ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
2017年01月<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>2017年03月
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高津社
安城市井杭山町の高津社。読みは多分コウヅ。理由:恐らくこちらは大阪市中央区の高津宮の関連なのだが,高津宮さんの公式サイトに“こうづさん”という記述が見えるから。アドレスもkouzuだし。

但し,ご祭神である仁徳天皇のましました難波高津宮は,ナニワ(ノ)タカツノミヤと読まれているようである。結局,地元行って訊いてみなきゃ判んないのだ。目の前にバス停があったから,バスのアナウンス聴くのでもいいかも。手元の資料には,読み仮名が載ってないんで……。

参道が,通りと並行にある。背後は雑居ビル。
高津社1(070517安城市)


「津社」。社は隠れて見えないけど。
高津社2(070517安城市)

社号標は「御大典記念」 「昭和三年十一月」

鳥居から社殿。
高津社3(070517安城市)

「講和記念」 「昭和二十六年九月建之」の鳥居。ど真ん中にポールが立ってた。クルマよけだろうけど,ううん。

手水舎。奥は社務所かな。
高津社4(070517安城市)


狛犬さんと拝殿。
高津社5(070517安城市)


阿の狛さん。
高津社6(070517安城市)


吽の狛さん。
高津社7(070517安城市)

昭和十三年五月奉納。

拝殿を横から。
高津社8(070517安城市)


見えづらかったので反対側へ。詞殿?から本殿。
高津社9(070517安城市)

詞殿というのは,後述の造営記念碑に書いてあった単語。祝詞殿と同じようなものかなあ。

本殿。
高津社10(070517安城市)

この写真じゃ全然見えないのだが,屋根の端の鬼瓦のところに五三か五七の桐らしき紋があった。冒頭で書いた大阪の高津宮も,サイトを見ると,天皇家の菊花紋と並んで五七の桐があるから,やっぱり関連なんだろうなと勝手に思う。

「津神社々殿造営記」
高津社11(070517安城市)

ここの題名だけ「津神社」になってた。本文では「津社」。
津神社々殿造営記

津社は仁徳天皇大鶴■[奈+鳥]命を祭神として住民の崇敬を集めている神社であります 社歴によれば宝永四年三月西暦一七〇七年に氏神様として創建されました

拝殿は明治十一年に建立され以来幾星霜を経て今日に至っており本殿と詞殿は昭和九年に造営されました 尚大正末期に現在の見合橋近くにあった秋葉神社が境内に奉祀されました

このたび公民館の新築を契機として拝殿の修復造営の機運がまり六十年に入って造営の事業が本格的に発起され評議員並奉賛会において協議のすえ氏子各位の賛同を得て再建が決定されました

その後建設委員会が中心となって計画推進にあたり資金は氏子各位より寄進を仰ぐことになりました 発議より六ヶ月余で念願の社殿完成の日を迎えることが出来ました 九月の祭礼には盛大に奉祝祭がとり行われました

ここに津社の威容整いその尊厳と御神徳の愈々の昂揚を期し今日の深い喜びと感謝をこめて御再建の敬意を記します

仁徳天皇の名は,通常,大鷦鷯尊と書いて(命か尊かは置いといて)オオサザキノミコトなのだが,ここでは漢字も違うし読み仮名もオオサザナミノミコトになっている。誤記・誤読だと言うのは簡単だけど,どうなのかな。

これが大正末期にここへ移ってきたという秋葉社。
高津社12(070517安城市)

元・秋葉神社。境内社扱いになると,神社って名のままのわけにはいかないのか。元近くあったという見合橋,Googleで検索したら釣り情報ばっかり出てきた。

秋葉社の屋根。
高津社13(070517安城市)

こちらも,拝殿と一緒に造営したみたい。手水舎横の灯篭の裏に「拝殿再建/秋葉神社/造営記念/昭和六十年九月吉日/氏子中」とあったから。

境内にあった「殉國之碑」
高津社14(070517安城市)

なかなか資料がないのだが,一つだけ。

「碧海郡神社写真帖」
依佐美村大字井杭山字壹本木鎮座/無格社 高津社/御祭神 大鷦鷯命/御例祭 九月二十八日

表記が大鷦鷯命だ,と言いたかっただけ。うん。

・高津社
【住所】愛知県安城市井杭山町一本木
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【安城市】

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hazardous.blog34.fc2.com/tb.php/341-77218e71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。