ひねもすのたり宮
史料の覚え書と神社巡り記録。雑記。
2017年09月<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2017年11月
トップページサイトマップ全記事一覧表神社リスト入手地域の話題☆西風隆介先生
豊田市の神社安城市の神社刈谷市の神社岡崎市の神社蒲郡市の神社愛知県外の神社
おしらせ

■ 学校の宿題ごときでも,パクリはダメですヨ。
■ 引用・言及するときは,出典を明記 and/or リンクを張りましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東尾八幡社
東尾八幡社は,安祥城址公園の一角にある。歴史博物館を見学し,埋蔵文化財センターで横櫛を見た後,行ってきた。ここで写真を撮っているうちにヘバって,ダッチコーヒーの店へ逃げ込んだのだ。

まずは道の反対側から。参道は,社殿までまっすぐ。
東尾八幡社1(20060708安城市)


敷地の,少し高くなったところにお社がある。鳥居の脇の立派な黒い石碑に刻まれている名は『東尾八幡社』。手前の石柱には『八幡社』。

ここの鳥居には額があった。
東尾八幡社2(20060708安城市)


額のアップ。八幡宮の宮の字が,官に見えちゃってな。
東尾八幡社3(20060708安城市)


一つ目の鳥居をくぐると,もうひとつ。こういうのを一の鳥居二の鳥居って言う?
東尾八幡社4(20060708安城市)


二つ目の鳥居の額を撮影し忘れた。で,手を洗おうったって,手水場に水がないのだ。カラカラ。仕方ないので,おざなりにハンカチで手を拭いて中へ。

阿の狛さん。玉(珠?)持ってる。
東尾八幡社5(20060708安城市)


吽の狛さん。子どもを連れている。
東尾八幡社6(20060708安城市)


子どもを連れた狛犬を初めて見たのはどこだったかなあ。春日井の和爾良神社(かにらじんじゃ。延喜式ではワニラなんだけど)だと思ってたけど,ネットで写真見たら違うっぽい。また行こう。

金やら竜やら立派な額。この青は,顔料とか意味とか,どういうんかな。
東尾八幡社7(20060708安城市)


屋根の上(なんていいますかよ)のところに,右から『八』『幡』『宮』の文字。
東尾八幡社8(20060708安城市)


隣には秋葉社。ここは狛さん居ない。
東尾八幡社9(20060708安城市)


更に隣にお社。狛さんも居てきちんとしてるのに,何のお社かわからない。
東尾八幡社10(20060708安城市)


こういうのって,神社通になると自然と判るのかな?それとも,書いてなきゃ誰にも分からない?

謎のお社の阿の狛さん。明らかに八幡社の子とは意匠が違う。
東尾八幡社11(20060708安城市)


同じく,吽の狛さん。こちらの子達は何も持っていない。
東尾八幡社12(20060708安城市)


日本最古の横櫛っても誰も来ないような場所(時間帯?)だったので,そりゃもう神社に人影なんかはなく,しかしスカッときれいな,ゴミやら落ちていない神社だった。

入り口の碑によれば,今の社殿は平成八年築らしい。そりゃ新しいな。あと何十年かすれば,落ち葉のふかふか積もった,いい感じに古びたお社になるんだろうか?

・東尾八幡社
【住所】愛知県安城市安城町城堀71
【祭神】応神天皇
【創建】文明11年(1479年)
【地図】いつもガイド
■関連■
 ★訪問神社リスト【安城市】

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/27(日) 21:43:41 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hazardous.blog34.fc2.com/tb.php/55-5e413be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。