ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
2017年05月<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2017年07月
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
挙母神社〔4〕
豊田市挙母町の挙母神社の記事,4つめ。
(前の記事はこちら→

子守薬師さんの話でもしましょうかね(もったいぶっているが,特別な知見を持っているとかそういうことは無い)。

挙母神社の鳥居をくぐって,ちょっと入って右手。元・手水舎?
挙母神社60(070203豊田市)


結構,お参りの方も居る。
挙母神社61(070203豊田市)


幟には「子守薬師如来」とある。
挙母神社62(070203豊田市)


「輝雲山瑞光院」
挙母神社63(070203豊田市)

何故本堂がこんな小屋かというと,平成12年12月11日の火事で焼けてしまったから。火事の顛末については,以下のサイトを参照されたし。火事で焼けた本堂とクスの写真が載っている。

[参照] 愛知県 有形民俗文化財 挙母祭り (ころもまつり) 豊田市
 左フレーム“▼ 2000年の模様”の下“15日”をクリック
 ※ここ数年の挙母祭りの写真・動画も満載なので,是非ご覧を。

また,豊田市郷土資料館発行の冊子によれば,
・出火は床下から
・本尊仏,(伝)行基作の阿弥陀如来座像が焼失

ご本尊が焼けたのは痛いな。行基って奈良時代の人だよ。ご住職は現在,どうしておられるのだろうかねえ。

ところで,挙母神社の住所は“挙母町5-1”,瑞光院の住所は“挙母町5-12”なので,正確には境内にあるというよりは隣接なのだと思う。仕切りは何も無いけど。瑞光院のほうも宗教法人として登録されているので,付属物というよりは別物である。

由緒の話など。例によって本から。

「豊田市史文化資料 社寺編〔1〕」
1 瑞光院/挙母町5丁目12番地(旧大字挙母字東浦)
本尊薬師仏 浄土宗輝雲山瑞光院薬師寺といい、小坂町洞泉寺末である。むかしから「ころも三社三薬師」の一つで子守薬師という。

縁起に「淳和天皇のとき天長年中(824~33)に行基作の薬師仏を奉安して創始された。その後、康安2年(1362)鈴木氏(善阿弥の後裔)によって再興されたが、元亀3年(1572)に火災にかかる云々」とある。

寛文2年(1662)に堂守慈詮が洞泉寺11世重行の助縁を得て中興した。また挙母藩主本多兵庫頭の中殿医吉田柳軒季恒〔寛延3年(1750)6月10日60才歿〕によって再建された。延宝9年(1681)9月12日に「小森薬師如来縁起」成る。この年月日に開帳法要が修行されたのであろう。延宝旧図に「大明神社内に薬師堂あり云々」とあり、また『挙母社寺』に「薬師堂東町云々」とある。

明治4年(1871)に額田県から廃寺を命ぜられたが、同12年(1879)7月に洞泉寺末となり瑞光院と公称復古した。大正3年(1914)に厳浄が本堂を再建して中興となり、昭和36年(1961)に禎寿尼が庫裡を改築した。

昭和17年(1942)3月31日宗教団体法の認可をえ、同20年(1945)12月28日宗教法人令による設立登記し、同28年(1953)12月19日宗教法人法による「宗教法人瑞光院」の設立認証をえ、同29年9月4日に設立登記した。


「豊田の史跡と文化財」(上とかぶらない部分を抜粋・要約)
・元亀三年(一五七二)火災にかかり、薬師堂は焼け、本尊薬師如来像も一部損傷。
・天正五年(一五七七)洞泉寺四世祖貞の助けで本尊および本堂を再興
・毎月の八日薬師には神社境内に市が立つ。

洞泉寺に度々助けられている様子。洞泉寺,名前しか知らないけど,京都の知恩院の直末だって。総本山と直接繋がってるのってスゴイのかなと思って(神社だとあまり驚かない。例えば,ちーさな稲荷社が伏見の稲荷を勧請しましたと名乗っていても)。

「ころも三社三薬師」ってさ。ころも三社=子守・毘森・勝手=挙母神社・毘森神社勝手神社(下林町)でOK?それぞれに薬師堂があったってことだろうか。確かに,下林の勝手神社には薬師堂の話があった。毘森神社にもあったっけか……。

今調べたら,「挙母記」というものに,“子守,勝手には薬師仏があるのに毘森には無い。おかしいじゃねーか,もしかしたら西町出口んとこにある長薬師って地名が名残?やっぱり三社とも薬師仏があってってことでいいのかな?”とかいう内容のことが書かれてあるようだ。毘森の薬師仏は今は無い(見つからない)ということで。

挙母神社の大クスの説明看板にあった,本尊がクスの下へ逃げて難を逃れたという火事の話が出てくるね(元亀三年のやつ)。でも結局(平成の火事で)焼けちゃったんだよなあ。(伝)行基作だもん,拝みたかった。

もう片付けに入ってたけど,今年の2月の八日薬師の様子。
挙母神社1(070208豊田市)


切花,服,干物など様々に売られるようだ。
挙母神社2(070208豊田市)


鉢植えもあったよ。自分は入口の屋台でタイヤキ買った。
挙母神社3(070208豊田市)

今度は夕方じゃなく,もっと早くに行こうと思う。

・輝雲山瑞光院薬師寺
【住所】愛知県豊田市挙母町5-12
【地図】いつもガイド

・挙母神社
【住所】愛知県豊田市挙母町5丁目1番地
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【豊田市・挙母地区】

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hazardous.blog34.fc2.com/tb.php/399-4ca1e12f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
城っぽいけど蟹。そんなのがある豊田市。しばらく西三河編です。
2007/08/19(日) 19:45:27 | あらいのじかん~神社と朱印、ときどき猫と自転車~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。