中下巻から成る。
 上巻:天地開闢から神武帝誕生(神武とは言わんが)まで。
 中巻:神武~応神帝(しつこいが漢風諡号は無い)
 下巻:仁徳~推古帝(便宜上,今風に書いてるだけだから)
いかにも神話,神代の話なのが上巻。どこからカミで,どこからヒト?と悩まなくてよさそうなのが上巻。なので,まず上巻の分だけ,神々の名を順に拾ってみた。
【方法】
 ・序は除外した。
 ・始めから順に拾い,ナンバリングした。
 ・「亦の名」の説明文を無視し,まずは名が違えば別の神とした。
 ・読みが(ほぼ)同じで表記が違う場合は,「018)水蛭子/蛭子」
 のように,同一ナンバーに併記した。
 ・歌謡などにある,いわゆる万葉仮名による表記は略した。
 ・名はあるが神でなさそうな存在は「■豫母都志許賣」のように
 表した。
 ・その他の注釈・考え方を,「」から始まる文で示した。
001)天之御中主神
002)高御産巣日神
003)神産巣日神/神産巣日御祖命/神産巣日之命
004)宇摩志阿斯訶備比古遲神
005)天之常立神
006)國之常立神
007)豐雲野神
008)宇比地邇神
009)須比智邇神
010)角杙神
011)活杙神
012)意富斗能地神
013)大斗乃辨神
014)於母陀流神
015)阿夜訶志古泥神
016)伊邪那岐神/伊邪那岐命/伊邪那伎大神/伊邪那伎命/
 伊邪那岐大御神/伊邪那岐大神
017)伊邪那美神/伊邪那美命/伊邪那美神命
■ 淤能碁呂嶋/意能碁呂嶋
018)水蛭子/蛭子
019)淡嶋
020)淡道之穂之狹別嶋
021)伊豫之二名嶋-伊豫國:愛比賣
022)伊豫之二名嶋-讚岐國:飯依比古
023)伊豫之二名嶋-粟國:大宜都比賣
024)伊豫之二名嶋-土左國:建依別
 ※ 021~024)は「身一而有面四。毎面有名」→一人とも取れるが,
 それぞれに名がある=別神格とみなした。

025)天之忍許呂別(隱伎之三子嶋)
026)筑紫嶋-筑紫國:白日別
027)筑紫嶋-豐國:豐日別
028)筑紫嶋-肥國:建日向日豐久士比泥別
029)筑紫嶋-熊曾國:建日別
 ※ 026~029)は「身一而有面四。毎面有名」→一人とも取れるが,
 それぞれに名がある=別神格とみなした。

030)天比登都柱(伊岐嶋)
031)天之狹手依比賣(津嶋)
032)佐度嶋
033)天御虚空豐秋津根別(大倭豐秋津嶋)
034)建日方別(吉備兒嶋)
035)大野手比賣(小豆嶋)
036)大多麻流別(大嶋)
037)天一根(女嶋)
038)天之忍男(知訶嶋)
039)天兩屋(兩兒嶋)
040)大事忍男神
041)石土毘古神
042)石巣比賣神
043)大戸日別神
044)天之吹男神
045)大屋毘古神
046)風木津別之忍男神
047)大綿津見神
048)速秋津日子神
049)速秋津比賣神
050)沫那藝神
051)沫那美神
052)頬那藝神
053)頬那美神
054)天之水分神
055)國之水分神
056)天之久比奢母智神
057)國之久比奢母智神
058)志那都比古神
059)久久能智神
060)大山津見神
061)鹿屋野比賣神
062)野椎神
063)天之狹土神
064)國之狹土神
065)天狹霧神/天之狹霧神
066)國之狹霧神
067)天之闇戸神
068)國之闇戸神
069)大戸惑子神
070)大戸惑女神
071)鳥之石楠船神
072)天鳥船/天鳥船神
073)大宜津比賣神/大氣津比賣神/大氣都比賣
 ※ 023)とは別の神とみなし,これがスサノオに食物を供して
 斬られた神であるとした。

