ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
2017年01月<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>2017年03月
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竜宮社
堤防沿いの道路は,みんな凄い勢いでクルマを飛ばすのだ。横切るのは可能でも,沿って歩くのは命取り。

何とか道を渡って,堤防を降りる。

鳥居と川面が見えた。
竜宮社1(061125豊田市)

なんか綺麗だったので撮ったけど,水の色をちゃんと写すのは難しいみたい。

鳥居から社殿。
竜宮社2(061125豊田市)

すぐ後ろが水路でね。これ以上下がれなくって,鳥居の全体像を正面から撮るのはムリだった。

社殿。
竜宮社3(061125豊田市)

ちぃーっちゃいお社が覆い屋で守られてる感じ。

社殿の後ろに木が一本,どーん。
竜宮社4(061125豊田市)


鳥居のすぐ外は水門なのだった。
竜宮社5(061125豊田市)

水の神様だから丁度いいかな?

入り口の竜宮社縁起(石碑だ)によると,祭神は八大竜王。創建は鎌倉時代末期か?矢作川のこのへんは,“深淵をなし舟行の難所だった”そうだ(深淵と聞くと,いあいあ!な自分である)。

八大竜王ってもろに仏教系なんだが,さすが習合時代?

“徳川時代になってから農業の盛んになるにつれて,根川六箇村の雨乞いの神さまとして崇敬され「おはつさく」(陰暦八月一日)には根川各村の若衆が拝殿で鼓楽を奉納し,祭旗が参道に連立して非常に賑わったという。”……って拝殿て本殿・拝殿なんて区別のあるような大きな社殿なんかなくなってるし,旗が連立するような長い参道も,もうないし。

「おはつさく」ってあれだ。八朔。みかんじゃないよ。てかみかんのあれもネーミングの由来は一緒だけど。

「膳貸しの話」ってのも題名だけ出てくるが「当地方の有名な伝説」?食器を貸してくれる淵だかがあって,みんな重宝してたのに馬鹿が返さず二度と貸してもらえなくなるっつーよくある話かな?

この縁起,書いたのが長興寺の住職さん。長興寺の管理下なのかなあ。賑わってた頃は,もっと境内も社殿も大きかったんだろうね。古地図漁ったら出てくるかな?

もうちょっとお参りしやすいと嬉しいな。ちょっとクルマが危なくてね。まず人がうろつかない場所だもんで,ドライバーも油断するし。

・竜宮社
【住所】愛知県豊田市長興寺

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
こんにちは!!
相当興味深いブログ発見♪
これからも楽しみに購読させていただきたので
リンクさせていただきまっす!
またゆっくり寄らせていただきますね^^
2006/11/27(月) 23:25:33 | URL | caoricci #-[ 編集]
わー。
こんばんは。
奇特な方が……(ゴメンナサイ)
ブログ拝見&拝読しましたよー。何て充実した記事&人生なんだ!と思いました。
ご両親もhubbyさんも素敵ですね。
ウチは日本のほんの一角の神社を,ド素人が紹介するというアレなブログですが,よかったらまたいらしてください。
自分もまた伺います。
2006/11/28(火) 00:51:19 | URL | 遊魚 #gIYQI5Sw[ 編集]
お久です^^
ど~も~ こんばんは~
しばらく来ない間に記事がこんなに増加(@@)
今、全部拝見いたしました。


ところで、この竜王神社はかなりヤバイですね。
もうここには行かないほうがいいのではないでしょうか。

俺たち神社めぐり族的(w)には神社を全部回るのが基本ですが、その分リスクみたいのもあると思います。

俺はヤバイなと思った神社は、鳥居をくぐりません。鳥居の外から眺めて鳥居の写真だけ撮って帰ってきます。
2006/11/28(火) 22:11:37 | URL | 裕太 #vXeIqmFk[ 編集]
こんばんは。
ヤバイ?というのは何です?アッチ系の話ですか?自分は全くそういうのを生まれてこの方,全く感じたことのない人種ですが。
ヤバイと思えば入りませんが,感じられんのだから仕方がないですね(ここも水辺ですから様々想いは集まりましょうが)。今後もどこでも行っちゃうと思います。
リスクは今のところ筋肉痛くらいですなw
2006/11/28(火) 23:26:14 | URL | 遊魚 #gIYQI5Sw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hazardous.blog34.fc2.com/tb.php/134-7c7717c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。