ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
2017年05月<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2017年07月
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
挙母神社〔3〕
豊田市挙母町の挙母神社の記事,3つめ。
(前の記事はこちら→

神門?の前=神殿の手前まで来たので,いよいよ奥へ。あと境内社について書く。

神門?に向かって左手に,鳥居と門と狛犬さん。
挙母神社41(070203豊田市)

ここから,神門?の裏まで回れるのだ。

阿の狛さん。
挙母神社42(070203豊田市)


吽の狛さん。
挙母神社43(070203豊田市)

狛犬さんはこれで4対め。たくさんあるなー。「昭和四十七壬子歳」と彫ってあった。

これが門。「子守大明神」とある。奥に見えるのは境内社。
挙母神社44(070203豊田市)


境内社は置いといて,これが神門?の中央の真裏にある建物。
挙母神社45(070203豊田市)

この奥(向こう側)に本殿がある。じゃあこれは幣殿とかいうやつか?

幣殿?の屋根。
挙母神社46(070203豊田市)


奥の一帯は白壁で囲まれている。外から眺めると,こんな感じ。
挙母神社47(070203豊田市)

樹で見えにくいけれども,右端が本殿。その左が幣殿?とか言ってるやつ。

ナナメ後ろから見上げた本殿。
挙母神社48(070203豊田市)

千木は外削ぎ,鰹木は5本。

さて,境内社。複数あるので順番に。

上で書いた門を入ってすぐのところにある秋葉社。
挙母神社49(070203豊田市)

横の小さな看板に「秋葉社/祭神 火産霊命/祭日 十二月十五日」とあった。色んなものに説明がついててありがたい。

上の写真で幟が見えている天満宮。
挙母神社50(070203豊田市)

「天満宮/祭神 菅原道眞之神/祭日 五月二十五日」とあった。幟には「学問守護 子守天満宮」

木鼻。このニヤケた目は獏じゃなくて象さんと思う。
挙母神社51(070203豊田市)


向かいに居た牛さん。撫で牛なのかな?
挙母神社52(070203豊田市)


幣殿?を挟んで反対側にある2社。
挙母神社53(070203豊田市)

向かって左の小さめのが金比羅社。右が御鍬社。それぞれ「金比羅社/祭神 大物主命/祭日 四月二十二日」 「御鍬社/祭神 豊受比賣大神/祭日 四月二十六日」

境内入口の大鳥居をくぐってすぐ左の津島社。
挙母神社54(070203豊田市)

どういうわけで,こんな真正面を塞ぐような常夜燈の置き方になったんでござんしょう?

「津島社/祭神 建速須佐之男命・櫛稲田比賣命/祭日 六月十五日」とあった。常夜燈には「明治三十五年十一月建之」

社務所に向かって右のお隣。子守稲荷社。
挙母神社55(070203豊田市)


稲荷さんといえば,やはり連なった赤い鳥居ですかネ。
挙母神社56(070203豊田市)


阿の狐さん。
挙母神社57(070203豊田市)


吽の狐さん。
挙母神社58(070203豊田市)

なかなかによいお顔ではないですか?「平和日本復興記念」 「昭和二十三年三月建之」 戦後すぐですな。

稲荷さんのお社。
挙母神社59(070203豊田市)

千木は外削ぎ,鰹木は3本。身を低めるようにして赤い鳥居のトンネルを抜ると,別世界へ来てしまったような感じ。この色彩。

鳥居の手前に看板があった。

子守稲荷の御祭神及び由来
     のぼりの御奉賛について

一、御祭神
宇迦之御魂大神〔稲霊神即ち米の神様〕
佐田彦大神〔猿田彦大神の別名〕
大宮能売大神〔天鈿女命の別名・芸能の祖神〕

一、御神徳
主祭神であります宇迦之御魂はもともと米の神様として信仰されていましたが世の中が進み特に商業が盛んになると農業の神様から商売繁盛の神或は家運隆昌の屋敷神としても広く武家屋敷・町屋の随所にお祀りされるようになりました。

一、由来
この稲荷が何時、どのような経緯で此処にお祀りされたのかは明らかではありませんが、今回出て参りました棟札によりますと昭和十五年五月に覆殿が造られたとありますので古くから小洞が祀られていたものと思われます。
御祭神は京都の伏見稲荷と同じであります。従って例祭日も、伏見稲荷の祭神を初めて御祀りした日にちなんで旧二月の初午の日であります。

一、のぼりの御奉賛の受付は一旗二、〇〇〇円にて承っております
御奉賛の方は社務所までお申し付け下さい。


社殿のすぐ横にあった看板には,「稲荷社/祭神 宇迦之御魂大神・猿田彦大神・大宮能賣大神/祭日 旧二月初午」とあった。同一神社内で表記が揃ってないのにも,もう慣れてきたな(よくあるの)。

しかしオオミヤノメとアメノウズメが同一神とな?巫女系だってこと以外に共通点があったかいな?うーん。

境内社,とりあえず以上です。残った写真は,子守薬師さんと石碑とその他。あと2記事くらいで終わるかな。挙母神社さん本体の由緒の話を全然書いてないしね(公式サイトにも載ってるんだけど一応ね)。

・挙母神社
【住所】愛知県豊田市挙母町5丁目1番地
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【豊田市・挙母地区】

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hazardous.blog34.fc2.com/tb.php/396-179f255b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
城っぽいけど蟹。そんなのがある豊田市。しばらく西三河編です。
2007/08/19(日) 19:45:33 | あらいのじかん~神社と朱印、ときどき猫と自転車~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。