074)火之夜藝速男神
075)火之毘古神
076)火之迦具土神/迦具土神
077)金山毘古神
078)金山毘賣神
079)波邇夜須毘古神
080)波邇夜須毘賣神
081)彌都波能賣神
082)和久産巣日神
083)豐宇氣毘賣神/登由宇氣神
084)泣澤女神
085)石拆神
086)根拆神
087)石筒之男神
088)甕速日神
089)樋速日神
090)建御雷之男神/建御雷神
091)建布都神
092)豐布都神
093)闇淤加美神
094)闇御津羽神
095)正鹿山津見神
096)淤縢山津見神
097)奧山津見神
098)闇山津見神
099)志藝山津見神
100)羽山津見神
101)原山津見神
102)戸山津見神
103)黄泉神
104)大雷
105)火雷
106)黒雷
107)拆雷
108)若雷
109)土雷
110)鳴雷
111)伏雷
■ 豫母都志許賣
112)意富加牟豆美命
113)黄泉津大神
114)道敷大神
115)道反大神
116)塞坐黄泉戸大神
117)衝立船戸神/船戸神
118)道之長乳齒神
119)時量師神
120)和豆良比能宇斯能神
121)道俣神
122)飽咋之宇斯能神
123)奧疎神
124)奧津那藝佐毘古神
125)奧津甲斐辨羅神
126)邊疎神
127)邊津那藝佐毘古神
128)邊津甲斐辨羅神
129)八十禍津日神
130)大禍津日神
131)神直毘神
132)大直毘神
133)伊豆能賣
134)底津綿津見神
135)底筒之男命
136)中津綿津見神
137)中筒之男命
138)上津綿津見神
139)上筒之男命
140)宇都志日金拆命
141)天照大御神/天照大神
142)月讀命
143)建速須佐之男命/速須佐之男命/須佐之男命/須佐能男命
144)御倉板擧之神
145)多紀理毘賣命
146)奧津嶋比賣命
147)市寸嶋比賣命
148)狹依毘賣命
149)多岐都比賣命/田寸津比賣命
150)正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命/正勝吾勝勝速日天忍穂耳命
 /天忍穂耳命
151)天之菩卑能命/天菩比神/天菩比命
152)天津日子根命
153)活津日子根命
154)熊野久須毘命
155)建比良鳥命
■ 天服織女
156)思金神/常世思金神
157)天津麻羅
158)伊斯許理度賣命
159)玉祖命
160)天兒屋命
161)布刀玉命
162)天手力男神/手力男神
163)天宇受賣命/天宇受賣/天宇受賣神
164)足名椎/足名椎神
165)手名椎/手名椎神
166)櫛名田比賣
167)八俣遠呂智
168)稻田宮主須賀之八耳神
169)八嶋士奴美神
170)神大市比賣
171)大年神
172)宇迦之御魂神
173)木花知流比賣
174)布波能母遲久奴須奴神
175)淤加美神
176)日河比賣
177)深淵之水夜禮花神
178)天之都度閇知泥神
179)淤美豆奴神
180)布怒豆怒神
181)布帝耳神
182)天之冬衣神
183)刺國大神
184)刺國若比賣
185)大國主神
186)大穴牟遲神
187)葦原色許男神/葦原色許男/葦原色許男命
188)八千矛神
189)宇都志國玉神
190)八上比賣
191)稻羽之素菟/菟神
192)〓[討+虫]貝比賣
193)蛤貝比賣
194)須勢理毘賣/須勢理毘賣命
195)木俣神
196)御井神
197)沼河比賣
198)阿遲〓[金+且]高日子根神/阿遲志貴高日子根神
199)高比賣命
200)下光比賣命/下照比賣
201)迦毛大御神
202)神屋楯比賣命
203)事代主神/八重言代主神/八重事代主神
204)八嶋牟遲能神
205)鳥耳神
206)鳥鳴海神
207)日名照額田毘道男伊許知邇神
208)國忍富神
209)葦那陀迦神
210)八河江比賣
211)速甕之多氣佐波夜遲奴美神
212)天之甕主神
213)前玉比賣
214)甕主日子神
215)比那良志毘賣
216)多比理岐志麻流美神
217)比比羅木之其花麻豆美神
218)活玉前玉比賣神
219)美呂浪神
220)敷山主神
221)青沼馬沼押比賣
222)布忍富鳥鳴海神
223)若盡女神
224)天日腹大科度美神
225)遠津待根神
226)遠津山岬多良斯神
227)久延毘古
228)少名毘古那神
229)山田之曾富騰
230)御諸山上神
 ※ 230)は神名ではないが,一柱確かにあるので
231)神活須毘神
232)伊怒比賣
233)大國御魂神
234)韓神
235)曾富理神
236)白日神
237)聖神
238)香用比賣
239)大香山戸臣神
240)御年神
241)天知迦流美豆比賣
242)奧津日子神
243)奧津比賣命
244)大戸比賣神
245)大山咋神
246)山末之大主神
247)庭津日神
248)阿須波神
249)波比岐神
250)香山戸臣神
251)羽山戸神/羽山
252)庭高津日神
253)大土神
254)土之御祖神
255)若山咋神
256)若年神
257)若沙那賣神
258)彌豆麻岐神
259)夏高津日神
260)夏之賣神
261)秋毘賣神
262)久久年神
263)久久紀若室葛根神/若室葛根
264)天津國玉神
265)天若日子
■ 鳴女(雉)
266)天佐具賣
267)高木神
268)伊都之尾羽張神
269)天尾羽張神
 ※ 268~269)は火神被殺の段で刀として既出(102のあたり)
270)天迦久神
271)建御名方神
272)水戸神
273)櫛八玉神
274)天邇岐志國邇岐志天津日高日子番能邇邇藝命/
 日子番能邇邇藝命/天津日子番能邇邇藝命/
 天津日高日子番能邇邇藝能命
275)萬幡豐秋津師比賣命
276)天火明命
277)猿田毘古神/猿田毘古大神/猿田毘古之男神
278)天石門別神/天石戸別神
279)櫛石窓神
280)豐石窓神
281)天忍日命
282)天津久米命
283)底度久御魂
284)都夫多都御魂
285)阿和佐久御魂
286)神阿多都比賣
287)木花之佐久夜毘賣/佐久夜毘賣
288)石長比賣
289)火照命
290)火須勢理命
291)火遠理命
292)天津日高日子穂穂手見命/日子穂穂手見命
 ※「海佐知毘古」・「山佐知毘古」は神名でなく,生業と性別を
 表すものと解釈した。

293)鹽椎神
294)綿津見神/綿津見大神
295)豐玉毘賣/豐玉毘賣命
296)佐比持神
297)天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命
298)玉依毘賣/玉依毘賣命
299)五瀬命
300)稻氷命
301)御毛沼命
302)若御毛沼命
303)豐御毛沼命
304)神倭伊波禮毘古命
アマテラスの初出が141番目だったのにびっくり(もっと早い気がせん?)。ヨモツシコメって一人?複数?とか,鳴女は神様にしてあげてもいいような気がするけどとか,色々考えながら表を作っていた。とりあえず304柱
※アップしてから2回訂正した。まだ危ない。
 1回目:綿津見神と綿津見大神をまとめた(-1)
 2回目:海神は単に海の神ということなので抜いた(-1)


この後,「002)高御産巣日神と267)高木神は同一神って書いてあるからー」などと更に纏めると,250柱くらいになるんじゃなかろうか。あんまやる気ないけど,どうしよう。

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

お休みですか
世間様は明日くらいからゴールデンウィークのようで。出社してないから,今年度の稼働日カレンダー見てないや。ウチも常昼と事技職は明日からだろな,きっと。

休みだからこそ働き時の皆さん,お疲れ様です。我々の休みおよび休み明けのスムーズなスタートは,皆様のお陰で成り立っておるです。

ずっと休んでいる自分はというと,昨日からまた寝込んでいる。明日は這ってでも図書館へ行かなきゃならんので,今夜くらいには起きたいところ。

今は寝ながら古事記を読んでいる。神様は,上巻で250柱くらいかなあ,多分。起きられたら,ちゃんと数えるつもり。

テーマ:頑張れ自分 - ジャンル:日記

三河三谷の猫
三河三谷にゃん(061216蒲郡市)

三河三谷の釣り餌屋さんの猫。一瞬目が合ったけど,あとはこの通り。

テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

ミミズを捕食するトカゲ
食事中(060924豊田市)

体調の悪いときは写真日記でごまかす。

多分ニホントカゲ。光沢としっぽで判断した。もっと鱗っぽくて,しっぽのうんと長いのがニホンカナヘビ(参照:小原のカナヘビ)。

前田公園(平戸橋)の階段でヘバっていたら,突然側溝から激しくガサガサいう音が。ミミズの端っこを咥えたこの子が,落ち葉にミミズを叩きつけてはズルズル呑み込んでる最中だった。腕は悪いが激写。昨年の9月末のもの。

