ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
2017年05月<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2017年07月
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
庚申社
豊田市渡刈町の庚申社。珍しいモノかと思ったら,そうでもないらしい。Googleでちょっと検索しただけでも結構ひっかかる。

"庚申社"の検索結果
"庚申神社"の検索結果

豊田市の,この庚申社については出てこないわけだけど。

行ってみると,こんなふうに様々並んでいる。
庚申社1(070515豊田市)

庚申社自体のお社は右奥なんだが,まあ左から順に。

青面金剛様。
庚申社2(070515豊田市)


アップで。
庚申社3(070515豊田市)


このように憤怒形で手がいっぱいあって,
庚申社4(070515豊田市)


三猿が居たら,まず青面金剛(庚申様)。
庚申社5(070515豊田市)

庚申の日は,眠ると身体から三尸の虫が出て,天帝に日ごろの悪事を報告に行くそうな。なので寝ないでドンチャン騒ぎをする。60日に1回徹夜だぜ。たまらんよな。

先日,他所様のブログで“如意輪観音+三猿”という組み合わせを見た。三猿さえ居れば庚申様という,自分の中の安易な図式は,ここで壊れた。如意輪様は立て膝に柔和なお顔に頬杖だから,いくら自分がボケでもチガウと気付けるとは思うけど……。判断基準が変わる瞬間というのはスリリングである。

庚申様に三猿がくっついているのは,三尸の虫の告げ口に対抗して,見ナイデ聞カナイデ言ワナイデ!ってことなんだろうな。きっと。昔は庚申講(庚申の夜のドンチャン騒ぎ)が盛んだったようだけど,本気で怖がっていたのか騒ぎたいほうが大きかったのか(平安時代頃は本気が大きそうだが,江戸ともなるとどうなんだろう)。

青面金剛様の向かって右には庚申塔がズラっと。
庚申社6(070515豊田市)

最初からずらっとあったわけでは絶対にない。あちこちの道端などにあったのが,再開発で置いとけなくなって集められたんでしょう。見た瞬間,たくさんあって嬉しいと思うのと同時に,ヤラレタ感が駆け巡った。元々どこにあったのか,それが知りたいのに。

全部で6基あった。左から順に,1
庚申社7(070515豊田市)



庚申社8(070515豊田市)



庚申社9(070515豊田市)



庚申社10(070515豊田市)



庚申社11(070515豊田市)



庚申社12(070515豊田市)

「豊田市の石像文化財」を見ると,江戸時代のやつがあるようだ。こんなふうに書いてある。

所在地:渡刈町富士塚/所在特記:庚申社前/調査物名:庚申塔/像容・形態:自然石/記録年( )内は推定:(江戸~明治)/寸法:119*476

同じく,記録年が(江戸)で,寸法が120*60というのも並んでいる。どうも寸法というのはセンチメートル表示らしい(どこにも凡例が無いのだ)。すると119*476の476は5メートル近くなるわけで,明らかに間違い。ヒトケタ間違えたと思われる。どちらにしろ,高さは119と120で子どもの身長くらいというと,上の写真の5番と6番がそれくらいあったかなあという記憶。

ついでに同じ本に,青面金剛童子として,上にあるのとまったく同じに見える写真が載っているのだが,所在地が“渡刈町申町”で“寿恵野小学校東”“申町と鴛鴨町半内の境”になっている。地図を見てもアザが入り組んでいてよく判らんが,庚申塔には“庚申社前”と注釈をつけて青面金剛には無いわけだから,こちらも近年移動された可能性が高い(この本は2002年製)。

これが多分庚申社。
庚申社13(070515豊田市)


屋根など見上げてみる。うんうん(何がだ)。
庚申社14(070515豊田市)


中にあるのが庚申様のお社でしょう。
庚申社15(070515豊田市)

ピンボケたけど。お祀りされている神様が,コウシン様と呼ばれているのか,よくある通りサルタヒコ様なのかはわからない。

手洗い場。
庚申社16(070515豊田市)

何故か丸い。写真の右奥に見えるとおり,背後は墓地。お社にも青面金剛様にも庚申塔にも,真新しい切花の供えられてあったのがよかった。

・庚申社
【住所】愛知県豊田市渡刈町富士塚付近
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【豊田市・上郷地区】

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hazardous.blog34.fc2.com/tb.php/364-34311305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。