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

うへ
神社の画像はアップロードしたけど,気力が無いので記事にするのは延期。またそろそろ体調悪化Daysの予感。

どうせゴールデンウィークは行動しにくいからいいか。どこ行っても混んでるなんて最悪やー。

テーマ:(´・ω・`) - ジャンル:日記

これはひどい
“目には青葉”だっつの。

ユーミンの「中央フリーウェイ」、ドライブソングで根強い人気
(4月23日11時3分配信 オリコン)

【冒頭部分引用】
“目に青葉 山ほととぎす 初鰹”。春から初夏にかけては、海に山にとドライブが一段と楽しい季節。そこでORICON STYLEが、渋滞のイライラを吹き飛ばし、盛り上がること間違いなしの「車で旅行するときに聴きたい曲」を大調査した。


夜中にあんまり怒れたので一筆。素堂はもっと怒ってると思うぞ。
 

テーマ:気になった事 - ジャンル:ニュース

古事記から単語を拾う
古事記を引っ張り出してきて,まずは神名を拾おうと思っていた。お前,日本書紀読んでただろうが,なんで古事記なんだよという質問には,一書が無くて楽だとだけ答えておこうと思う。多少の齟齬はあるが,物語が一本なので読みやすいのだ。

まあ序は抜かしといて,「天之御中主神」から。ぴゃーっと読んで行くと,「別天神」。これは個別の神名ではなく,ここまでに出てきた五柱の神をまとめて呼ぶ言葉。迷った。こういうのは拾っておくべきなのか。

ずっと行って国生みのシーン。失敗作かどうかは置いて,生まれたのは「蛭子」・「淡嶋」・「淡道之穂之狹別嶋」・「伊豫之二名嶋」と続く。「伊豫之二名嶋」まで来ると(四国のことだが),四つの国それぞれに,明確に神名が付けられている。だからこれは単に島(国)でなく神だ。じゃあ遡って「淤能碁呂嶋」は。これは国生みで生まれたものではないが,伊邪那岐命が天沼矛でかき回して作った=神が生んだってことにも取れるじゃないかとか,神格はどうなんだとか。「蛭子」に神格はある気がする。祀っている神社もあるし。でも「淡嶋」はどうだろう。

同じく,物にも神格・神気があって名もついているものと無いものとある。名が無くても,そのものが祀られている神社があるわけだから(熱田神宮とか),それも神なのだろう。

迷った挙句に先頭に戻り,神名のみでなく,固有名詞は全部拾うことにして,また始める。神名・地名・物品名のつもりである。

「十拳劔」でまた迷う。各所に出てくるが,同じものか別のものか,本当に“十握り分の長さの剣”という一般名詞としてだけ捕らえていていいのか。RPGなら,特殊アイテム(店で売ってないやつ)として通用するんじゃないかと考えると,武器やアクセサリーなんかが全部固有のものに思えてくる(例:元は単なるツルギでも,ヤマタノオロチを倒したアレと言われると,急にありがたみが増す)。

植物や何かの名前も気になる。これは趣味の問題だが。また先頭に戻る。植物と動物の名前も拾い始める。古事記が現存する最古の書物なら,古事記での初出は現存最古の(書物での)初出なのだ。いつの間にか,名詞は全部拾っている。ちょっと目的を見失いかけたが,そもそもは神名リストを作って,参拝した神社のご祭神と引き合わせてみたかったのだと思い出す。

やっと「稻羽之素菟」まで来た。上中下巻あるうちの,上巻の真ん中へん。先は長い。拾った後の始末の付け方も悩ましい。データが揃ったら,少しは展望が開けるだろうか。単語を拾っているときの気持ちは,楽しさと辛さとが半々である。

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

馬頭観音
豊田市畝部東町。社口社の南にあった馬頭観音像。

屋根あり。
馬頭観音1(070328豊田市)


お数珠が可愛い。大事にされてるなあと思った。
馬頭観音2(070328豊田市)

この写真では見づらいが,向かって右には「右をかさき道」,同じく左には「左天神道」,台座には(右から)「有志中」とある。右膝は立ててるね。

活けられてまもなく思えるお花と,文字。
馬頭観音3(070328豊田市)

文字のほうは,調べたら「延命十句観音経」。

延命十句観音経

観世音 南無佛
与佛有因 与佛有縁
佛法僧縁 常楽我浄
朝念観世音 暮念観世音
念念従心起 念念不離心

これと,「観音句」

南無大慈大悲 観世音菩薩
種々重罪 五逆消滅
自他平等 即身成仏

“おんあみ”と見えるのは,馬頭観音の真言

おん あみりと どはんば うん ぱった そわか
※ 音は何種類か見かける。

でしょうな。

「豊田市の石像文化財」を見たら,備考覧に“鎌倉街道道端”ってあった。鎌倉街道の文字は刈谷の祖母神社安城の不乗森神社で見たけど,ここも街道沿いだったんだねえ。連れている馬の健康を願ったりしたのかな。

・馬頭観音像
【住所】愛知県豊田市畝部東町長乱付近
【地図】いつもガイド

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

んん?
昨夜は眠れなくて,今朝ラジオ体操が聞こえても,まだ起きていた。(エロい意味ではなく)なんか身体熱くて。そういえば昨日は,久々に昼御飯をリバースしたし(自分にとっては,そう珍しいことではないのだが),体調悪かったのかも。

ちょっと生活リズムが崩れ気味なので,昨日は昼前に起きて,食事もせずにドライブ。近頃,往復100キロくらいなら大丈夫になってきたので,あてどもなく国道1号線を南下などしてみた。

結構神社とかあるねえ。菟足神社も国1沿いなんだよね。寄らずに,その辺で方向転換して帰ってきたけど。旧東海道を踏破って方はよく見るけど,現国道でやるのも楽しいんじゃないかと思った。排気ガスでやられそうだけど。

帰宅後,食事とかリバースとか色々あったが,夜はブログのテンプレを弄くっていた。案内が記事に埋まってると,見え辛いんじゃないかと思って。案を出して組んでみて,3度ほど入れ替えた結果,今の状態になったわけだが,どうもセンス悪いなあ。

今後,神社記事が増えまくってきたら,また少し変わると思うが,どうやったら読みやすくなるんだろうか。ホームページスペースも借りてあるし,そっちへ纏めていくのがいいのかな。

テーマ:(・∀・) - ジャンル:日記

常夜燈
岐阜県瑞浪市陶町。世界一の美濃焼こま犬のお隣,八王子神社の鳥居から,ほんのちょっと南へ行ったところにある。

「秋葉山」
常夜燈1(070415岐阜県瑞浪市)

あー秋葉山常夜燈ねー,年代はどれくらいかなーと思って回り込むと,

「牛頭天王」
常夜燈2(070415岐阜県瑞浪市)


反対側には「太神宮」
常夜燈3(070415岐阜県瑞浪市)


もうないだろと思ったが,裏側に「金毘羅山」
常夜燈4(070415岐阜県瑞浪市)

お徳というか横着というか。四面全部は初めて見たぞ(ちょっとしか知らないけど)。

ちなみに,文化三年丙寅(云々)と書いてあった。西暦にすると1806年。200年前。結構凄いと思う。

・常夜燈
【住所】岐阜県瑞浪市陶町大川付近
【地図】いつもガイド

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

社口社
豊田市畝部西町の社口社。このあいだのは畝部東町ね。昭和42年,町になったときにに東西に分かれたらしい(それまでは上郷村大字畝部だった)。

ここも鳥居は無し。狛犬さんもいない。
社口社1(070328豊田市)

注連縄が無いと気付きにくいんじゃないか。明らかに民家ではないけど。写真の右端に水盤らしきものはあるな。

本殿。金属板で補修&つっかい棒。
社口社2(070328豊田市)


境内社かな。
社口社3(070328豊田市)


中を覗かせていただいた。
社口社4(070328豊田市)

覗いてもよく判らない(これはもしかすると神様が複数?)。

横の倉庫?にあった住所表示。
社口社5(070328豊田市)

「ここは畝部西町国江」地図を片手の神社巡りではあるが,田んぼの中の道が多いので,こういう表示は非常に助かる。見つけると安心するね。

ここも境内に説明がないので,本から拾う。

「豊田市史10」
社名:社口社/祭神:猿田彦命/創建:不明/祭日:7月15日

「上郷町誌」
社口社 14級社/祭神:猿田彦命/例祭日:毎年7月15日/由緒:不詳

「碧海郡神社写真帖」
無格社 社口社/祭神:石上神/例祭日:七月十五日
・この本に掲載~現在までの間に,拝殿のみ建て替えた?

「上郷風土記」
・祭神は石上神
・寛文年間(1661~1672)には祀られており,~享保年間(1716~1735)までは仮社殿
・享保19年(1734年),旧社殿を山国江に譲り(山国江の社口社創祀),改築。
※この山国江の社口社というのが,現・永覚町の社口社のことらしい。
・このあたりは度々水害に見舞われ,高台へ住み替える人が多く,社殿の建て替えにも苦労があったと。

ご祭神は,猿田彦説と石上神説の二つ(呼び変えてるだけかもしれないけどね)。「碧海郡神社写真帖」昭和13年,「上郷風土記」(の元記事)昭和20年代後半,「上郷町誌」昭和41年,「豊田市史10」昭和53年だから,昭和30年代に呼び方が切り替わったとか?

シャグチって何だというぐだぐだ(ちゃんと論じることが出来てないので)は,畝部東町の社口社の記事参照。

「豊田市の石像文化財」によると,社口神(表記は色々)の存在が,市内(こないだの合併前の出版なので,旧豊田市内)で9件確認されたそうな。これは神社の形でなく,石祠とかだよね。住所とかのデータは3つ分しか載ってないけど,何かのついでに探してみようかな。

・社口社
【住所】愛知県豊田市畝部西町国江1
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【豊田市・上郷地区】

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

車塚古墳
豊田市永覚町。クルマヅカかクルマツカか。情報を探していたら,両方見つけちゃったので,どっちか不明。

上郷コミュニティーセンターの北にある。
車塚古墳1(070410豊田市)

クルマ停めて,北側へ抜けたら看板が見えた。

豊田市教育委員会の看板。ここでは「くるまづか」。
車塚古墳2(070410豊田市)

古い時代のことは勉強不足でピンと来ないのだが。裁頭型ってのは,頂上が平坦という説明だから,上部(頭)を水平に切り取った(裁断した)形ということだろう。市指定の史跡らしいな,ここ。

こんな感じに木が生い茂っております。
車塚古墳3(070410豊田市)

東方600mにあるという三味線塚古墳のほうが,名前的には気になる。今度はそちらへ行ってみようと思う。

・車塚古墳
【住所】愛知県豊田市永覚町車坂47-1
【地図】いつもガイド

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

神社巡り覚え書(4/19)
てけとーに(誤字ではない)クルマを走らせて,いつもは曲がらない交差点で左折してみた。わー,こんなところに出るんだ,わー,というついでに神社巡りしてきた。

若宮八幡社(豊田市鴛鴨町)
大友天神社(岡崎市西大友町)

岡崎は昔住んでたことがあるので,何か懐かしかった。よく遊んだのは矢作から康生方面(もっと南や東)だから,西大友のことをよく知っているわけではないのだが。

今日通ったところは,最初の左折地点からずうっと一直線なのだが,通り沿いにやたら古墳や神社があった気がする。古い道なのかな。そうそう路駐もできないから,ぼちぼち徒歩かなんかで回りたい。
 

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

睡魔
副作用だかなんだか異様に眠い。しかも,前にも書いた気がするが,横になって眠ってしまうと絶対苦しい(うなされるかも)という眠気。心拍も早いしなあ。

というわけで,座り込んでダラダラとネットなど……。

超有名サイトなのに今まで見たことなかったけど,@nifty:デイリーポータルZって面白いね。毎日数ネタずつ追加されていくので飽きない。たまに致命的な日本語のミスがあるけど。“笑いが卑下る”とか。校正日記さんでも紹介されてたけど“○○が売っていた”とか。

ちりめんじゃことか小女子とかシラス干しに,小さいタコやカニやエビが混じってるじゃない?昨今のことだから,絶対取り出して並べるネタをやってるサイトがあるはずだと思って,検索したら出てきたのがデイリーポータルZだったんだけど。

ああ,小ネタの宝石箱。こういうサイト運営できたら楽しいだろうなー。いいなー。

テーマ:(´・ω・`) - ジャンル:日記

秋葉山常夜燈と小さなお社
豊田市神明町。鶴の湯さん,白瀬中尉終焉の地碑と同じ並び。

でっかいマンションの隙間に常夜燈。
常夜燈1(070203豊田市)

このマンションの辺りにコロモ劇場があったんだよね?

「秋葉山」「町内安全」
常夜燈2(070203豊田市)

文政十年(判読できず)三月。読めなかった部分は多分干支だから,丁亥かな。文政十年は1827年であります。

電球が入ってる。現役?
常夜燈3(070203豊田市)


背後の建物。何故黄色?
小さいお社1(070203豊田市)

実はこの中には,小さなお社が二つ。

向かって右は「正一位~火災鎮護」だから秋葉様だね。
小さいお社2(070203豊田市)


左は何も書かれてない。
小さいお社3(070203豊田市)

パターン的に神明社……?(自信なし)

しかし黄色。何故黄色。ペンキべったり。まさか風水?

・秋葉山常夜燈と小さなお社
【住所】愛知県豊田市神明町2丁目付近
【地図】いつもガイド

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

世界一の美濃焼こま犬
ギネスブックにも載っているという,世界最大の美濃焼こま犬。「こま犬」ていうのは,説明書きにある表記。「狛犬」にしないのには何か意味があるんだろうね。色々ね。

敷地の全体像は前の記事で見ていただくとして,詳細について。

道路から見上げてみた。
世界一の美濃焼こま犬1(070415岐阜県瑞浪市)


目の前まで行けるので,入ってみる。
世界一の美濃焼こま犬2(070415岐阜県瑞浪市)

入口にも一対,陶製の狛犬さん。石造りのと全然違う意匠で面白い。材質による制約が,味になってると思う。

おー,でかいでかい。
世界一の美濃焼こま犬3(070415岐阜県瑞浪市)


お約束,真下からのショット。
世界一の美濃焼こま犬4(070415岐阜県瑞浪市)

背後に窯の一部が写っているのが判るだろうか。ここで成型して,ここで焼いたのだ。高さ3.3m,重さは一対で15トン。強度と重さを考えると,持ち上げて運べるレベルでは無いと思う(材料屋的に。まったく不可能とは言わんが)。

阿の狛さん。
世界一の美濃焼こま犬5(070415岐阜県瑞浪市)


吽の狛さん。
世界一の美濃焼こま犬6(070415岐阜県瑞浪市)

下から撮ると,足先がぶっとく見えて可愛い。

「世界一の美濃焼こま犬概要」
世界一の美濃焼こま犬7(070415岐阜県瑞浪市)

中身は岐阜県瑞浪市陶町大川こま犬の会公式サイトに書いてあるので略。

[参照] 世界一の美濃焼こま犬HOMEPAGE

やるなあ公式サイト。ちなみにモデルになった「大川窯四代目羽柴与左右衛門景度の美濃焼こま犬」というのはこちらの上の写真(みずなみ大好き:瑞浪市観光協会のサイトより)。

「世界一の美濃焼こま犬製作過程」
説明(070415岐阜県瑞浪市)

これがまた,一枚一枚焼き物で出来とるのよ。町の人総出で昼夜交代で窯の管理したっていうし,もうそれだけでも感動。

一枚一枚の写真があるけど,枚数が多いので続きにて。興味のある方は,下の“続きを読む”からどうぞ。
[世界一の美濃焼こま犬]の続きを読む

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

神社巡り覚え書(4/15)
結局また1社のみで帰ってきちゃう辺りが体力不足。でも今日は県外。豊田市は岐阜県とくっついてるから,県外といっても隣の市なんだけどね。

岐阜県瑞浪市陶町「世界一の美濃焼こま犬」
世界最大美濃焼の狛犬

高さ3.3m。すごかろ?美濃焼じゃなくても,狛犬として世界最大ってことでいいんだよね?ギネスブックに載ってるらしいし。

ここを拠点に,お隣の八王子神社,近くの石仏など見てきた。そう遠くないところに,もう何社かあるんだけど断念。

岐阜の神社って何か凄そうなところが多くて(ご祭神とか),リストで名前だけ見ててもワクワク。勿論愛知が中心だけど,たまに脱線しに行こっと。

狛犬と神社の記事は後日。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

ペンタブレットで遊んでみた
だもの

地図や写真にイタズラするのにいいかと思って買ったもの。全然使ってないけど。これ仕事でも使いたいなあ。また休職期間が延びてしまったので,そんなことを言ってる場合じゃないんだが。

も描いてみたけど,マウスよりマシだってくらいで,ペンだからってそうそう鉛筆みたいにはいかないのな。

というわけで,もうしばらく,こんな生活が続くですよ。薬が更に増えたというのは,効けば症状が治まって楽になるということで,前向きにとらえときましょー。

テーマ:il||li _| ̄|○ ilil||li ハァ・・・ - ジャンル:日記

でれでれ
うーん。体調のいいのが半月持たないなあ。昨日,記事アップして風呂入ったあたりから気分悪くなった。昼過ぎには多少よくなったんだけど,夕方異様に眠くて横になっていた。

自分の場合,身体がおかしいときは,眠れないか寝すぎるか,変なときに眠気がさすかだ。

また,その眠気というのが,布団に入ってフニフニできたらシアワセだなーという,授業中とか片付け仕事中によくなるああいうのではなくて,眩暈というかダルさというか,きっと寝始めても苦しいんだろうなという予感を伴った嫌な感覚。

気持ちよく眠れるのも健康の証だよねえ。何ヶ月か,そういう幸せは味わってないような気がする。

テーマ:(  ´・ω・)モニュ? - ジャンル:日記

忠魂碑
豊田市畝部東町の社口社向かいの忠魂碑。神社巡りをしていると,よく境内で見かけるので,近頃何となく興味が。

中切児童館の敷地になるのかな。
忠魂碑など1(070328豊田市)

後ろに火の見櫓。

「忠魂碑」
忠魂碑など2(070328豊田市)


「殉国」
忠魂碑など3(070328豊田市)

その地域の人々の想いが感じられる気がしてね。それは神社も同じだけど。

・忠魂碑
【住所】愛知県豊田市畝部東町中切付近
【地図】いつもガイド

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

社口社
豊田市畝部東町の社口社。読みはシャグチでいいのだろうな?

愛知県神社庁に登録されている神社の中で,社口とつくところは3社。全て豊田市の上郷地区にある。だから,この辺りに誰かが居たんじゃないかと思う。どういう誰かかはよう書かんけど(社名だけじゃなくて,ご祭神で追わなきゃいけないんだろうけど,まだ無理なんで追々)。

鳥居は無い。いきなり狛犬さんと社殿。
社口社1(070328豊田市)

右手前の遊具のところでは小さな子,社殿の周りでは大きな子たちがおおはしゃぎで遊んでいた。赤ちゃんを抱っこしたお母さんも。

手水舎。
社口社2(070328豊田市)


阿の狛さん。
社口社3(070328豊田市)


吽の狛さん。
社口社4(070328豊田市)

昭和六年十月と読めたと思う。

拝殿から本殿。
社口社5(070328豊田市)


道を挟んで向かいから一枚。
社口社6(070328豊田市)

拝殿のところに宮司さんのお名前と連絡先が貼ってあったのだけれども,これが広美町の日吉神社の貼り紙と同じ方。この日,あちこちの神社でお名前を拝見した。手広く兼務されて居るのだろうなあ。

辺りには社名すら書いてなかったので,ここがまず社口社だというのは,地図や住所や本や,色々なものから行きついた結果である。その他のデータも,本から拾うことになる。

「豊田市史10」
社名:社口社/祭神:石上神/創建:不明/祭日:7月16日。

「上郷町誌」
社口社 14級社/(祭神,創建,祭日は上に同じ)/社殿:権現形造り,神殿1坪5合,幣殿3坪,拝殿6坪/境内地:177坪,境内神社があり天照皇太神が祀ってある。

「碧海郡神社写真帖」
・現在の社殿は白塗り・ガラス戸・銅葺きだが,戦前の写真では木目そのままで瓦葺き(権現形かどうかはよくわからない)。
・狛犬の黒目と奉献の文字は黒く塗ってあった模様。
・社名,ご祭神,祭日は上の2つに同じ。

「上郷風土記」
・色々書いてあるが,何を根拠に社口社と繋げているのか不明。足利尾張守泰氏の孫,頼遠が京都八坂より牛頭天王を請願(原文ママ。請願て言い方もするの?)したのが始まりじゃないの,という話。
・牛頭天王→石上神への変化については,「足利氏の全盛期、各所に牛頭天王を祭祀されし時代があったのであるが、足利市の衰亡と同時に徳川の中期より植産開発(原文ママ。殖産じゃないのか)に重きを置き、当時一般民間信仰であった石上神に移祭されしものならんか」としている。

社殿については,「上郷町誌(S41)」の出た後で建て直されて,境内社も中にあるんじゃないかなあと勝手に想像。

「上郷風土記」に色々変なところが多いのは,昭和25~29の新聞連載を,昭和も末期になって本に纏めたときに,誤植や調査不足をやったからだと思う。文章は連載時のまま,挿入写真は新しい時代のもの。建て替えどころか移転があっても注釈は一切入らず,住所の表記も(これは移転関係なく)新旧取り混ぜてイイカゲンである。

元の筆者の記述については文句は無いので内容に話を戻すと“当時一般民間信仰であった石上神”って気になるな。

石上神=イソノカミノカミ=石上神宮の神様=布都御魂大神と判断しちゃいけないのだろうか。フツノミタマ!物部氏!とか,また勝手に喜んでいたのだけど,民間信仰?フツノミタマかその一面が民間信仰されていたのか,そもそもこの神はフツノミタマとは違う(読みも違う?)のか。

ちなみに,豊田市畝部西町や永覚町の社口社のご祭神は猿田彦神らしい。畝部西町のほうは,ここも石上神と「上郷風土記」には書いてあって,“我が国神道の最も古いと言われて居る造形信仰の石上神”という記述が見える。

フツノミタマの性質をよく知らない(辞典に書いてあるような内容はともかく)のでちょっと置いて,石で古い信仰でというと,塞の神・道祖神としてのサルタヒコとは繋がるところがあるような。

サルタヒコ=金精様=男根信仰でツルギとも繋がるか?(違う気がするぞー)

大御所神奈備さんにミシヤグチ神、御社宮司社、御射山社、社宮社の一覧というページがある。今見たら,ちゃんと豊田市の社口社も載ってるね。流石だなあ。畝部東町の社口社は「布都御魂神」。ソースは何だろう。自分の周りにある資料には,みんな「石上神」って書いてあるから,それ以外の情報源なんだろうなあ。

上で紹介されてる「神社を中心としたる宝飯郡史」は図書館にある(確か帯出禁止)。あとは柳田の「石神問答」?これは知らなんだ。探してみよう。

もう一つ。「豊田市史10」の後ろのほうに,石仏だの燈篭だのの図版集がくっついているのだが,そこからの情報。社口神として石祠,石碑がいくつか紹介されている。抜粋,要約すると,
・市内では最も古い神だが由来不明。
・古老の伝承によれば
(1)村開拓の守り神
(2)古来から村境を守る神
(3)氏神の入口の神
(4)村の草分けの家の守り神 etc.
・表記:沙口・社口・社宮司・社愚子

これも道祖神・塞の神系だよね?そうすると,最初思ってたフツノミタマ説だけ浮いてる気がする。ツルギの神だってこと以外把握できていないから,そう思えるだけなのかなあ。

豊田市内の他2社も参拝済みなので,近いうちに記事にしようと思う。何やら判らん過ぎる。落ち着かん。

・社口社
【住所】愛知県豊田市畝部東町長乱43
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【豊田市・上郷地区】

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

神社巡り覚え書(4/10)
上郷地区を歩いてみよう自主企画その2。病人向けバージョン。

上郷コミュニティーセンター
→敷地内の社口社旧跡(上郷町)
→車塚古墳(永覚町)
→忠魂碑(永覚町)
→社口社(永覚町)
→八幡社(上郷町)
→常夜燈(上郷町)

多分全行程で2キロもない。わー楽。日差し(紫外線)と黄砂はちょっとアレだけど,これくらいなら毎日でも歩けそうな。でも,そうかあ,楽に歩けるのは2キロかあ。ショボイなあ。

上郷地区は,ちょっと歩くと何かある気がする。お散歩にいいねえ。面白いねえ。

TMC上郷工場北東部の桜。永覚町上長根の交差点から。
上郷工場の桜(070410豊田市)

他は半分散ってるのに,この一角だけ満開だった。
 

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

熊野神社
豊田市幸町の熊野神社。

「熊野神社」。上の消されている部分は「村社」
熊野神社1(070328豊田市)


鳥居から拝殿。拝殿のアップの写真,撮り忘れた。
熊野神社2(070328豊田市)

この日の歩いて神社巡りも後半で,クタビレ果てていたせいか。

水盤。
熊野神社3(070328豊田市)


阿の狛さん。
熊野神社4(070328豊田市)


吽の狛さん。
熊野神社5(070328豊田市)

大正十三年十月奉納。

拝殿の屋根,向かって右の逆立ち唐獅子。阿。
熊野神社6(070328豊田市)


同じく,吽。
熊野神社7(070328豊田市)


拝殿から本殿。拝殿の懸魚が良い。
熊野神社8(070328豊田市)

自分はこういうのが好きだ。脇には遊具。

拝殿の獅子口んとこに葵の御紋。おおー。
熊野神社9(070328豊田市)

この日,上郷地区をずーっと歩いてて思ったんだけど,なんか岡崎っぽいんだよね,この辺。雰囲気というか,色々。豊田っぽくない。川一本挟んですぐ岡崎だから,そうなのかもしれないけど。

本殿。本殿の屋根にも唐獅子が居るね。
熊野神社10(070328豊田市)


反対側から本殿。屋根に唐獅子。
熊野神社11(070328豊田市)


んー。境内社?
熊野神社12(070328豊田市)


紋があるな。
熊野神社13(070328豊田市)

輪宝紋の類?何か仏教くさい。

由緒だが,境内に説明書きはなし。例によって本から拾う。「豊田市史10」には,幸町屋敷畑1,熊野神社,祭神は素盞鳴命,創建は至徳元年,祭日は10月12日とある。

住所は,もしかしたら変遷があるのかもしれないが,現在では「幸町隣松寺」。「碧海郡神社写真帖」によれば,過去に「上郷村大字隣松寺字屋敷畑」だったことがあるので,混同の可能性もある。この本でも祭神は同じだが,例祭日は十月十三日になっている。

「上郷町誌」では,祭神は素戔嗚命(ちょっと表記が違う),
・浄土宗隣松寺に伝わる書中に“五穀豊熟仏法守護のために紀州熊野大神を勧請し奉る”とある。
・元紀州熊野大神の神主で,穂積氏の苗裔であるところの鈴木氏の一族が古くからこの地方に居住して氏神として尊崇
・境内社4社
日本語のつながりがおかしかったり主語が不明だったりで,うまく読み取れて居ないかも。とりあえず,境内社4社とな!?というところには驚いておく。

例の濃い「上郷風土記」より,抜粋&要約。
・隣松寺の鎮守で,寺領の一角に奉斎。
・明治になって神仏分離令で隣松寺村の氏神という扱いに。
・以下の二点から,祭祀は平安後期頃か。
(1)この地方の熊野神社の創始は,保元の乱に敗れた七郎正持が岡崎箱柳に熊野神社を創祀したことだと寛政譜に載っている。
(2)この地方に熊野神領があった。

まとめてみると,祭神は,どれも(まあ)同じでスサノオ。……熊野大神ってスサノオなの?ええと,熊野大神=熊野権現=熊野三山に祀られる神々で,熊野三山=熊野速玉大社+熊野本宮大社+熊野那智大社。

・熊野速玉大社:【主祭神】熊野速玉大神,熊野夫須美大神
・熊野本宮大社:【主祭神】家都美御子大神
・熊野那智大社:【主祭神】熊野夫須美大神

ケツミコ神の別名がスサノオだとかいう話はどこかで聞いたような?サルタヒコも大概だけど,スサノオも名を変え,姿を変えで手広いからなあ。素人の手には余るだよ。

創建は,至徳元年とすると1384年。これは北朝の年号だから,南朝のになおすと元中元年。「上郷風土記」で根拠に挙げられている保元の乱は1156年。コレに参戦してた人が建てたとすると,広く取っても至徳説より200年は遡るね。

七郎正持って誰?という件。探してみたら,有名なサイトに載ってた。日本の苗字七千傑さんの姓氏類別大観 桓武平氏忠正流のページ。ここによると,平清盛の叔父に右馬助忠正という人が居て,この一族は崇徳上皇方(負けたほう)について六条河原で斬首されちゃうんだけど,乱を避けて三河国道根郷に蟄居していた末男七郎正持は生き延びて(これだと敗走じゃなくて最初から戦に参加してなかったみたい),三河の中根氏の祖となり,子孫は清康(家康の祖父)以降,松平(徳川)氏に仕えて幕臣ともなったということである。色々繋がってて面白いねえ。

熊野神領の件は時代は判らないけれども,こんなページを見つけた(播磨屋.comさんのデータにはお世話になりっぱなし)。穂積鈴木氏は饒速日命の後裔を名乗っているそうだ。ニギハヤヒといえば物部氏!……とか独りで興奮しても仕方がないのだが。

屋根にあった三つ葉葵の紋の件。元々鎮守していた隣松寺に,家康の両親が日参して授かったのが竹千代(家康)だそうな。だから徳川(松平)家とは縁が深いのだな。両親って,松平広忠と於大の方ね。大河ドラマ見てたんだけどなー(滝田栄の)。父親の名前は忘れとったなー。

あとわかんないのは境内社の件だね。4社ってどこに?(まとめてあの小さい社殿の中?)とか構成は?とか。どこかに記録がないかなあ。

・熊野神社
【住所】愛知県豊田市幸町隣松寺44
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【豊田市・上郷地区】

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

神社巡り覚え書(4/8)&花色々
本徳町の八柱神社へ行こうと,国道155号で市街地を抜けて猿投方面へ。街を過ぎたのにクルマ多いなあと思っていると,栄町1丁目交差点のド真ん中に事故車。エアバッグは見えなかった気がするけど,ボンネットまでイっちゃったファンカーゴ。右直事故やろなあ。

付近の桜は満開を過ぎて,ちょっと風が吹くと桜吹雪。この交差点と,豊田高専際の桜並木は有名だよね。で,混んでた原因は,勿論桜で,もうちょっと行ったところにある緑化センター。向かいのサークルKもクルマ満杯。レジャーごときで,わざわざ人ごみに突っ込んでいく気持ちは,自分には理解できない。イベントに命かけてるよね,みんな。

やっと辿り着いた八柱神社の階段で死に掛けて帰ってきた。もう何ヶ所か行きたいところもあったのだけれども,体調が悪くなりかけたので中止。今日もまた,黄砂で顔が粉っぽい。クルマなんかひどいもんよ。

【20070410修正】
実は辿り着いた八柱神社が乙部町のものだったことが判明。途中で曲がらなきゃいけないところを通り過ぎていたらしい。300mの距離に同名の神社がたまたまあったので気付かなかったという……。


本徳町。上の白っぽいのは桜,下の濃いピンクが桃。
本徳町の花(070408豊田市)

手前の花も葉もないのはなんじゃろか。

これが桃。舞木町の辺りは一面このピンク。
本徳町の桃(070408豊田市)

写真は本徳町~乙部町辺りのだけど。

加納町の(多分)梨。
加納町の梨(070408豊田市)

棚があって白いから,梨かなって。猿投の梨も,桃と並んで有名だし。

猿投中学の桜。
猿投中の桜(070408豊田市)


挙母小学校の桜。車中より。
挙母小の桜(070408豊田市)


JAあいち豊田の桜。これも信号待ちの車中から。
JAあいち豊田の桜(070408豊田市)


同じく,豊田市美術館の桜。
豊田市美術館の桜(070408豊田市)

カバハウス裏,TB猿投工場,TY吉原工場,若林東町高根下交差点際の駐車場,知立団地の北のはずれの公園の桜も綺麗だったなー。今日ぐるっと,クルマで通りすがって来たさ。

今週見そびれた人は,市内でも山のほうなら,まだ来週も見られるんじゃないかな。どことはよう言えんけど。毎年,結構時間差あるよ。
 

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

春,春
菜の花(070328豊田市)

上郷護国神社近くの川(用水)沿いの菜の花。

お察しの通り手抜き記事である。

テーマ:春だねぇ。.:+゚ - ジャンル:日記

ブログの近況とか
一昨日の夜あたりだったかな,に5千ヒット達成。多謝であります。

無謀にも重複なしの設定にしてるもんだから,全ページ読んでって下さる方(たまにいらっしゃる)などがみえても,カウントは1。さあ,次の目標は1万ヒットですよ(`・ω・´)

こないだやったランキングの愛知県内版をやろうとか思って,またもや自治体別の神社の数をちまちま数えてみた。市内に神社がヒトケタしかない(神社庁登録ベース)ところってあるんだねー。知立とか高浜とか。2日もあれば回れちゃいそうな?

というわけで,とりあえず知立の神社の場所をチェック中。名鉄電車で行けば,車ナシでも回れるかなあ。

テーマ:(・∀・) - ジャンル:日記

憧れの本たちの背表紙を読むときめきは
一昨日とは違う本屋へ久しぶりに行った。全分野を網羅していられるほど大きくて力のある本屋が進出するような土地ではないため,どこの本屋にも仕方なしに偏りが出来る。その偏りを見極めて動けば,まあそれなりに欲しいものは手に入るのだ。

単に品の揃え方が下手糞という哀れなグループは置いておくにしても(まず行かん),豊田市には「何はなくとも通える本屋」というものが非常に少ない。片手の指ほどもない。

自分がまだ制服など着ていた頃,岡崎にミステリ専門書店があった。1階には雑誌やら普通の本もあったのだが,ロフト風の2階へ上がると,ミステリと幻想文学がギッシリ。棚の一段,いや棚一つ,まとめて自分の物にしたいような品揃え。子どもには文庫本くらいしか買えず,それでもいつかはと思っていたが,自分が他県の大学へ行っているうちに閉店した。

その他県にも,マニアックな品揃えの本屋がいくつかあった。バイトの帰りに古書店やらとともに梯子しては,給金使い尽くして帰ったものだった。揃いで3万の専門誌がどうしても欲しくて,古書肆の店長さんにお金が溜まるまで取っておいてって頼んだこともある(悩んでたら取っておこうかって言ってくださった)。

近頃本屋であまりときめかないのは,品揃えが一般向けに平坦になってしまったからなのか,自分の病(趣味)が膏肓に入ってしまって,よりディープでないと満足できないからなのか。

憧れの八重洲ブックセンターでもときめかなかったからなあ。日本で5本の指には入るでしょ,あそこ?名古屋の丸善もなあ(入り口近くの文具コーナーは楽しい)。マナハウスは面白いところもあるけど,店内の配置がウザくて元気なときしか行かない。

学生時代から一日一冊ペース(漫画も含めてだが)を崩したことがなかったのだけれども(目指さずとも自然に),ここ何年かは読書量も減っちゃっててな。自分の本に対する興味が以前より薄まっているのは事実のようだ。

制服~学生時代のことを思えば,手に入らないうちが花だったのかもね。そう思えば贅沢な話だ。本屋が悪いわけじゃない。

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

寒っ
昨日は寒さで夜中と朝と,二回目が覚めた。起きたら目が回っていたが,気にせずブログの記事アップ。

更に気にせず朝風呂に入った。先週の土曜に髪をバッサリ切ったので,洗髪が楽でよい。ええもうバッサリ。中学生の時以来というくらい短い。

髪が乾く頃には眩暈も消え去ったので本屋へ。レシート5千円分で一回籤を引けるというキャンペーン中で,この日は3度目だったのだが,まだトータルで4千円。あと十日ほどで,もう千円か。欲しい本があるかいな。

今日も足が冷えて起きた。って足元の布団撥ねとるやんか。そりゃ寒いわ。そのまま起きて,ヤングコーンのベーコン巻きとスクランブルエッグで朝食。

出かけない日は特に,主食は控えとるの。脳みそにグルコースは必要だけど,炭水化物なんて摂り過ぎると胃にも悪いし太るし。麺好き御飯好きなんで最初辛かったけど,慣れると大したことはない。胃袋が楽だし。動いた日とか,仕事に復帰したら,ちゃんと食べるけどね,勿論。

今日は天気が悪くなるっていうから外出を控えたのに,まだいい天気。まあ,水曜日の夕方は街の動きが違う(某系列のホワイトカラーが一斉に定時帰宅推奨日)ので,出歩かないのが吉である。

次はどの辺を回ろうかなあとか,地図を見ながら考える。旧豊田市以外の地区は行きにくいんだよな。山なのと土地勘がないのと。公共交通機関もアテにならんしねえ。んでも,足助八幡くらいは攻めれるのか。ううむ。どうしよう。

テーマ:(・∀・) - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。